[ 三回戦 ] 早稲田実 VS 早大学院

[ 三回戦 ] 早稲田実 VS 早大学院

2018年7月15日、第100回全国高校野球西東京大会 三回戦
ダイワハウススタジアム八王子

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

早稲田実
7 茅野
6 野田
2 長谷川
5 野村
9 生沼
4 江本
3 川原
8 横山→H 齋藤→8 毛塚
1 伊藤→1 雪山

早大学院
8 木屋
5 八巻
7 岡原
3 笹隈
6 新井→6 山縣
1 佐竹→9→1
9 松本→H9 音無→1 友貞→9 小川
2 阿部→2 篠原
4 甲崎→H 柴崎

観戦記

春季大会4強で、今大会も優勝候補の一角・早稲田実業と早大学院の「WASEDA対決」になった試合。
(※早稲田の附属は早大学院で、早実は系属校となり運営する学校法人は別です)

先攻、早稲田実で始まったこの試合、まず守る早大学院の先発はエース右腕の佐竹投手。

早大学院エースの佐竹投手

1回表、早稲田実は2死走者無しから3番・長谷川選手がライト前ヒットで出塁しますが後続続かず無得点に終わります。

早稲田実主砲の野村選手

代わって守りにつく早稲田実、先発は背番号10番の伊藤投手。

早稲田実先発の伊藤投手

1回裏、早大学院は先頭の木屋選手が四球で出塁すると、2番・八巻選手がレフト前ヒットで繋ぎ、岡原選手の犠打で1死23塁とチャンスを広げます。
するとすかさがず4番の笹隈選手がライト前に2点タイムリーヒットを放ち、早大学院が先制。

笹隈選手の先制タイムリーヒット

さらに5番・新井選手のセカンドゴロを江本選手がエラーで出塁を許すと、6番・佐竹選手がライト前にタイムリーヒット。
初回に早大学院が3点を奪いリードする展開になります。

2回表、佐竹投手が早稲田実の攻撃を2つの三振を含む三者凡退に抑えると、2回裏から早稲田実は、エース右腕の雪山投手へ継投します。

早稲田実エースの雪山投手

3回は両チームとも走者は出しますが無得点に終わりますが、4回表、早稲田実は1死から4番・野村選手がショートゴロエラーで出塁。
続く生沼選手のレフトオーバーの2塁打でホームイン。1点を返しさらに送球それる間に生沼選手は3塁へ進みます。

このチャンスに6番・江本選手がレフト前ヒットでさらに1点追加。
2点を返した早稲田実が2-3とその差を1点差に詰め寄ります。

ホームに戻る生沼選手

早稲田実は続く5回表。
先頭9番・途中出場の雪山選手が四球で出塁。
1番・茅野選手のサードゴロでランナー入れ替わり1死1塁から、捕手牽制が逸れて2塁へ進塁。
さらに2番・野田選手のセカンド内野安打で13塁とし、二盗も成功させ1死23塁と一打同点、逆転のチャンスを作ります。

しかしこのチャンスに3番・長谷川選手、すでにプロ注目とされる主砲・野村選手が凡退し無得点に終わります。

ピンチを脱しベンチに戻る佐竹投手ら

試合はこのまま3-2で早大学院がリードし終盤へ。

8回表、早稲田実は先頭4番の野村選手が四球で出塁。
続く生沼選手が空振り三振。

この際、野村選手は二盗を決めたように見えましたが、守備妨害と取られ一気に2死走者無しに。

あと1回と1/3を残して早大学院が1点をリード。
球場もザワつき始めますが、ここから早稲田実が優勝候補の底力を見せます。

6番・江本選手が強引にレフト前に引っ張りヒットで出塁すると、続く川原選手のショートゴロを早大学院、新井選手はプレッシャーからかまさかのエラー。
12塁となり、途中出場8番の毛塚選手がレフト前に起死回生の同点タイムリーヒット。

同点のホームを踏む江本選手

さらに9番・雪山選手もレフト前ヒットで1点を勝ち越し、なお23塁から、茅野選手のショートゴロが、ファーストへ送球も少し合わせにくかったか落球。エラーとなりさらに1点追加。

勝ち越しのホームを踏んだ川原選手

早稲田実は最悪な展開の中、2死走者無しから3点を奪い5-3とついにこの試合、初めて早稲田実がリードを奪います。

一気に畳みかけだす早稲田実は続く9回表。

先頭3番の長谷川選手のショートゴロがまたもエラーとなり出塁、2塁まで進むと(早大学院はここで山縣選手へ守備交代)、4番・野村選手がライト前ヒット。
自身も2塁へ進み無死23塁とし、5番・生沼選手がセンター前ヒットで2点を追加。
7-3と突き放しにかかります。

