[ 一次戦第4ブロックAゾーン ] 保谷 VS 足立新田

2017年9月23日、秋季東京大会一次戦第4ブロックAゾーン 代表決定戦
帝京グラウンド
【スタメン】※球場の音声をメモしていますので聞き間違いなどあるかもしれません

保谷
3 ヒグチ(木付?)
9 稲垣
6 加藤
5 ホリカワ(森川?)
7 佐久間
2 山崎
4 唐澤
1 オクムラ10→H ウメミヤ?→1 宮村
8 カタギリ

足立新田
8 ハヤシ9
2 山下
7 牟田口→1 スミヨシ
9 大澤1
3 サイトウ
5 フルショウ
6 タカハシ
1 ヤマガミ10→1 ミヤワキ11→H ナカノ→1 本野18→H ミヤザキ
4 コイズミ

都立同士による都大会本戦進出を掛けた一戦。
まず守る足立新田は背番号10右腕のヤマガミ投手が先発。

足立新田先発のヤマガミ投手

1回表、保谷は先頭・ヒグチ(木付)?選手がファーストゴロエラーで出塁。
犠打と内野ゴロで2死3塁とすると、4番・ホリカワ(森川)?選手の左中間を破る先制タイムリー2塁打で1点を先制します。

保谷先制タイムリーヒット

代わって守りにつく保谷の先発は背番号10、右横手投げのオクムラ投手。

保谷先発のオクムラ投手

1回裏、足立新田は1死から2番・山下選手がサードゴロエラーで出塁すると、3番・牟田口選手のレフト前ヒットなどで1死満塁のチャンスを作り、6番・サイトウ選手のレフトへの犠牲フライで1-1の同点に追いつきます。

同点の犠牲フライ

足立新田は続く2回裏、
二回裏 足立新田1死から8番・ヤマガミ選手がセンター前ヒットで出塁すると、2死後、1番・ハヤシ選手のライトオーバーのツーランホームランで3-1と勝ち越しに成功します。

勝ち越しホームランのハヤシ選手(右端)

しかし直後の3回表、保谷は1死から1番・ヒグチ(木付)?選手が四球で出離委すると、続く稲垣選手のレフト線2塁打。
返球はボールデッドとなり1点を返し、尚1死3塁となります。

さらに3番・加藤選手の四球や重盗失敗で2死2塁から、4番・ホリカワ(森川)?選手のライト前ヒットで3-3の同点に追いつきます。

同点タイムリーヒットのホリカワ(森川)?選手

足立新田は同点に追いつかれてから背番号11、左のミヤワキ投手へ継投します。

足立新田2番手のミヤワキ投手

同点で保谷の攻撃を食い止めると、3回裏、足立新田は先頭3番・牟田口選手のレフトへのソロホームランで4-3と再びリード奪いますが、この後の1死3塁のチャンスは生かすことができません。

勝ち越しホームランの牟田口選手(右端)

慌ただしく動く試合。
保谷は直後の4回表、先頭7番
・唐澤選手が四球で出塁、犠打で1死2塁とすると9番・カタギリ選手のライト線への2塁打で同点に追いつくと1番・
ヒグチ(木付)?選手のレフト前ヒット、さらに足立新田、牟田口選手が打球を後逸する間にカタギリ選手が勝ち越しのホームイン。
5-4と逆転に成功します。

保谷逆転

4回裏、足立新田は2死3塁のチャンスを作りますが無得点に終わり、5-4で保谷がリードを保ち前半5回の攻防を終えます。

5回にフェンス激突しながら打球を好捕したセンター、カタギリ選手

次に得点を入れたのはまたも保谷。
6回表、先頭7番の唐澤選手が四球で出塁すると、先発のオクムラ投手への代打、ウメミヤ?選手がセンター前ヒットでつなぎ、さらに9番・カタギリ選手も四球で無死満塁。

1死後、2番・稲垣選手がスクイズを試み、空振りをしますが、その隙に唐澤選手が本盗を成功させ1点を追加。
この後2死13塁となりますが、3番・加藤選手のライトへの2塁打で2点を追加すると、さらに2死12塁から6番・佐久間選手のライト前ヒットでさらに1点追加。

