[ 三回戦 ] 日大鶴ヶ丘 VS 大成(簡易版)

2017年7月16日、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会三回戦
ダイワハウススタジアム八王子

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

大成
8 三五
5 栗山
6 小野田
2 山本
3 今井
7 川合
1 中田
4 戸張
9 高橋

日大鶴ヶ丘
7 小林
8 齋藤
6 鈴木
3 松本
9 勝又
2 長井
1 赤星
4 大塚
5 久保田

2014年の第96回大会に西東京代表として甲子園に出場している日大鶴ヶ丘と大成の一戦。

先攻は大成。
日大鶴ヶ丘の先発はエース赤星投手。

日大鶴ヶ丘エースの赤星投手

1回表、大成は内野ゴロ三つで三者凡退と赤星投手上々の立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく大成の先発は、背番号10の右変則投げの中田投手。

大成先発の中田投手

1回裏の日大鶴ヶ丘の攻撃を三人で片付け、こちらも上々の立ち上がりを見せます。

最初にチャンスを作ったのは2回表の大成。
1死から5番・今井選手がセンター前ヒットで出塁すると、2死後、7番・中田選手がライト前ヒットで2死13塁とチャンスを広げます。

3塁へ進む今井選手

しかし続く戸張選手の打球は当たりは良かったですが、ファースト正面のゴロでチャンスを生かすことができません。

3回表も得点圏に走者を進めた大成。
対する日大鶴ヶ丘は1回、2回と三人づつで攻撃を終え、序盤やや大成ペースかと思われたこの試合。

試合は一振りで大きく動きだしました。

3回裏、日大鶴ヶ丘は先頭7番・赤星選手が敵失で出塁すると犠打で進塁、9番・久保田選手は凡退し2死2塁で一番・小林選手を迎えます。
小林選手の強振した打球は打った瞬間それと分かる、豪快なライトスタンドに突き刺さる先制の2ランホームランとなります。

先制ホームランの小林選手

さらに2番・齋藤選手もレフト線へ二塁打を放ったところで、大成はレフトを守っていたエースナンバーの川合投手へ継投。先発の中田選手がレフトへ回ります。

大成エースの川合投手

小林選手のホームランで勢いに乗った日大鶴ヶ丘は続く4回裏、先頭4番松本選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死から6番・長井選手が左中間を破る三塁打で1点を追加。

タイムリー三塁打の長井選手

さらにこの回、続く赤星選手のスクイズも決まり4-0と優位に試合を進めていきます。

赤星選手のスクイズ

日大鶴ヶ丘は5回裏も先頭3番・鈴木選手が死球で出塁すると、犠打で進塁させ、5番・勝又選手のセンター前ヒットで1点を追加。

鈴木選手が5点目のホームイン

さらに長井選手が四球で繋ぎ、7番・赤星選手のレフト前ヒットで6-0と大きくリードを広げたところで、再度大成は中田、川合選手のポジションを交代。

再び中田投手がマウンドにあがりますが、8番・大塚選手が四球を選び1死満塁とすると、9番・久保田選手のファーストゴロの間に長井選手がホームイン。
5回を終えて7-0と大きく日大鶴ヶ丘がリードする展開になります。

1点でも挙げないとコールドゲームが成立する7回表の大成は先頭7番の中田選手がレフト前ひっとを放ち出塁。

中田選手がヒットで出塁

最後まで強豪相手に抵抗をしてみせますが、反撃とここまで。
最後は代打・漆原選手がセカンドゴロ併殺打に倒れゲームセット。

日大鶴ヶ丘が四回戦にコマを進めました。

大成
000 000 0=0
002 230 x=7
日大鶴ヶ丘

大 中田、川合、中田 - 山本
鶴 赤星 - 長井

大 H4 E1
鶴 H7 E1

本塁打
鶴 小林②

7回コールドゲーム