2018年夏季西東京大会の展望

2018年夏季西東京大会の展望

2018年、第100回全国高校野球選手権大会の西東京大会の展望を語ってみたいと思います。

展望

東京では無敵の日大三を軸に、早稲田実、創価、国士館、東海大菅生らが追う展開

今年の西東京は、秋季大会、春季大会を連覇。
東京では無敗の日大三が一つ抜けた存在と思います。

投手は140キロを超し、野手としても期待の中村選手に、先日のU18一次選考に選ばれた2年生の井上投手など力のある選手が揃い、野手陣も日置選手、大塚選手など長打も絡められる得点力を誇ります。

この日大三の入ったAブロックには春8強で、シードされた國學院久我山。
さらに日野や総合工科等の実力派の都立勢や、駒大高などの中堅も入ってきました。

日大三は5回戦で恐らく駒大高と総合工科の勝者と当たる可能性があります。
また國學院久我山は8強までに片倉、日野等の都立の実力校が待ち構えシードといえ油断のならない相手が揃った印象です。

日大三を追う一番手は早稲田実業でしょう。
雪山投手、野村捕手は下級生の頃から経験を積んでおり、安定感も出てきているのではないでしょうか。

この早稲田実の入ったBブロックは混戦。
まず昨夏の甲子園4強の東海大菅生にはスラッガーの片山選手等も残り、今大会も優勝候補。
順調であれば準々決勝で早稲田実との対戦。

しかしこの東海大菅生もベスト8入りするためには、昨夏4強の日大二、昨秋8強の明星などの強豪が入り予断を許しません。

早稲田実も順調であれば4回戦で2年前の西東京代表・八王子や、昨秋準優勝の佼成学園のどちらかと戦う可能性があります。

Bブロックを勝ち抜けば準決勝で日大三が上がってくる可能性も高く、早稲田実、東海大菅生と言え、かなり厳しい組み合わせを引き当てたと言えそうです。

この日大三、早稲田実、東海大菅生らの勝者とは決勝まで顔を合わせない、反対側の山には創価、国士館などが入りました。

まず春4強の創価。
菊地投手、浪川選手など選手層も厚く、今大会は久しぶりに甲子園を本気で狙える陣容だと思います。

その創価の入ったCブロックには他に明大中野八王子がシード入り。
しかし創価は初戦の3回戦で聖パウロ学園、続く4回戦で世田谷学園と中堅どころが待ち構え、優勝候補ですが足元を早い段階ですくいかねないチームとの試合が組まれました。

明大中野八王子は5回戦で、今大会東京ナンバー1の呼び声高い、勝俣投手擁する日大鶴ヶ丘が上がってくる可能性も高く、8強までの道のりは決して平坦ではありません。

そして最後Dブロックには、春準優勝の国士館が入りました。
この国士館も石井投手、草薙投手とトップクラスの左腕投手陣を擁し、久しぶりに甲子園を狙えるチーム。

Dブロックにはもう1チーム、都立の東村山もシード入りしています。

このブロックはやや他のブロックに比べるとやや、国士舘は恵まれた印象を持ちます。
とは言っても国士館も初戦で、しぶとい保谷、彗星の如く現れたドクターK・左腕、吉岡投手を要する東村山南などの勝者と対戦が待ち、攻撃陣の精度がどれだけ春から上がってきているか次第で、思わぬ苦戦も予想されます。

東村山も法政大高や、昨夏躍動した都立の練馬など、大きく実力差の離れていない中堅校が多く、面白い試合が続きそうな予感。

このブロック、国士舘が優勢かと思いますが、秋や春とは全く異なる雰囲気の中、どこまで実力を出し切れるか注目です。

[ 予想 ]
本命:日大三
対抗:早稲田実
要注意:創価、国士館、東海大菅生、佼成学園

ピックアップ選手

一人ピックアップするなら、創価の浪川選手。
3番に座ることが多いですが、パワーもあり東京を代表する長距離ヒッター。
要注目の選手です。

組合せ

Aブロック(シード:日大三、國學院久我山 他:日野、駒大高、総合工科など)

1回戦

私立武蔵 - 杉並
日野台 - 南多摩中等

2回戦

私立武蔵・杉並の勝者 - 神代
豊多摩 - 錦城
多摩工 - 成城学園
日大櫻丘 - 小平西
小平南 - 翔陽
駒大高 - 総合工科
学芸大国際 - 電機大高
日本学園 - 多摩
明法 - 小平
福生 - 羽村
日野 - 東京高専
筑波大駒場 - 町田工
青梅総合 - 片倉
八王子実践 - 日野台・南多摩中等の勝者

3回戦

前半(勝者は8強)

