[ 一回戦 ] 所沢商業 VS 狭山青陵(簡易版)

2017年8月12日、埼玉 夏季新人戦 西部地区一回戦
所沢航空記念公園野球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

狭山青陵
3 亀田 → 5
6 巽
4 深田
5 松本 → 3
8 浅野
9 文字山 → 1 伊藤
7 大塚
1 家城 → 9 → H 16
2 清水

所沢商業
6 吉田
7 高橋
5 石川
3 小川
4 野田
9 下田
8 佐々木 → 1 沖田 → 1 甲田
2 矢島
1 中村 → 8

夏の甲子園大会第5日が行われている中、甲子園から遠く離れた埼玉県では次の選抜へ向けていよいよ新チームが始動。

過去には3度甲子園も経験している公立の古豪・所沢商業と、同じ公立、狭山青陵の一戦。
スタジアムに到着した際、すでに所沢商業が5-2とリード、さらに1死12塁からの観戦です。

狭山青陵エースナンバーの家城投手

迎える5番の野田選手がライトーバーの二塁打を放ち、さらに1点を追加。
6-2と所沢商業がリードを広げ、さらに死球で1死満塁と攻めますが、ここは狭山バッテリーがよく踏ん張り1点止まりで所沢商業の攻撃を終えます。

所沢商業6点目のホームイン

4点差を追う狭山青陵。
マウンドは所沢商業エースナンバーの中村投手。

所沢商業エースナンバーの中村投手

4回表、狭山青陵は先頭4番の松本選手が四球で出塁。
続く浅野選手が右中間を破る二塁打で無死23塁とチャンスを作り、1死23塁となったところで、7番・大塚選手の打球は平凡なライトフライと思いましたが、所沢商業・下田選手がやや足を取られたか捕球し損ねて走者一掃のタイムリーエラーとなり2点を返し4-6とその差を2点まで縮めます。

4点目のホームを踏む文字山選手

しかし直後の4回裏、所沢商業は先頭8番・矢島選手が四球で出塁、犠打で1市2塁とすると、1番・吉田選手がライト前ヒットで13塁とチャンスを広げます。

続く高橋選手の打席、吉田選手が二盗を試みると、狭山青陵・清水捕手からの送球がセンターへ抜けてしまいその間に矢島選手がホームに戻り1点を追加。
7-4と3点差と再度差を広げます。

矢島選手が7点目のホームイン

5回表、狭山青陵の攻撃は1死から2番・巽選手がレフト前ヒットで出塁。
続く3番・深田選手が死球で1死12塁となり4番・松本選手を迎えます。

レフトへファールを放った際、1塁走者の深田選手が足をつり、治療のため一旦全選手を引き上げさせてゲーム中断となります。

この後、松本選手が凡退し2死12塁となったところで、所沢商業は背番号10番の沖田投手へ継投。

狭山青陵は浅野選手がレフト前ヒットで2死満塁と絶好のチャンスを作りますが、文字山選手が空振り三振に倒れ無得点に終わります。

所沢商業2番手の沖田投手

6回裏の所沢商業の攻撃から、狭山青陵は背番号10番の伊藤投手へ継投します。

狭山青陵2番手の伊藤投手

2死走者無しから、2番・高橋選手を自らのエラーで(投手ゴロ)出塁を許し、盗塁で2死2塁とピンチを招くも3番・石川選手を空振り三振にとり、無失点で乗り切ります。

7回表の狭山青陵は先頭1番の亀田選手がライト前ヒットで出塁すると、犠打で1死2塁、さらに3番・深田選手の打席でバッテリーミスがあり1死3塁とチャンスを広げます。

2死後、所沢商業は背番号11番・左腕の甲田投手へ継投。
4番松本選手がショートフライに倒れ無得点に終わります。

所沢商業3番手の甲田投手

前半やや慌ただしく動いたゲームも終盤は狭山青陵の伊藤投手、所沢商業の甲田投手がピシャリと抑え試合もそのまま7-4で終了。
所沢商業が次戦へコマを進めました。

いよいよ動き出した「ミレニアム世代」による新たな世代の戦い。
この両チームも所沢商業は古豪復活、狭山青陵も体制一新で上位浮上を狙うとのことですので、ここから始まる秋季大会以降に注目していきたいと思います。

狭山青陵
002 200 000=4
051 100 00x=7
所沢商業

狭 家城、伊藤 - 清水
所 中村、沖田、甲田 - 矢島