大阪桐蔭 VS 東海大菅生

2015年3月21日、1回戦

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

大阪桐蔭
5 中山
4 永廣
6 福田
8 青柳
9 藤井
2 谷口
7 原田
3 吉澤
1 田中

東海大菅生
6 江藤
8 小川
1 勝俣
5 伊藤
7 本橋
3 馬場
9 小磯
2 齋藤
4 落合

昨秋大阪チャンピオンというより、昨夏全国チャンピオンの大阪桐蔭と、秋季東京チャンピオンで勝俣君というスターを擁する東海大菅生の一回戦注目の好カード!

初回から140キロ超えの速球を投げ込む噂の勝俣君。
しかし、この勝俣君に初回からキバをむく大阪桐蔭打線は、藤井くんのややつまりぎみのレフト前タイムリーで先制!
さらに押し出しで初回2点を先制します。

対する田中投手はほとんど130キロにも満たないストレートですが、キレよく菅生打線を抑えていきます。

3回表の大阪桐蔭。
4番打者の青柳くんが四球、盗塁で無死2塁!
ここで福田くんがレフトオーバーのタイムリー3塁打!桐蔭打線はまだ止まらず7番原田くんがセンターオーバーのタイムリー3塁打で4-0!なお1死3塁!!
ここで吉澤くんがレフト線へタイムリー2塁打!3回終わり一気に、5-0と大阪桐蔭が大量リードします。

続く4回表も永廣くん、青柳くんの2塁打で1点追加し6点差つけたところで、注目の勝俣投手はKO。
2番手に山口君がマウンドへあがります。

それでも止まらず5回には永廣くんのセンターオーバーのタイムリー3塁打で2点を追加します。

対する東海大菅生は5回終わってわずか1安打。
完全に田中投手のキレのある投球に押さえ込まれます。

勝俣選手も野手に代わってからも自慢のバッティングで貢献しますが、得点には結びつきません。

9回裏も勝俣君、代打澤田君のヒットで2死12塁とするも、無得点。
結局8-0で大阪桐蔭の強さが際立ったゲームになりました。

大阪桐蔭は藤浪、森のような看板選手は今のところいませんが、それでも全員がハイレベルなチーム。
夏春連覇に向けて好発進です!

東海大菅生は一度生観戦したいチームでしたが、非常に強いチームだと思います。
この試合に関して言えば、大阪桐蔭が強すぎましたね・・・
夏さらに逞しくなって甲子園に戻ってきて欲しいチームです!

桐蔭 203 120 000=8
菅生 000 000 000=0