明治大学 内海・島岡ボールパーク

明治大学 内海・島岡ボールパーク

概要

明治大学の専用グラウンド。
メイングラウンドとサブグラウンドがあり、明治大の一軍の試合や、高校野球の都大会会場として使用される場合はメイングラウンドが使用されます。

球場に入るには

明治大のオープン戦は基本無料です。
その際は、守衛さんなどもないので、気軽に観戦が出来ます。

高校野球の都大会会場として使用される場合、秋春の2次戦や、夏の大会は他球場と同じく800円(2018年現在)が必要です。

どこで観戦すればいいか

バックネット裏に屋根付き、背もたれ付きの立派な観戦スタンドがあります。
ただ座席数は200席ほど。

高校野球の試合だと、恐らく足りないことも多いと予測できる為、外野芝生席からの観戦になると思います。

球場施設

電光掲示板、ブルペンなどさすが東京六大学の名門チームらしく、素晴らしい環境。

また観戦者にとっても素晴らしい球場だと思います。

トイレ

男性用の情報ですが、個室の個室が3つあり、清潔です。

売店

なし。
トイレの横に自動販売機があります。

京王線の東府中駅からは徒歩15分ほど。
グラウンドへ向かう途中にスーパーや、コンビニがあります。

注意事項

大学野球のオープン戦の場合、ネット裏最前列の席に、明治と対戦チーム両方のスタメンや、選手と背番号の一覧を配布して頂けます。

あくまで大学の施設の為、節度を守って観戦を楽しんでください。

アクセス