[ 軟式決勝戦 ] 駒場東邦 VS 小石川中等

[ 軟式決勝戦 ] 駒場東邦 VS 小石川中等

2018年5月4日、春季東京都高校軟式野球大会 決勝
稲城中央球場

スタメン

※球場音声を メモしていますので誤字などあるかもしれません

小石川中等
6 オオタ
4 ワタナベ
3 ヤマノ
8 ハコイ
1 アライ
2 タカハシ
9 ミゾグチ→H コンドウ→9 ナカハラ
7 アソウ
5 カミヤ

駒場東邦
8 カジカワ
6 イマイ
2 ウエマツ
3 ナガサカ
7 テラヤマ
4 ミナミサワ
9 タムラ
1 マツオカ
5 シブサワ

観戦記

昨秋の東京大会、関東大会を制している王者・駒場東邦に都立小石川中等が挑む決勝戦。

まず守る駒場東邦は右の本格派エース・マツオカ投手が先発。

1回表の小石川中等の攻撃を1奪三振、三者凡退と上々の立ち上がり。

代わって守りにつく小石川中等はエース右腕・アライ投手が先発。

マツオカ投手に負けじと、こちらも球威のあるストレートと変化球で三振2つを含む三者凡退と素晴らしい立ち上がり。

小石川のアライ投手も球に力がある!

2回表、小石川中等は2死から6番タカハシ選手がセンター前ヒットで出塁するも後続続かず無得点。

駒場東邦も3回裏、1死から8番マツオカ選手が四球で出塁すると内野ゴロで2塁へ。
得点圏に走者を進めるも1番カジカワ選手が空振り三振に倒れ無得点に終わります。

両投手の素晴らしい投手戦で幕を開けた決勝。

試合が動いたのは4回裏。
駒場東邦は先頭2番イマイ選手がショートへの内野安打。
さらに1塁への悪送球があり1死2塁とします。

続くウエマツ選手が犠打で1死3塁とすると、続く4番ナガサカ選手の打席。
初球空振りでランナーが飛び出してしまい、三本間に挟まれますが、キャッチャーからサードへの送球が少し低く、処理に手間取った隙にホームイン!
1点を先制します。

駒場東邦は続く5回裏、1死から7番タムラ選手がライトフライかと思われましたが、強風に煽られたか小石川中等ミゾグチ選手がグラブに当てるも落球。
失策で出塁すると、二盗と続くマツオカ選手の四球で1死12塁と追加得点のチャンス。

しかしここは後続が続かず無得点。
1-0と駒場東邦がリードして前半5回を折り返します。

小石川中等はグラウンド整備が明けた6回表に反撃。

先頭9番カミヤ選手が四球で出塁すると、オオタ選手の犠打を、駒場東邦キャッチャー・ウエマツ選手がファーストへ悪送球。
無死23塁と絶好のチャンスを迎えます。

続く2番ワタナベ選手の当たりは詰まり気味のサードゴロ。
この間にカミヤ選手が同点のホームを踏みますが、オオタ選手も一気に2塁からホームを狙います。

しかしここはファースト
オオタもホーム狙うがファースト・ナガサカ選手からの送球でタッチアウト。
同点には追いつきますが、大量得点のチャンスを1点で攻撃を終えます。

「ピンチの後にチャンスあり」
直後の6回裏、駒場東邦は先頭1番カジカワ選手が四球で出塁すると、捕手牽制で挟まれるもディレードスチール決まり、犠打で1死3塁と勝ち越しのチャンスを作ります。

しかし3番ウエマツ選手の初球。
4回の先制の場面を再現したかのように飛び出してしまい、ここは三本間挟殺プレーででタッチアウト。
勝ち越し機を生かすことができません。

小石川中等も7回表に先頭4番ハコイ選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とチャンスを作るも無得点に終わると、直後の7回裏。

駒場東邦は先頭5番テラヤマ選手のセンターへの飛球が、風に流されレフト前2塁打となります。
このチャンス、続くミナミサワ選手が犠打を成功させ1死3塁とすると、7番タムラ選手がセンターへやや浅いフライかと思いましたが、テラヤマ選手は迷わずホームへ。
ストライク返球が返ってきますが、足の方が早く1点を勝ち越します。

試合は1点を勝ち越した駒場東邦マツオカ投手が、残り2イニングをエンジンを再度上げ3奪三振、走者を許さず試合終了。
2-1で秋季に続き優勝。
春季大会は実に22年ぶり2回目の優勝を果たしました。

両校とも都立・私立の東京を代表する進学校であり、また硬式野球部のない学校と共通点の多いチーム。
駒場東邦マツオカ投手、小石川中等のアライ投手の意地のぶつけ合いのような投手戦は見ごたえがありました。

硬式だと昨今の高校野球ブームで地方大会の決勝戦も、開場前から長蛇の列でバックネット最前列は激しい争奪戦になることが多いですが、軟式は稲城中央球場のネット裏はスタンドがなく立ち見ですが、関係者の方を除く一般のファンの方は数えられる程度。

「もう一つの甲子園」と称され、マスコミの扱いなども硬式とは大差がありますが、この両投手もぜひ注目され、多くの野球ファンの方に一度見て頂きたい素晴らしい好投手。
硬式含めた「今年の東京を代表する好投手」です。

試合も決勝戦に相応しい迫力のある好勝負が展開されました。
駒場東邦、小石川中等共に攻撃面での「ミス」が見られもう少しチャンスを確実にモノにできていれば、どちらに転んでも不思議でない実力伯仲の戦いとなりました。

共に7奪三振で勝った駒場東邦も3安打、小石川中等も2安打と両チーム合わせても5安打と両投手素晴らしい内容。
関東大会でも今年の東京勢のレベルの高さを十分に示して欲しいと思います。

スコア

小石川中等
000 001 000=1
000 100 10x=2
駒場東邦

駒場東邦、秋に続いて春の東京優勝!
22年ぶり2回目の優勝

小 1アライ - タカハシ
駒 1マツオカ - ウエマツ

小 H2 E2
駒 H3 E1

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
小石川中等

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 オオタ 空振三振 三ゴロ 捕ゴロ失 空振三振
4 ワタナベ 遊ゴロ 三ゴロ 三ゴロ(1) 見逃三振
3 ヤマノ 二ゴロ 一ゴロ 空振三振 左飛
8 ハコイ 一飛 三ゴロ 中前安打 遊ゴロ
1 アライ 空振三振 右邪飛 捕犠打
2 タカハシ 中前安打
二盗
一飛 投ゴロ
9 ミゾグチ 見逃三振 中前安打
二盗
H コンドウ 右飛
9 ナカハラ
7 アソウ 三ゴロ 二直 見逃三振
5 カミヤ 三ゴロ 四球 投ゴロ

駒場東邦

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 カジカワ 空振三振 空振三振 四球
二盗
牽制死
空振三振
6 イマイ 一邪飛 遊安打
遊失
本盗(1)
捕犠打
2 ウエマツ 空振三振 投犠打 右前安打
二盗
3 ナガサカ 遊ゴロ 空振三振 中飛
7 テラヤマ 空振三振 中飛 左前二塁打
4 ミナミサワ 四球
二盗死
遊ゴロ 投犠打
9 タムラ 遊ゴロ 右飛失
二盗
牽制死
中犠飛(1)
1 マツオカ 四球 四球 一邪飛
5 シブサワ 三ゴロ 中飛 見逃三振

投手成績

小石川中等

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 アライ 8 3 4 7 2 1

駒場東邦

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 マツオカ 9 2 1 7 1 0