静岡 VS 立命館宇治

静岡 VS 立命館宇治

2015年3月22日、1回戦

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

静岡
9 鈴木
4 大石
8 内山
2 堀内
6 安本
3 平野
7 廣瀬
1 村木
5 三瓶

立命館宇治
6 森田
5 上西
9 奈良
3 伊藤
7 藤岡
8 北原
2 百田
4 中原
1 山下

観戦記

秋季大会はやや不安定な投球内容で心配した山下投手ですが、2回表終わったところまで3奪三振無失点と上々の立ち上がり。

一方打線ですが一回表、上西くん四球のあと、奈良くんが送り伊藤くんがセンター前にタイムリーヒットで先制します。

しかし3回表、今大会話題の協力打線の静岡がその力を発揮します。

内山くんの同点タイムリー、堀内くんの犠飛で逆転!さらに平野くんのライトオーバーの2点2塁打で一気に4点とって序盤の主導権を握ります。

一方、静岡の村木投手はストレートの速度は130中盤。
この威力あるストレートを武器に、秋は近畿の有名投手を打ち込んだ立命館宇治打線を以後完全に押さえます。

5回表の静岡は先頭バッターを四球で出し、廣瀬くん、鈴木くんのタイムリーで3 点を追加!
一気に試合を決めてしまいます。

試合はこのまま、終始静岡が危なげない内容で完勝。
立命館宇治は全く自分達の野球をさせてもらえなかった印象。

一方の静岡ですが、噂に違わぬ圧力を感じる打線!
さらに村木投手もなかなかの好投手。
この後の戦いも楽しみなチームです。

スコア

静岡高 004 030 000=7
立宇治 100 000 000=1