[ 三回戦 ] 小山台 VS 明星

[ 三回戦 ] 小山台 VS 明星

2018年4月8日、春季東京大会 三回戦
府中市民球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

明星
6 岡部勝
4 寺尾
9 鈴木
5 町田
8 北見
3 坂本
2 渋谷
7 中橋
1 石井

小山台
7 松永
6 佐藤晃
4 飯田
8 會川
9 宮崎
5 池本
2 吉田
1 戸谷
3 西脇

観戦記

※府中市民球場はバックネット裏での撮影が禁止されているため、試合中の写真はありません。

昨秋の都大会でベスト8入りしている明星と、甲子園出場経験のある都立の強豪・小山台の一戦。

先攻は明星。
まず守る小山台の先発はエース右腕の戸谷投手。
1回表の明星の攻撃を三者凡退と上々の立ち上がり。

代わって守りにつく明星は背番号10、右スリークオーター気味の石井投手が先発。

1回裏、小山台は先頭・松永選手がショートへの内野安打で出塁。
続く佐藤晃選手の犠打は捕ゴロとなり、1塁ランナー入れ替わりますが、3番・飯田選手がレフト前ヒットで得点圏に走者を進めると、4番・會川選手もライト前ヒット。
セカンドランナー佐藤晃選手がホームを狙いますが、明星の中継プレーよくタッチアウト。
小山台は初回のチャンス、無得点に終わります。

2回、両チーム走者は出しますが後続続かず無得点同士に終わると3回表。

明星は1死後、9番・石井選手がレフトオーバーの2塁打で出塁。
2死後、2番・寺尾選手がライト前ヒットを放つとセカンドランナー石井選手がホームを狙います。
初回の小山台の攻撃のリプレイのような本塁クロスプレーになりましたが、ランナー速く生還。
明星が1点を先制します。

4回表の明星の攻撃時、ややスタンドが騒然とする場面が起きます。
先頭5番・選手が北見センター前ヒットで出塁すると、続く坂本選手は犠打を試みます。

この打球が、捕手への小飛球となり小山台・吉田捕手がキャッチするかと思いきや落球。
フェアゾーンの為、ボールをセカンドに送球しアウト。
打者の坂本選手はアウトと判断しベンチに戻ってしまい走塁放棄で併殺打となりますが、吉田捕手のプレーが故意落球に当たらないかと審判が集まり協議。

しばらくゲームが中断する騒ぎになりましたが、そのままの判断で明星はチャンスを生かせず無得点に終わってしまいます。

一方の小山台。
4回裏も走者を得点圏に進めますが無得点。

しかし続く5回裏、1死から1番・松永選手が死球で出塁、続く佐藤晃選手のセンター前ヒットで1死13塁とチャンスが広がります。

明星が1回目の伝令で間を取りますが、直後の3番・飯田選手のサードゴロで、2塁がフォースアウトになると、冷静に場面を判断したサードランナー松永選手がホームインし同点に追いつきます。

この後さらに會川選手のヒット、宮崎選手の四球で2死満塁と逆転のチャンスを作りますが、ここは後続続かず1点止まり。
前半5回を1-1の同点で終えます。

6回裏、小山台は走者を3塁に進めるも無得点。
立ち上がり、ストレートが高めに浮き気味だった小山台の戸谷投手も回を重ね落ち着きを見せ、明星の石井投手との我慢比べに入ります。

8回表、明星の攻撃では小山台にビッグプレー。
1死から1番・岡部勝選手の打球はレフト線を破りそうな飛球でしたが、小山台・松永選手が飛び込み好捕!
大ピンチになる場面を救います。

負けじと明星も直後の8回裏。
小山台は先頭5番・宮崎選手がサード内野安打で出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁と勝ち越しのチャンス。
ここで9番・戸谷選手の打球は三塁線抜けそうないい当たりでしたが、明星サード町田選手が好プレーでピンチを救います。

両者譲らないまま迎えた最終回。

明星は3番・鈴木選手がショートゴロかと思われましたが、敵失と好判断で2塁へ進塁。

小山台2回目の伝令の後、4番・町田選手が犠打で1死3塁と絶好の勝ち越しのチャンスを作ります。
ここで名星は続く北見選手に、カウント1-0からスクイズを仕掛けますが空振りとなって、サードランナー鈴木選手が三本間に挟まれアウト!
大きな大きなチャンスを逃してしまいます。

ピンチの後にチャンスあり。直後の小山台。
先頭9番・西脇選手が死球で出塁すると(代走・廣瀬選手)、1番・松永選手が送り1死2塁。
さらに2番・佐藤晃選手の投手へのセーフティバントが決まり1死13塁と犠牲フライでもサヨナラのチャンスを作ります。

明星2回目の伝令が解けた後、3番・飯田選手がセンターへ飛球。
距離は十分かと思いきや、バックホームを焦ったか明星センター北見選手がまさかの「バンザイ」で小山台が劇的なサヨナラ勝ち!
ベスト16入りと、夏の東東京大会でのシード権を獲得しました。

この試合、実力はまさに互角。
どちらに転んでもおかしくないゲーム。

どちらにも大きなチャンスがあり、もっと得点を奪い合う展開にも十分なり得ましたが、両投手中心にしっかりと守り抜き、エラーはいくつか出たものの全体としてはしまった好ゲームになりました。
勝った小山台はこの後、どこまで勝ちを伸ばせるか。
初の夏の甲子園を占う意味でもこの先の戦いに注目をしていきたいと思います。

一方負けた明星も秋ベスト8、この春もあと一歩でシード権を逃しましたが夏、西東京で十分に上位に行く混んでいける力は示したと思います。
まだ時間があるので、この敗戦を糧に夏、象徴的な真っ赤のユニフォームで躍動を期待しています。

Advertisement

スコア

明星
001 000 000=1
000 010 001x=2
小山台

明 石井 - 渋谷
小 戸谷 - 吉田

明 H5 E2
小 H8 E1

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
明星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 岡部勝 投ゴロ 三直 三直 左飛
4 寺尾 二ゴロ 右前安打(1) 中飛 中飛
9 鈴木 中飛 遊安打 二直 遊ゴロ失
5 町田 空振三振 右飛 四球 投犠打
8 北見 中前安打 中前安打 見逃三振 スクイズ失敗
遊ゴロ
3 坂本 遊ゴロ 捕ゴロ併殺打 左飛
2 渋谷 遊飛 遊飛 二飛
7 中橋 右飛 三ゴロ 右飛
1 石井 左越二塁打 二直 三ゴロ

小山台

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 松永 遊安打 死球 死球 三ゴロ 一犠打
6 佐藤晃 捕ゴロ 捕犠打 中前安打 三ゴロ 投安打
4 飯田 左前安打 遊ゴロ 三ゴロ(1) 三ゴロ 中失(1)
8 會川 右前安打
佐藤本憤死
空振三振 中前安打 中飛
9 宮崎 見逃三振 中前安打 四球 三安打
5 池本 二ゴロ 遊飛 遊ゴロ 捕犠打
2 吉田 投ゴロ 遊ゴロ 死球 二ゴロ
1 戸谷 遊ゴロ失 空振三振 一犠打 三ゴロ
3 西脇 右飛 遊ゴロ 投犠打 死球
R 廣瀬

投手成績

明星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
10 石井 8 1/3 8 4 3 2 1

小山台

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 戸谷 9 5 2 1 1 1