[ 決勝 ] 二松学舎大附 VS 東海大高輪台

2017年7月29日、第99回全国高等学校野球選手権東東京大会決勝
神宮球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

二松学舎大附
4 堀川
8 鳥羽
5 平間
7 永井
9 畠山
3 秋広
1 市川
2 松江
6 永野

東海大高輪台
3 青木
6 米澤
4 大久保
5 伊東
8 森田
7 木村
2 木下
1 西原
9 石川

3年ぶりの優勝を目指すシード二松学舎大附属と、春夏通じて初の甲子園まであと1勝の東海大高輪台による決勝戦。

先攻は三塁側、二松学舎大附。

東海大高輪台の先発は背番号20の左腕西原投手。

東海大高輪台の先発西原投手

1回表、二松学舎の強力打線がいきなりら襲いかかります。
先頭・堀川選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く鳥羽選手もライト前ヒットと連打で無死12塁としますが、後続続かず無得点に終わります。

代わって守りにつく二松学舎大附は、エース左腕・市川投手が先発。

二松学舎大附エースの市川投手

1回裏の東海大高輪台の攻撃を130後半の威力あるストレートも光り三者凡退と上々の立ち上がり。

一方、二松学舎は2回表も打線好調。

先頭6番の秋広選手がファースト内野安打で出塁すると、市川選手の捕手前の犠打の処理を、高輪台、木下捕手の悪送球で無死23塁とチャンスを広げると、8番・松江選手がライト前に弾き返し1点を先制します。

先制タイムリーヒットの松江選手

さらに内野ゴロと四球で1死満塁とすると、2番・鳥羽選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち3-0とリードを広げ尚1死12塁としたところで、高輪台は背番号10の鵜飼投手へ継投します。

鳥羽選手のタイムリーヒット
東海大高輪台2番手の鵜飼投手

しかし勢い止まらず3番・平間選手がセンター前ヒットで4-0とリードを広げ、この回さらに1点を加えた二松学舎大附が5点を先制する展開に。

続く3回表も二松学舎は、1死から9番・永野選手、1番・堀川選手が連続四死球でチャンスを作ると、2番・鳥羽選手のセカンドゴロの間に2死13塁とし、3番・平間選手がこの試合2打点目指となる投手強襲タイムリーヒットで6-0とリードを広げ、続くドラフト候補としても注目の4番・永井選手が左中間を破る走者一掃のタイムリー二塁打で2点を追加し8-0と大きくリードを広げます。

二松学舎大附、主砲の永井選手

帝京戦と同じ展開に持ち込みたかった高輪台の継投パターンは崩れ、8点ビハインドの展開でエース宮路投手が登板。

東海大高輪台エースの宮路投手

5番畠山選手には142キロのストレートも見せ、ショートゴロに打ち取りますが、序盤で思わぬ大差がつく試合となります。

しかしその直後の3回裏、東海大高輪台も反撃に移ります。

2死ランナー無しから9番・石川選手が四球で出塁すると青木選手の打席、石川選手が二盗さらに、その際の捕手からの送球が逸れて一気に3塁まで進塁。
青木選手は四球でつなぐと、続く2番・米澤選手がチーム初安打をレフト前に弾き返して1点を返します。

米澤選手のタイムリーヒット

しかし4回から二松学舎の市川投手がギアを上げたかのような奪三振ショーを見せ始めます。

高輪台、先頭4番の伊東選手がセンター前にヒットで出塁しますが、続く森田選手は139キロのストレートに空振り三振。
6番の木村選手も変化球に空振り三振と、反撃を許しません。

ギアを上げだした市川投手

二松学舎は5回表、2番・鳥羽選手がセカンドゴロエラーで出塁すると二盗を決めます。

宮路投手も平間選手には143キロのストレートも見せ、
続く注目の対決となった永井選手も見逃し三振に取るなど意地をみせますが、5番・畠山選手がレフト前に弾き返し1点を追加、5回裏の高輪台は、三振2つを含む三者凡退で9-1と8点リードのまま前半5回を終了します。

タイムリーヒットの畠山選手(一塁上)

