[ 三回戦 ] 天理 VS 奈良情報商業

2017年5月5日、春季奈良大会三回戦

佐藤薬品スタジアム

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

奈良情報商
6 吉田
4 梅本
5 新谷
9 高見
8 森田
7 田村
3 山瀬
1 西本
2 坂井

天理
7 宮崎
8 杉下
6 太田
9 神野
2 城下
5 安原
3 森本
4 山口
1 輪島

名門天理と、旧桜井商業時代には巨人等で活躍した駒田選手等を輩出している奈良情報商業の一戦。

元プロの中村良二監督

先攻は奈良情報商、天理先発は背番号10の輪島投手です。

天理先発の輪島投手

1回表、奈良情報商は先頭1番・吉田選手がショートへの内野安打で出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とランナーを進めますが、4番・高見選手が内野ゴロに倒れ無得点に終わります。

代わって守りにつく奈良情報商の先発は、こちらも背番号10の西本投手。

奈良情報商業先発の西本投手

1回裏天理は1死から、2番・杉下選手が敵失で出塁すると続く太田選手の打席で二盗に成功。
さらに太田選手が四球で1死12塁とチャンスを作ります。
4番・神野選手のライトフライで2死13塁とランナーを進めると5番・城下選手がライト前に弾き返し1点を先制します。

先制タイムリーヒットを放つ城下選手

しかしすかさず奈良情報商。
2回表、先頭5番・森田選手が四球で出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とし、8番・西本選手のセカンドへの内野安打で1-1の同点に追いつきます。

西本選手が同点タイムリー内野安打

天理は3回裏、1死後、2番・杉下選手がセンター前ヒットで出塁すると、3番・太田選手の敵失、4番・神野選手のライト前ヒットで1死満塁のチャンスを作ります。
ここで先制タイムリーヒットを放った5番・城下選手がセンターへの犠牲フライで1点を勝ち越します。

杉下選手が勝ち越しのホームイン

さらに続く安原選手もセンター前にタイムリーヒットを放ちこの回2点勝ち越し。
3-1と天理がリードします。

4回、5回と天理先発の輪島投手が奈良情報商の攻撃を三人づつで抑えると、5回裏、天理は先頭3番・太田選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち1点を追加します。

ソロホームランの太田選手

さらに4番・神野選手もライトオーバーの三塁打で出塁すると、この試合当たっている5番・城下選手がライト前ヒットで1点を追加。
5-1とリードを広げます。

タイムリーヒットを放ち一塁へ向かう城下選手

さらに6番・安原選手が死球で繋ぎ、7番・森本選手もライト前ヒットで無死満塁となったところで、奈良情報商はエース米田(コメダ)投手へ継投します。

奈良情報商業エースの米田投手

代わり端、8番・山口選手は空振三振に倒れますが、9番・輪島選手がセンター前ヒットで1点追加。

さらに1番・宮崎選手のショートゴロが併殺崩れになる間に1点追加、この回4点を挙げた天理が7-1と大きくリードして前半5回を終了します。

しかし奈良情報商は、グラウンド整備明け後の6回表。
先頭1番の吉田選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く梅本選手の三塁線に転がした打球が内野安打となり無死12塁。
3番・新谷選手のショートゴロで1死13塁とすると4番・高見選手のセンター前タイムリーヒットで1点を返します。

タイムリーヒットの高見選手

その直後6回裏、天理は1死から5番・城下選手がレフト前ヒットで出塁すると、6番・安原選手のセンター前ヒットを、奈良情報商・杉下選手が後逸してしまい1点を追加し8-2と再度6点差にリードを広げます。
尚1死3塁と天理はチャンスを作りますが、後続続かずコールドゲーム成立に必要な7点差には届くことができません。

7回表から天理は背番号20の坂根投手へ継投し、7回表に奈良情報商7番の山瀬選手にショートへの内野安打を許しますが、上々の内容で奈良情報商の反撃を許しません。

天理二番手の坂根投手

天理も7回裏、8回裏と得点圏にランナーを進め、「一打サヨナラ」の場面を迎えますが、奈良情報商の米田投手が踏ん張り、試合は9回表へ突入します。

奈良情報商は先頭3番の新谷選手がショートへの内野安打で出塁しますが、反撃もここまで。
8-2で天理が勝利しました。

まず敗れた奈良情報商ですが、2番手のエース米田投手、球威もあり一気に試合を決めにかかった天理を見事止めました。
攻撃陣も粘り強く戦い、中盤に天理が突き放すまでは1-3と競った好ゲームに持ち込みました。
潜在能力も高そうなチームですので、天理、智辯学園、さらに今年は選抜に出場している髙田商業などレベルの高い奈良ですが夏も台風の目になる可能性を秘めたチームだと思います。

天理はまだまだ調整中でしょうか。
この記事を書いている時点、すでに準決勝で奈良大附属に8-6で敗れましたが(優勝は智辯学園)、さすが全国クラスのチームらしく潜在能力も高そうなチーム。

ただ今年は全国的にその傾向があるかと思っていますが、どこの強豪チームもやや脆い部分も顔をのぞかせていると感じています。
この試合も流れ的には天理がコールド勝ちを納めて不思議でないと思いましたが、あと一歩を「決め損ねた」ようにも思えました。
天理は間違いなく夏の奈良代表の有力チームの一つだと思いますし、これからしっかりと夏に向けて足りない部分を補っていかれると思いますので、さらなる成長を期待したいと思います。

奈良情報商
010 001 000=2
102 041 00x=8
天理

奈 西本、米田 - 坂井
天 輪島、坂根 - 城下

奈 H7 E3
天 H14 E0

本塁打
天 太田①

【打撃成績】

奈良情報商

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 吉田 遊安打 右飛 中前安打 二飛
4 梅本 三前犠打 左飛 三安打 左飛
5 新谷 遊ゴロ 見逃三振 遊ゴロ
牽制死
遊安打
9 高見 遊ゴロ 投ゴロ 中前安打(1)
牽制死
内野ゴロ
R 升田
8 森田 四球 二ゴロ (坂)内野ゴロ 二ゴロ
7 田村 投前犠打 二ゴロ 中飛 三ゴロ
3 山瀬 投ゴロ 遊ゴロ 遊安打
1 西本 二安打(1) 三ゴロ
1 米田 投ゴロ
2 坂井 空振三振 空振三振 三直

天理

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 宮崎 一ゴロ 中飛 四球 遊ゴロ(1)
二盗
中前安打
二盗
8 杉下 投ゴロ失
二盗
中前安打 右前安打 四球 一ゴロ
6 太田 四球 遊ゴロ失 左越本塁打(1) 右飛 三ゴロ
9 神野 右飛 中前安打 右越三塁打 三ゴロ 四球
R9 橋本 二盗
2 城下 右前安打(1) 中犠飛(1) 右前安打(1) 左前安打 中飛
5 安原 二ゴロ 中前安打(1) 死球 中前安打
後逸(1)
中飛
3 森本 右前安打
捕手牽制死
一ゴロ 右前安打 遊ゴロ 遊飛
4 山口 守備妨害 遊ゴロ (米)空振三振
4 田中 左飛
1 輪島 左飛 三ゴロ 中前安打(1)
1 坂根 空振三振

奈良情報商

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
西本 4 0/3 10 3 0 5 7
米田 5 4 1 2 3 0

天理

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
輪島 6 5 1 3 2 2
坂根 3 2 0 0 0 0