保谷が大量リード体制へ

6回表に一挙4点を追加した保谷が、9-4とリードを広げます。

次に5点を追いかける展開になった足立新田は7回裏。
6回から継投した保谷のエース右腕、ミヤムラ投手を攻めます。

保谷エース、ミヤムラ投手

先頭2番・山下選手がセンターフライエラー(落球)で出塁。無死2塁とすると、1死後4番、大澤選手がレフト前にタイムリーヒットで1点を返します。

タイムリーヒットの大澤選手

取られれば取り返すのゲーム展開。
次は8回表の保谷。

1死から2番・稲垣選手がレフト線への2塁打で出塁すると、3番・加藤選手のセンター前ヒットで13塁とし、4番・ホリカワ(森川)?選手の四球で1死満塁とチャンスを広げます。

ここで6番・佐久間選手がこの試合3打点目のタイムリーヒットをセンター前へ弾き返し2点を追加。
11-5と足立新田を突き放します。

保谷11点目の場面

それでも粘る足立新田は直後の8回裏。
先頭・7番のタカハシ選手が四球で出塁すると、本野投手への代打・ミヤザキ? 選手がレフト前ヒット。
1死後、1番・ハヤシ選手が四球でつなぎ1死満塁とすると、2番・山下選手がセンターへ犠牲フライを放ち1点を返し、さらに尚2死13塁のチャンスで、この試合ホームランなど当たっている3番・牟田口選手が、右中間を破る走者一掃のタイムリー2塁打で2点。

タイムリー2塁打の牟田口選手(背番号7)

8回に3点を返した足立新田が8-11とその差を3点に縮めますが反撃もここまで。
結局そのまま試合終了。
保谷が一次戦を勝ち上がり本戦への出場を決めました。

両チーム合わせて手元のカウントで24安打の乱打戦になったこの試合。
どちらに転んでもおかしくない実力伯仲の好勝負となりました。

お互いに点差がついても最後まで諦めない姿勢は素晴らしいものでしたが、エラーも目立ち両チームとも投手を中心に守りの面で課題が見えましたので、保谷は本戦で。

足立新田は春にレベルアップをして東京を盛り上げて欲しいと思います。

保谷
102 204 020=11
121 000 130=8
足立新田

保 オクムラ、ミヤムラ、11 - ヤマザキ
足 オオサワ、宮脇、モトノ?、スミヨシ - 山下

保 H14 E3
足 H10 E2

本塁打
足 林②、牟田口①

【打撃成績】

保谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
3 ヒグチ(木付?) 一ゴロ失 四球 左前安打
左失(1)
中飛 二直 不明
9 稲垣 三犠打 左線二塁打
ボールデッド(1)
本盗死
投犠打 三ゴロ 左線二塁打
H ムラタ? 左飛
6 加藤 遊ゴロ 四球
二盗
三ゴロ 右二塁打(2) 中前安打
二盗
5 ホリカワ(森川?) 左中間二塁打(1) 右前安打(1) (本)中飛 四球 四球
7 佐久間 遊ゴロ 中前安打 中飛 右前安打(1) 中前安打(2)
2 山崎 投ゴロ (ミ)空振三振 三ゴロ 空振三振 三振
4 唐澤 左越二塁打 四球 四球
本盗(1)
遊直 中飛
1 オクムラ 二直併殺打 犠打
H ウメミヤ? 中前安打
1 ミヤムラ 左飛
H 番号13 (ス)左飛
8 カタギリ 二ゴロ 右線二塁打(1) 四球 三振 不明

足立新田

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 ハヤシ9 二ゴロ 右本塁打(2) 一ゴロ 遊飛 四球
2 山下 三ゴロ失 見逃三振 牽制悪送球
三ゴロ
中失 中犠飛(1)
7 牟田口 左前安打 左本塁打(1) (新)中飛 右飛 右中間二塁打(2)
9 大澤 死球 中前二塁打 死球 左前安打(1) 空振三振
3 サイトウ 左犠飛(1) 遊ゴロ 三ゴロ 左前安打 三ゴロ
5 フルショウ 投ゴロ 二ゴロ 一ゴロ 投ゴロ併殺打 左飛
6 タカハシ 遊ゴロ 三ゴロ (ミ)二ゴロ 四球 死球
1 ヤマガミ 中前安打
1 ミヤワキ
H ナカノ 二ゴロ
1 本野 二ゴロ
H 宮崎 左前安打
8 タケウチ? 四球
4 コイズミ 中飛 三安打 四球 中飛
H バンノ 二ゴロ

保谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
オクムラ 5 6 2 1 4 3
宮村 3 4 3 1 4 3
11 1 0 2 0 0 0

足立新田

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
ヤマガミ 2 2/3 5 2 0 3 2
ミヤワキ 1 1/3 2 1 1 2 1
本野 4 6 4 3 6 6
スミヨシ 1 1 不明 不明 0 0