[ 三回戦 ] 八王子 VS 中大附(簡易版)

2017年7月16日、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会三回戦

ダイワハウススタジアム八王子

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

中大附
6 滝島
8 遠藤
2 竹下
3 中村美
9 原諒
7 岡本海
1 足立
5 田村
4 今野

八王子
8 高橋優
5 加藤
9 高橋裕
3 熊澤
2 越村
1 米原
7 初鹿野
4 櫻井
6 山根

昨年の西東京代表・八王子と中央大学附属の一戦。

八王子エースの米原投手

先攻は中大附。
八王子の先発は昨年の甲子園では背番号11で登板しているエース米原(よねはら)投手。

1回表の中大附は1死から2番の遠藤選手がセンター前にヒットを放ちますが、後続続かず無得点に終わります。

ヒットで出塁した遠藤選手

代わって守りにつく中大附の先発は背暗号11の足立投手。

中大附の先発足立投手

1回裏の八王子は1死から2番・加藤選手、3番・高橋裕選手が連打で1死12塁とチャンスを作りますが、4番・熊澤選手がセカンドゴロ併殺打に倒れ無得点に終わります。

先手を取ったのは中大附。
2回表、先頭4番の中村美選手が四球で出塁すると、5番・原諒選手がライト前ヒットでつなぎ、犠打で1死23塁とすると、7番・足立選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち1点をリードします。

足立選手の先制タイムリーヒット

八王子は3回表から早くも、制球の定まらない先発の米原を諦め、背番号12の古市投手へ継投します。

八王子2番手の古市投手

 

 

 

序盤3回、中大附の足立投手のサイドハンドの投球に翻弄された八王子打線。
4回にようやく昨夏代表の底力を見せます。

4回裏、八王子は1死から6番・古市選手がサード強襲ヒットで出塁すると、続く初鹿野選手がセンターオーバーのタイムリー三塁打で同点に追いつきます。

タイムリー三塁打を放った初鹿野選手

さらに8番・櫻井選手が四球でつなぐと、9番・山根選手がレフト前タイムリーヒットを放ち1点を勝ち越します。

山根選手の勝ち越しタイムリーヒット

八王子はさらに2死23塁から2番・ 加藤選手もレフト前に弾き返し3点を奪い、3-1と逆転に成功します。

加藤選手の打球はレフト前に抜けて1点追加

昨年のチャンピオンチームに健闘してみせた足立投手ですが、5回裏から中大附はエースの中村投手に継投します。

中大附のエース中村投手

代わり端、八王子は1死から5番・越村選手が敵失で出塁すると、犠打で2死2塁とすると、同点タイムリー3塁打を放っている、初鹿野選手が左中間を破る三塁打を放ち1点を追加します。

三塁塁上でガッツポーズを見せる初鹿野選手

この回さらに続く櫻井選手のライト前ヒットで5点目を挙げると、敵失で2死12塁とすると、1番・高橋優選手の当たりはセカンド強襲ヒットとなりさらに1点を追加し、6-1と大きくリードを広げて前半の5回を終了します。

中大附も6回表、2死走者なしから3番・竹下選手が左中間を破り三塁打で出塁しますが後続続かず無得点に終わります。

味方ベンチにガッツポーズで応える竹下選手

チャンスを逃した直後の6回裏、八王子は先頭3番・高橋裕選手が四球で出塁すると内野ゴロで2死3塁となり、6番・ 古市選手がサード強襲ヒットを放ち1点追加。
7-1とリードを広げます。

 

中大附も8回表に2番・遠藤選手のライト前ヒットなどで2死13塁とチャンスを作りますが後続続けず無得点に終わると、その裏、八王子は先頭3番・高橋裕選手がセカンド内野安打で出塁すると犠打で進め、5番・越村選手が左中間を破るサヨナラ安打を放ち7点差がついて大会規定によりコールドゲームが成立しました。

中大附
010 000 00=1
000 331 01x=8
八王子

中 足立、中村 - 竹下
八 米原、古市 - 越村

中 H5 E4
八 H15 E2

8回コールドゲーム