[ 決勝 ] 龍谷大平安 VS 綾部

2017年5月21日、春季京都大会 決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

綾部
8 材木
4 中島
3 湯浅
6 梅原
7 高見
2 曽根
9 河村
1 四方裕
5 蘆田

龍谷大平安
8 石原
9 木村
3 中野
5 松田
7 岡田
2 田島
4 森川
6 大本
1 小寺

63年ぶりの春季大会決勝進出で、春夏秋通じ初の京都大会優勝を目指す綾部と、2年ぶりの春季大会優勝を目指す龍谷大平安の一戦。

初優勝をかけ、試合前ベンチ前で円陣を組む綾部

先攻は綾部、平安の先発は昨秋はエースナンバーを付けていた、今大会背番号18の小寺投手。

平安先発「秋のエース」小寺投手

1回表、綾部の攻撃を2番・中島選手に四球を与えますが後続を断って、まずまずの立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく綾部はエースの四方裕投手が先発。

綾部大躍進を支えたエース四方裕投手

1回裏の平安は1死から2番・木村選手がレフト前ヒットで出塁するも、続く中野選手の打席で飛び出してしまいアウト。
その直後に中野選手がレフト線を破る二塁打を放つなど、ちぐはぐな攻撃で無得点に終わります。

2回表の綾部の攻撃を三人できっちりと小寺投手が抑えると、直後の2回裏、先頭5番の岡田選手が高々く打ち上げたライトへの飛球はライトフライかと思いましたが、そのままスタンドイン。
さすが昨春、センバツの甲子園球場でバックスクリーンに弾丸ライナーを放り込んだ規格外のパワーで平安が1点を先制します。

先制のソロホームランを放った岡田選手

しかし綾部も負けていません。
3回裏の平安の攻撃では、綾部・四方投手が9番・小寺選手から始まる打順、三者三振と圧巻の投球を見せ、平安に追加点を許しません。

その直後4回表の綾部は、先頭3番・湯浅選手が2球目を完璧に捉えセンター前に、チーム初安打を放ち出塁しますが、後続続かず無得点に終わります。

綾部の湯浅選手

絶好の好機を迎えたのは5回表の綾部。
先頭7番の河村選手が右中間を破る三塁打で出塁、無死3塁と絶好の同点のチャンスを作ります。

三塁打で出塁した河村選手

1死後、9番・ 蘆田選手が2ボール1ストライクからスクイズを試みますが、空振りとなり三本間に河村選手が挟まれアウト。
絶好のチャンスを生かすことが出来ません。

蘆田選手のスクイズが空振りでサードランナー河村選手がタッチアウト

グラウンド整備が明けた6回は両チーム得点圏にランナーを進めるも無得点。
1-0と平安がリードしたまま迎えた7回裏の平安の攻撃。

先頭8番・大本選手が敵失で出塁するも、続く小寺選手の初球で二盗を試み盗塁死。
ランナーが無くなりますが、すぐに小寺選手が四球を選び再び出塁すると、1番・石原選手が犠打で送り2番・木村選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち貴重な追加点。
7回を終えて2-0と平安がリードします。

8回裏から綾部はエース四方裕投手に代えて背番号11、右横手投げの佐々木投手へ継投。

綾部2番手の佐々木投手

2死から平安・田島選手にレフト前へ運ばれますが無得点に抑え、いよいよ9回の攻防を迎えます。

9回表、綾部は期待の3番・湯浅選手からの校打順でしたが、湯浅選手が三振に倒れるなど、この回も平安・小寺投手がしっかりと投げ抜き被安打3で完封勝利。
平安が2年ぶりに春季京都大会を制しました。

優勝旗を受け取る大本主将

まず優勝した平安。
秋は昨春甲子園ベスト4メンバーからは岡田選手を除き、ガラッとメンバーが入れ替わり、チームも今一つ乗り切れないまま京都大会3位。
その後迎えた近畿大会では今春センバツを制した大阪桐蔭にコールド負けを喫するなど「いつもの平安らしくない」姿でした。

ただこの大会。中野、松田、岡田選手と続くクリーンアップは体格も長打力もありますし、破壊力は抜群。
それに繋ぐ1番、2番も機動力も使えるので、石原、木村、松本選手どの組み合わせになっても相手にとって脅威になってくると思います。

まだまだ昨春のセンバツ4強チームと比べると、平安としての完成度は少し低いとも感じますが、秋から比較すると随分と「カタチ」になってきたなぁというのがこの春季大会の印象でした。
春季近畿大会がまだありますが、夏に向けて順調に仕上がってきていると思います。

惜しくも準優勝だった綾部は本当に大躍進でした。
平安を相手に僅差のゲームを戦い抜いたことで、この春の勢いがフロックではなかったことを十分に示せたのではないかと思います。

投手も四方裕投手はそうそう強豪私学といっても大量得点は望めない好投手です。
それだけに夏は四方投手以外の投手陣がより奮起し、ここ一番で四方投手が抑えるといったローテーションが組めれば、夏も同じような旋風を期待できるのではと思います。

攻撃陣も湯浅選手を中心に力強い打球を打てるチームですし、強豪相手にがっぷり四つの試合が出来る好チームです。
今年の夏は力のある学校がノーシードに多数見受けられます。

恐らくそのような心配は要らないと思いますが、春準優勝チームとして構えて立つのではなく、夏も春同様、挑戦者として駆け抜けることを期待したいです。

綾部
000 000 000=0
010 000 10x=2
龍谷大平安

綾 四方裕、佐々木 - 曽根
平 小寺 - 田島

綾 H3 E0
平 H7 E0

本塁打
平 岡田①

【打撃成績】

綾部

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 材木 左飛 死球 中飛 遊安打
4 中島 四球 二ゴロ 遊ゴロ 遊ゴロ併殺打
3 湯浅 空振三振 中前安打
二盗
四球 空振三振
6 梅原 一ゴロ 左飛 四球 遊ゴロ
7 高見 一ゴロ 空振三振
H7 小嶋 捕ゴロ 二飛
2 曽根 投ゴロ 一ゴロ 遊飛
9 河村 空振三振 右中間三塁打 空振三振
1 四方裕 中飛 投ゴロ 一ゴロ
5 蘆田 空振三振 スクイズ失敗
左飛
投飛

龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 石原 二ゴロ 空振三振 左前安打
二盗
投前犠打
9 木村 左前安打
二盗死
空振三振 二ゴロ 左前安打(1)
3 中野 左線二塁打 一ゴロ 二ゴロ 左飛
5 松田 二ゴロ 左中間二塁打 四球 (佐)一飛
7 岡田 右本塁打(1) 二ゴロ 二ゴロ
二盗
二ゴロ
2 田島 三ゴロ 四球 四球 左前安打
4 森川 空振三振 二直 遊ゴロ 二ゴロ
6 大本 二ゴロ 中飛 遊ゴロ失
二盗死
1 小寺 見逃三振 左飛 四球

綾部

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
四方裕 7 6 4 4 2 2
佐々木 1 1 0 0 0 0

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小寺 9 3 4 6 0 0