太陽が丘球場

太陽が丘球場

概要

わかさスタジアムと並んで京都府南部の主要球場です。

球場に入るには

2017年現在、大人は700円です。
大体試合開始の1時間前からチケットは販売されます。
球場前のクラブハウスで販売されます。
途中で球場を出ることも可能ですが、その際は入場係の球児に声をかけてください。

どこで観戦すればいいか

プロ野球と異なり全席自由席です。
あまり座席は多くありませんので、龍谷大平安高校など伝統校や人気校が登場する日は早めに入ることをおススメします。
プロではなかなか味わえないバックネット裏からピッチャーの球種なども体感できるのは醍醐味。

球場施設

トイレ

あり。
個室はクラブハウス側の方が清潔です。

売店

自販機はありますが売店はありません。
山城総合運動公園内にも食堂はない(はず)ので、JR宇治駅もしくは京阪宇治駅で買って持ち込まれることをおススメします。
生ビールなどの売り子さんは居ません。

その他

電光掲示板ですが球速表示機能などはありません。

注意事項

JR宇治駅などから歩くこともできますが数キロはありますので、バスが便利。
京阪宇治駅よりJR宇治駅前の方がバスの本数は多いです。

また太陽が丘球場内には屋根のあるスペースがありません。

プロ野球と違い、ドラフト候補生と言えど高校生たちの野球なので、ヤジなどは飛ばさず観戦をお願いします。
また運営も「素人」の学校の先生たちや、野球部の高校生たちがチケット販売を行います。
プロではないので決して手際がいいとは言えませんが温かく見守ってください。
基本バックネット裏は「中立席」です。
2017年現在、ビデオ撮影、写真撮影は禁止されていませんがマナーを守って楽しんでください。

アクセス