[ 三回戦 ] 昭和第一学園 VS 昭和(簡易版)

2017年7月15日、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会三回戦

ネッツ多摩昭島スタジアム

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

昭和
8 澤田
4 小山
6 田中修
5 伊藤
7 神藤
2 白川
3 田中蒼
1 河田
9 山賀

昭和第一学園
7 本橋
6 木内健
8 樋口
9 鶴田
3 尾上
2 森下
5 田中僚
1 磯川
4 鬼石

都立の上位常連・昭和と昭和第一学園の一戦。

先攻は昭和。昭和第一の先発はエース磯川投手。

昭和第一のエース磯川投手

1回表の昭和は三者凡退と磯川投手、上々の立ち上がりを見せます。
代わって守りにつく昭和の先発もエース河田投手。

昭和のエース河田投手

1回裏、昭和第一は2死から3番・樋口選手がセンター前ヒットで出塁しますが、河田投手も2つの三振を奪い上々の立ち上がりを見せます。

序盤2回、昭和第一打線を3奪三振、被安打1、与四死球1とほぼ完ぺきに抑えていた河田投手ですが、3回裏突如、変化が訪れます。

3回裏の昭和第一、先頭9番の鬼石選手がレフト前ヒットで出塁すると、続く1番・本橋選手の打席で二盗を成功させ、さらに昭和・白川捕手からの送球がセンターへ抜けてしまう間に3塁へ進塁。
本橋、続く2番・木内健選手と連続四球で無死満塁と絶好のチャンスを作ります。

3塁へ進んだ鬼石選手

さらに3番・樋口選手の打席でバッテリーミスがありファールゾーンをボールが転々とする間にセカンドランナーの本橋選手もホームインし2-0と昭和第一がリードします。

本橋選手が2点目のホームイン

さらに樋口選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの樋口選手

まだ勢いの止まらない昭和第一はさらに盗塁や四球などで1死満塁とチャンスを広げると、7番・田中僚選手がライトへ犠牲フライを放ち1点を追加。
走者はそれぞれ進塁し尚2死23塁とします。

田中僚選手の犠牲フライ

さらに磯川選手の打席でまさかの2連続バッテリーミスで2者が生還。
この回3つのバッテリーミスもあり昭和第一が大量6点を先制する展開になります。

5点目のホームを踏む鶴田選手

大量点を追う展開に変わった昭和ですが、直後の4回表、1死から3番・田中修選手がショートへの内野安打で出塁すると、牽制悪送球の間に2塁へ進塁します。
ここで4番・伊藤選手がセンター前ヒットを放ち、田中選手がホームを狙いますがタッチアウト。
チャンスを生かすことができません。

田中選手がホームでタッチアウト

4回裏から昭和はバッテリーごと交代。
背番号11の猪野投手と、12の関口捕手に代わります。

昭和2番手の猪野投手

昭和は5回表も先頭6番の関口選手、田中蒼選手の連打で無死13塁とすると、1死後9番・山賀選手がライトへフライ。
ここで関口選手がホームを狙いますがタッチアウト。
またも絶好のチャンスを生かすことができません。

6回表も昭和は1死から2番・小山選手が右中間を破る2塁打で出塁。
2死後、4番・伊藤選手がセンター前にヒットを放ち13塁と攻めますが後続続かず、なかなか昭和はリズムに乗り切れない攻撃が続きます。

二塁打の小山選手

依然6-0のまま進んだこの試合、またも昭和が反撃。
8回表は先頭9番・山賀選手がセカンド内野安打で出塁すると、続く澤田選手が四球で出塁。
しかしここで先ほど長打の小山選手がサードゴロ併殺打で、またもチャンスを逸したかと思いましたが、ここから3番・田中修選手のセンター前ヒット、4番・伊藤選手が死球で2死満塁とすると、5番・上野選手がレフト前に弾き返しようやく1点を返します。

タイムリーヒットの上野選手

しかし反撃もここまで、昭和第一の4安打に対して、11安打を放った昭和ですが好機に一本が出ずに序盤に失った大量失点を、結局返すことが出来ずに3回戦で敗退となりました。

昭和第一は文字通り、ワンチャンスに素晴らしい集中力を発揮して4回戦へ進出となりました。

昭和
000 000 010=1
006 000 00x=6
昭和第一学園

和 河田、猪野 - 白川、関口
一 磯川 - 森下

和 H11 E2
一 H4 E2