長谷川選手(2番)と7点目のホームを踏む野村選手

ここで早大学院は、奮闘してきた佐竹投手をあきらめ、背番号10番・左の友貞投手へ継投。

早大学院の友貞投手

この代わり端、6番・江本選手の打球はレフトスタンドへツーランホームラン。
さらに2点を追加します。

生還する江本選手

これで終わらない早稲田実は、7番・川原選手が四球で出塁すると、さきほど同点タイムリーヒットを放った8番・毛塚選手もレフトスタンドへツーランホームラン。
この回、2本のツーランホームランなどで一挙、大量6点を追加した早稲田実が11-3と大きく早大学院をリードします。

ホームランの毛塚選手

早大学院も9回裏、先頭6番、再度マウンドへ戻った佐竹選手がセンター前ヒットで出塁しますが、反撃もここまで。
終わってみれば8点差で早稲田実が早大学院に「快勝」したゲームとなりました。

ヒットで出塁の佐竹選手

最後はまさかの大量得点差になりましたが、8回2死走者無しとなった場面では、早大学院がこのまま押し切るのではと思えたほど、終盤まで両チームは互角の展開。
「格上」の早稲田実を相手に、早大学院の素晴らしい奮闘が光りました。

また再度、エラーを連発した新井選手ですがこれは責められないでしょう。
極度のプレッシャーと、40度近い高温の中、ギリギリの戦いをして最後に力尽きてしまいましたが、早大学院の選手全て素晴らしい戦いだったと思います。

そして勝った早稲田実、この記事を書いている時点で、すでに続く4回戦で八王子に6-7と敗れ姿を消してしまいましたが、さすがは優勝候補といった戦いぶりでした。
相手が見せたほんの一瞬のスキでしたが、それを見逃さず一気に畳みかけられる集中力はさすがの一言。

去年までのチームには清宮選手が在籍しており、高校野球とは思えない注目の中で現3年生達も大変だったと思いますが、そのプレッシャーの中で戦い、鍛えられたメンタルに敬意を表したいと思います。
両チームの選手、次のステージで野球を続ける選手も、違う道へ進む選手たちも今後の活躍を期待しています。

Advertisement

スコア

早稲田実
000 200 036=11
300 000 000=3
早大学院

早実 10伊藤、1雪山 - 長谷川
学院 1佐竹、10友貞 - 阿部、篠原

早実 H12 E1
学院 H5 E5

本塁打
早実 江本②、毛塚②

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
早稲田実

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
7 茅野 右飛 中飛 三ゴロ
捕牽制悪送球で進塁
死球
二盗
遊ゴロ失(1)
二盗
三ゴロ
6 野田 右直 二ゴロ 二安打
二盗
中飛 捕邪飛 一ゴロ
2 長谷川 右前安打 見逃三振 捕邪飛 右飛 遊ゴロ失
5 野村 見逃三振 遊ゴロ失 中飛 四球
守備妨害死
右前安打
9 生沼 空振三振 左越2塁打(1) 右飛 空振三振 中前安打(2)
4 江本 右飛 左前安打(1)
二盗
死球 左前安打 (友)左本塁打(2)
3 川原 空振三振 中飛 一ゴロ 遊ゴロ失 四球
8 横山 四球
ボーク進塁
遊ゴロ 左前安打(1) 左本塁打(2)
H 齋藤 遊飛
8 毛塚
1 伊藤
1 雪山 三飛 四球 二飛 左前安打(1) (佐)遊ゴロ

早大学院

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 木屋 四球 一ゴロ 遊飛 二ゴロ
5 八巻 左前安打 中飛 空振三振 左線安打
7 岡原 投犠打 捕邪飛 中飛 空振三振
3 笹隈 右前安打(2) 四球 二ゴロ 中飛
6 新井 二ゴロ失 三ゴロ 三直 中飛
6 山縣
191 佐竹 右前安打(1) 四球 二ゴロ 中前安打
9 松本 空振三振 遊ゴロ
H9 音無 遊飛
1 友貞
9 小川 三ゴロ
2 阿部 投飛 左飛 二飛
2 篠原 空振三振
4 甲崎 (雪)左飛 中飛 見逃三振
H 柴崎 空振三振

投手成績

早稲田実

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 伊藤 1 3 1 1 3 3
1 雪山 8 2 2 5 0 0

早大学院

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 佐竹 8 9 5 5 7 2
10 友貞 0/3 2 1 0 4 3
1 佐竹 1 0 0 0 0 0