[ 軟式関東準々決勝 ] 法政二 VS 駒場東邦

[ 軟式関東準々決勝 ] 法政二 VS 駒場東邦

2018年5月26日、第66回軟式春季関東大会 準々決勝
J:COMスタジアム土浦

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

法政二(神奈川2位)
7 中澤
6 宇多
1 鈴木玲→4
5 久保
8 綾野
4 古田→1 宮田→ 1 久米
2 菊本
3 鈴木利
9 山崎

駒場東邦(東京1位)
8 梶川
6 今井
2 植松
3 長坂
7 寺山
4 南澤
9 田村→R9 井口
1 大淵→1 松岡
5 渋澤

観戦記

昨秋の関東大会を制した東京の駒場東邦に、春の神奈川大会準優勝の法政二が挑む試合。

まず守る駒場東邦は背番号10番・左の大淵投手が先発。

1回表の法政二の攻撃を三者凡退と上々の立ち上がり。

代わって守りにつく法政二の先発は、背番号4番・右の鈴木玲投手。

1回裏の駒場東邦打線を全て内野ゴロで三者凡退。
両投手がそれぞれ持ち味を出してゲームは始まります。

最初にチャンスを作ったのは3回裏の駒場東邦。
2死走者無しまで一人のランナーも出せずじまいでしたが、9番・渋澤選手の打球はライトオーバーの3塁打。
一打先制のチャンスを作りますが、続く梶川選手がファーストゴロに倒れ無得点に終わります。

直後の4回表、法政二は先頭2番・宇多選手が四球で出塁すると、続く鈴木玲選手がライト前ヒットでつなぎ、4番・久保選手が犠打で送り1死23塁とチャンスを作ります。

しかしこのチャンスに後続続けず、法政二も無得点に終わります。

このまま前半5回を0-0のまま折り返し、6回表の法政二の攻撃から、駒場東邦はエース松岡投手へ継投。

法政二は1番からの好打順。
先頭の中澤選手が、ツーストライクと追い込まれながらもショートへの内野安打で出塁すると二盗を決め、宇多選手が四球でつなぐと、3番・鈴木玲選手の打球はセカンドゴロ併殺打か・・・と一瞬思いましたが、ここでアウトを駒場東邦は1個しか取れず、1死23塁と法政二がチャンスを迎えます。

この場面で続く4番・久保選手の打球はショートゴロ。
サードランナーの中澤選手のスタートも良く、その間に法政二が1点を先制します。

しかしこの1点が思いのほか大きくのしかかり、6回、7回と駒場東邦は三者凡退。

法政二は1点差を逃げ切るべく、8回裏から背番号10番、右の宮田投手へ継投。

1死後、7番・田村選手が四球で出塁すると、代走に出た井口選手が二盗を決め、さらに8番・松岡選手も四球。
1死12塁となったところで、法政二は再度継投。
エース久米投手が登板します。

その代わり端、9番・渋澤選手の打席、ダブルスチールを成功させ1死23塁。
一打逆転の大チャンスを作ります。

3回には3塁打を放っている渋澤選手。
ここもファーストへ痛烈な打球・・・と思いましたが、ファーストのほぼ正面。
2死となります。

しかし駒場東邦、1番・梶川選手が敬遠気味に歩き2死満塁となると、2番・今井選手の打球は、完全に詰まった当たりの捕手ゴロ。
一瞬、菊本捕手がファンブルしかけましたが、落ち着いてファーストへ送球。
アウトとなり駒場東邦最大のチャンスを生かすことができません。

試合はこのまま。
9回裏の駒場東邦は2三振を含む三者凡退でゲームセット。
法政二がベスト4へ進出しました。

2シーズン連続での関東大会優勝はベスト8で途絶えましたが、今シーズンの駒場東邦。
松岡投手という大黒柱を擁し、夏も東京の中心であることは間違いありません。

また全国でも上位を狙う実力があると思いますが、課題は得点力でしょう。
硬式以上に得点を取ることが難しい競技。
全国に出てくるエース投手相手になると、この日のような試合展開が多くなると思いますが、数少ない得点機を物にする力が必要。
新御三家と称されるほどの進学校でもあるので、学業との両立など大変かと思いますが、課題をクリアし夏にこの敗戦のくやしさをぶつけて欲しいと思います。

一方法政二、この試合が初めての観戦でしたが、先発の鈴木投手のクレバーな投球が光りました。
また松岡投手が出てきたときには、ベンチからも声が上がっていたほど意識していた相手かと思いましたが、文字通りワンチャンスを物にしました。

こちらもこの後、さらに続く夏へと楽しみなチームです。

Advertisement

スコア

法政二
000 001 000=1
000 000 000=0
駒場東邦

法 4鈴木玲、10宮田、1久米 - 菊本
駒 10大淵、1松岡 - 植松

法 H3 E0
駒 H3 E0

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
法政二

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
7 中澤 見逃三振 三ゴロ (松)遊安打
二盗
三ゴロ
6 宇多 捕飛 四球 四球 三ゴロ
14 鈴木玲 遊ゴロ 右前安打 二ゴロ 空振三振
5 久保 右飛 三犠打 遊ゴロ(1) 投ゴロ
8 綾野 右飛 一邪飛 空振三振 左飛
4 古田 右前安打 遊ゴロ 遊ゴロ
1 宮田
1 久米
2 菊本 左飛 右飛 遊ゴロ
3 鈴木利 投ゴロ 三ゴロ 空振三振
9 山崎 三ゴロ 見逃三振 三ゴロ

駒場東邦

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 梶川 二ゴロ 一ゴロ 見逃三振 四球
6 今井 投ゴロ 二飛 空振三振 捕ゴロ
2 植松 二ゴロ 三ゴロ 一ゴロ 空振三振
3 長坂 三ゴロ 中前安打 三ゴロ 右飛
7 寺山 空振三振 ボーク
遊ゴロ
二ゴロ 空振三振
4 南澤 二ゴロ 遊安打 (宮)凡退
9 田村 一ゴロ 三ゴロ 四球
R9 井口 二盗
三盗
1 大淵 三ゴロ 二ゴロ併殺打
1 松岡 四球
二盗
5 渋澤 右越三塁打 遊ゴロ (久)一直

投手成績

法政二

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
4 鈴木玲 7 3 0 3 0 0
10 宮田 1/3 0 2 0 0 0
1 久米 1 2/3 0 1 2 0 0

駒場東邦

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
10 大淵 2 1 2 0 0
1 松岡 1 1 3 1 1