後半戦はさらに二松学舎の市川投手のピッチングが冴え渡ります。

6回裏、高輪台の攻撃は2番・米澤選手からの攻撃でしたが、この試合最速となる140キロのストレートで見逃し三振にとるなど、大久保選手にヒットを許しますが、安定した内容で無得点に抑えると、圧巻は7回。

6番・木村選手への代打・加藤選手を137キロストレートで空振り三振にとると、2死後、8番・宮路選手は139キロのストレートに空振り三振と一段とギアを上げたかの内容で三者凡退に抑えます。

対する高輪台もエース宮路投手に代わってからは5安打、2奪三振、1失点と踏ん張り、9回表には、二松学舎の主砲・永井選手との対決で144キロ、142キロを連発しセカンドゴロに打ち取り最後まで諦めない姿勢を見せましたが序盤の大量失点が響き、9-1で二松学舎大附が勝って3年ぶり2度目の夏の甲子園を決めました。

優勝決めた瞬間の二松学舎大附選手たち

勝った二松学舎大附ですが、関西在住中だった昨夏以来の観戦になりましたが、当時のエース大江投手(現巨人)に負けず劣らずの好投手市川投手を擁し、打線も永井選手と投打の軸を持ちかなりハイレベルなチームに仕上がっていました。

今年は全国的にも突出したチームが少ない世代。
十分甲子園でも上位を狙う実力があるので期待したいと思います。

また敗れた東海大高輪台。
思えばまだ関西在住中の2年前、秋季で見た宮路投手達が大きく成長し、今大会は強豪の帝京を敗るなど快進撃でした。

大躍進だった東海大高輪台選手たち

学校として念願の甲子園はお預けとなりましたが、色褪せることのない大活躍は本当にお疲れ様でした。

今回の忘れ物はまた新チームに引き継がれました。
また高輪台の試合を秋季に見に行きたいと思います。

二松学舎大附
053 010 000=9
001 000 000=1
東海大高輪台

二 市川 - 松江
東 西原、鵜飼、宮路 - 木下

二 H14 E1
東 H3 E3

二松学舎大附は3年ぶり2回目の優勝

【打撃成績】

二松学舎大附

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
4 堀川 中前安打 四球 四球 二ゴロ 内野ゴロ 左前安打
8 鳥羽 右前安打 中前安打(2)
三盗
二ゴロ 二ゴロ失
二盗
遊安打
二盗
三犠打
5 平間 二直 (鵜)中前安打(1)
二盗
投強襲安打(1) 遊ゴロ 空振三振 中飛
7 永井 遊ゴロ 死球 左中間二塁打(2) 見逃三振 左飛 二ゴロ
9 畠山 中飛 二ゴロ (宮)遊ゴロ 左前安打(1)
二盗
左邪飛
3 秋広 一安打 遊安打(1) 中飛 左飛 二ゴロ
1 市川 捕ゴロ失(犠打) 左飛 二安打 一ゴロ 四球
2 松江 右前安打(1) 二飛 投犠打 中飛 投犠打
6 永野 三ゴロ 死球
二盗
中前安打 死球
二盗
中飛

東海大高輪台

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
3 青木 中飛 四球 空振三振 見逃三振
6 米澤 三ゴロ 左前安打(1) 見逃三振 四球
4 大久保 捕ゴロ 一ゴロ 左前安打 二飛
5 伊東 二ゴロ 中前安打 右飛 空振三振
8 森田 四球 空振三振 遊ゴロ 二ゴロ
7 木村 遊ゴロ併殺打 空振三振
H7 加藤 空振三振
H 山木 左飛
2 木下 左飛 三ゴロ 二ゴロ
1 西原
1 鵜飼
1 宮路 一ゴロ 遊ゴロ 空振三振
9 石川 四球
二盗
空振三振 投ゴロ

【投手成績】

二松学舎大附

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
市川 9 3 4 9 1 1

東海大高輪台

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
西原 1 1/3 5 1 0 3 3
鵜飼 1 1/3 5 3 1 5 4
宮路 6 1/3 4 2 2 1 0