日大三 - 私立武蔵・杉並の勝者・神代の勝者
豊多摩・錦城の勝者 - 多摩工・成城学園の勝者
日大櫻丘・小平西の勝者 - 小平南・翔陽の勝者
駒大高・総合工科の勝者 - 学芸大国際・電機大高の勝者

後半(勝者は8強)

日本学園・多摩の勝者 - 明法・小平の勝者
福生・羽村の勝者 - 日野・東京高専の勝者
筑波大駒場・町田工の勝者 - 青梅総合・片倉の勝者
八王子実践・日野台・南多摩中等の勝者 - 國學院久我山

Bブロック(シード:早稲田実、東海大菅生、桜美林 他:佼成学園、八王子、日大二など)

1回戦

東村山西 - 松が谷
府中東 - 和光
久留米西 - 南平
早大学院 - 三鷹中等

2回戦

東村山西・松が谷の勝者 - 明星学園
深沢 - 府中工
町田 - 駒場学園
日大二 - 府中東・和光の勝者
秋留台 - 八王子北
明星 - 久留米西・南平の勝者
石神井 - 玉川学園
啓明学園 - 国立
専大付 - 田無工
光丘 - 府中西
東村山 - 八王子
桜町 - 佼成学園
聖徳学園 - 早大学院・三鷹中等の勝者

3回戦

前半(勝者は8強)

東海大菅生 - 東村山西・松が谷・明星学園の勝者
深沢・府中工の勝者 - 町田・駒場学園の勝者
日大二・府中東・和光の勝者 - 秋留台・八王子北の勝者
明星・久留米西・南平の勝者 - 桜美林

後半(勝者は8強)

石神井・玉川学園の勝者 - 私立武蔵・杉並の勝者・神代の勝者
専大付・田無工の勝者 - 光丘・府中西の勝者
東村山・八王子の勝者 - 桜町・佼成学園の勝者
聖徳学園・早大学院・三鷹中等の勝者 - 早稲田実

Cブロック(シード:創価、明大中野八王子 他:日大鶴ヶ丘、世田谷学園など)

1回戦

聖パウロ学園 - 練馬工
松蔭 - 明大明治
農大一 - 成蹊

2回戦

聖パウロ学園・練馬工の勝者 - 帝京八王子
桐朋 - 都立武蔵
世田谷学園 - 上水
大泉 - 五日市・田柄・瑞穂農芸
四商 - 昭和
大東学園 - 田無
富士森 - 農業
西 - 松蔭・明大明治の勝者
井草 - 都市大高
杉並工 - 永山
清瀬 - 日大鶴ヶ丘
千歳丘 - 拝島
昭和一学園 - 都市大等々力
立川国際 - 農大一・成蹊の勝者

3回戦

前半(勝者は8強)

創価 - 聖パウロ学園・練馬工・帝京八王子の勝者
桐朋・都立武蔵の勝者 - 世田谷学園・上水の勝者
大泉・(五日市・田柄・瑞穂農芸)の勝者 - 四商・昭和の勝者
大東学園・田無の勝者 - 富士森・農業の勝者

後半(勝者は8強)

西・松蔭・明大明治の勝者 - 井草・都市大高の勝者
杉並工・永山の勝者 - 清瀬・日大鶴ヶ丘の勝者
千歳丘・拝島の勝者 - 昭和一学園・都市大等々力の勝者
立川国際・農大一・成蹊の勝者 - 明大中野八王子

Dブロック(シード:国士館、東村山 他:東大和南など)

1回戦

拓大一 - 大成
保谷 - 明学東村山

2回戦

拓大一・大成の勝者 - 府中
立川 - 多摩大聖ヶ丘
法政 - 帝京大高
狛江 - 穎明館
調布北 - 中大杉並
中大付 - 五商
国分寺 - 練馬
八王子桑志 - 芦花
山崎 - 武蔵野北
武蔵村山 - 調布南
松原 - 成瀬
学芸大付 - 国際基督教大高
工学院大付 - 小川
東大和南 - 保谷・明学東村山の勝者

3回戦

前半(勝者は8強)

東村山 - 拓大一・大成の勝者・府中の勝者
立川・多摩大聖ヶ丘の勝者 - 法政・帝京大高の勝者
狛江・穎明館の勝者 - 調布北・中大杉並の勝者
中大付・五商の勝者 - 国分寺・練馬の勝者

後半(勝者は8強)

八王子桑志・芦花の勝者 - 山崎・武蔵野北の勝者
武蔵村山・調布南の勝者 - 松原・成瀬の勝者
学芸大付・国際基督教大高の勝者 - 工学院大付・小川の勝者
東大和南・保谷・明学東村山の勝者 - 国士舘