京都市勢以外の京都勢、甲子園戦績

京都市勢以外の京都勢、甲子園戦績

選抜の戦績

第71回(1998年)大会 [ 峰山 ]

1回戦 1-3 日南学園(日南学園)
優勝:沖縄尚学(沖縄)

第76回(2004年)大会 [ 立命館宇治 ]

1回戦 4-5 愛工大名電(愛知)
優勝:済美(愛媛)

第81回(2009年)大会 [ 福知山成美 ]

1回戦 5-2 国士館(東京)
2回戦 0-1 清峰(長崎)
優勝:清峰(長崎)

第82回(2010年)大会 [ 立命館宇治 ]

1回戦 6-7 広陵(広島)
優勝:興南(沖縄)

第85回(2013年)大会 [ 京都翔英 ]

2回戦 5-6 敦賀気比(福井)
優勝:浦和学院(埼玉)

第86回(2014年)大会 [ 福知山成美 ]

1回戦 6-2 山梨学院大付(山梨)
2回戦 12-0 神村学園(鹿児島)
準々決勝 2-6 履正社(大阪)
優勝:龍谷大平安(京都)

第87回(2015年)大会 [ 立命館宇治 ]

1回戦 1-7 静岡(静岡)
優勝:敦賀気比(福井)

夏の選手権大会戦績

第61回(1978年)大会 [ 宇治 ]

2回戦(初戦)0-8 星稜(石川)
優勝:箕島(和歌山)

第62回(1979年)大会[ 東宇治 ]

1回戦 7-2 金沢(石川)
2回戦 1-9 早稲田実(東東京・荒木大輔の年)
優勝:横浜(神奈川)

第64回(1981年)大会 [ 宇治 ]

1回戦 0-12 早稲田実(東東京)
優勝:池田(徳島)

第76回(1993年)大会 [ 西城陽 ]

1回戦 0-7 大垣商業(岐阜)
優勝:佐賀商業(佐賀)

第81回(1998年)大会 [ 福知山商業 ]

1回戦 6-2 盛岡中央(岩手)
2回戦 1-3 柏陵(千葉)
優勝:桐生第一(群馬)

第88回(2005年)大会 [ 福知山成美 ]

1回戦 6-4 愛工大名電(愛知)
2回戦 4-0 静岡商(静岡)
3回戦 6-3 熊本工(熊本)
準々決勝 2-3 鹿児島工
優勝:早稲田実(田中、斎藤延長18回の年)

第90回(2007年)大会 [ 福知山成美 ]

2回戦 1-2 常葉菊川(静岡)
優勝:大阪桐蔭(大阪)

第95回(2012年)大会 [ 福知山成美 ]

1回戦 7-8 沖縄尚学(沖縄)
優勝:前橋育英(群馬)

第98回(2015年)大会 [ 京都翔英 ]

1回戦 1-9 樟南(鹿児島)
優勝:作新学院(栃木)

通算戦績

通算戦績

選抜 3勝7敗(最高ベスト8)
夏選手権 5勝9敗(最高ベスト8)
通算 通算8勝16敗

戦績内訳

北部勢 7勝7敗
南部勢 1勝9敗

市町村別実績

宇治市 8回(春4、夏4回)1勝8敗
福知山市 6回(春2、夏4)7勝6敗
※全て福知山成美
京丹後市 1回(春1)0勝1敗
城陽市 1回(夏1)0勝1敗

学校別実績

延べ6校16回出場

福知山成美 6回(春2、夏4)7勝6敗
立命館宇治 5回(春3、夏はすべて宇治時代)0勝5敗
京都翔英 2回(春1回)0勝2敗
東宇治 1回(夏1)1勝1敗
峰山 1回(春1)0勝1敗
西城陽 1回(夏1)0勝1敗

対戦実績

北海道勢 対戦無し
東北勢 1勝0敗
関東勢(山梨含む) 1勝1敗
東京勢 1勝2敗
近畿勢 0勝1敗
四国勢 対戦無し
中国勢 0勝1敗
九州・沖縄勢 2勝5敗

まとめ

これまで甲子園に出場した京都勢は、京都市勢が最多。
それ以外では、4市勢で延べ6校16回出場があります。
宇治市勢が最多で8回出場(うち立命館宇治が計5回)、続いて福知山成美(旧福知山商業含む)のみですが福知山市勢が6回と続きます。

京都市勢以外では通算8勝16敗とやや負けが先行。
最高位は共に福知山成美で春夏ともベスト8進出がありますが、最多の宇治市勢は甲子園では奮わず1勝8敗となっています。
この中には第85回選抜の京都翔英が近畿大会優勝、第87回選抜の立命館宇治は近畿準優勝、と堂々とした成績での甲子園出場でしたが、残念な結果が続いています。

全体的に東海勢と九州勢との対戦が多く、共に相性ああまり良いとは言えません。

今回出場する乙訓は長岡京市になり、市勢としては春夏通じて初の甲子園出場。
京都市勢以外のチームは苦戦が続く甲子園の舞台ですが、今チームは右の川畑投手、左の富山投手と私立勢も羨むような豪華なWエースを擁しています。
また過去の京都大会でも代々、いわゆるビッグネームを倒し「金星ホルダー」の側面も持っているので、甲子園常連チームと対戦しても名前負けせず、いつも京都大会で強豪相手に、相手の方がイヤな感覚に陥るような乙訓野球を展開して欲しいと期待しています。

いよいよ16日組み合わせ。
春間近楽しみです。