八戸学院光星 VS 九州学院

八戸学院光星 VS 九州学院

2015年3月21日、1回戦

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

八戸学院光星(青森)
8 新井
9 加角
6 足立
7 澤田
4 中崎
5 小林
2 馬場
3 澤谷
1 中川

九州学院(熊本)
8 長谷川
5 米満
4 友田
3 松下
6 柳内
7 若原
9 元村
1 伊勢
2 中原

観戦記

今や甲子園の常連になってきた青森の八戸光星(以下光星)と、九州学院の名門校対決!

MAXも両エースとも135前後。
似たタイプの投手。

光星と言えば、大阪桐蔭が藤浪投手で優勝した年、北條選手というスラッガーを擁して強打のイメージがありましたが、終盤までこのゲームはロースコアの接線になりました!

まずは先制したのは1回裏の九州学院。
先頭長谷川くん四球のあと、送って3番友田くんのライト前タイムリーで1点先制!

ゲームが動いたのは4回表。
光星2番の加角君がヒットで出塁、その後伊勢君が乱調で満塁にしてしまいます。
このチャンスで中崎君がレフトへの犠牲フライでまずは同点に追いつきます!

この回、もう1点追加した光星が2-1と逆転すると、このゲーム終盤まで両投手が打たせて取り、ヒットもなかなか許さない展開で終盤まで進みました。

そして大きくゲームが動いたのは8回表!

この試合当たっていた中崎君がチャンスを広げ1死13塁と、光星が追加点のチャンス!
ここで小林君がレフト前へタイムリー!
これをダイレクト捕球にいった九州学院若原君が後ろに逸らしている間に、一気に走者一掃のタイムリー3塁打となって4-1と光星が突き放します。

なおこの後ピッチャー中川君のセンターオーバーの2点タイムリー2塁打、さらに足立君も右中間へ長打など続き、なんとこの回一気に7点追加した光星が大きくリードする展開になります。

8回裏、九州学院も2番米満君のセンター前タイムリーで1点返すも、反撃はここまで。

9-2で八戸学院光星が初戦を突破しました。
ただ正直、両者の力にそれほど大きな差があったとは感じませんでした。

九州学院は夏に向けてより強いチームを作って欲しいですし、光星はよく言えばバランスの取れたチーム。北條世代のようなインパクトには欠けるかもしれませんが、終盤にきっちり突き放してしまうあたり、やはり全国レベルの強豪だと感じました。

普段なかなか生観戦できない九州と東北の名門チームの試合は素晴らしい試合でした!

スコア

八戸光星 000 200 070=9
九州学院 100 000 010=2