[ 決勝 ] 京都成章 VS 伏見工業・京都工学院

2016年11月13日、第96回全国高等学校ラグビーフットボール大会京都府予選決勝

宝ヶ池球技場

2年前、京都成章と同志社の決勝戦以来に高校ラグビーの観戦しにいきました。 どちらが花園に出場しても、全国ベスト8が期待できる強豪チーム同士の戦いとあって、開門前から熱気も十分。

伏見工業・京都工学院ボールでキックオフ
伏見工業・京都工学院ボールでキックオフ

まずは京都成章が伏見陣内に攻め込み、前半5分、伏見22メートルライン近くで伏見ボールのスクラム。

伏見ボールのスクラム
伏見ボールのスクラム

前半10分にも、京都成章が再度22ラインに入るもノックオンなどでチャンスを生かせず、成章がやや押し気味ながらも両チーム無得点で前半が過ぎていきましたが、前半18分すぎ、伏見工業・京都工学院、木村選手が抜け出し先制トライ。

伏見先制の場面
伏見先制の場面

奥村選手がゴールも決め7-0とリードします。

ゴールを決めた奥村選手
ゴールを決めた奥村選手

しかし前半終了付近は再び伏見陣内での攻防が続きます。
前半27分には、伏見ゴールライン付近で京都成章がノットリリースザボールでチャンスを逃したと思いましたが、直後、終了間際に末廣選手がトライ!

末廣選手がトライ
末廣選手がトライ

さらに押川選手がゴールを決めて7-7に追いついき前半を終えます。

押川選手の同点ゴール
押川選手の同点ゴール

後半に入っても京都成章が伏見陣内で試合を進めます。
後半6分頃、再び末廣選手がトライを決め(ゴール失敗)、12-7と成章がこの試合初めてリードします。

末廣選手がトライ
末廣選手がトライ

しかし直後の後半9分、伏見工業・京都工学院が成章22メートルライン付近に攻め込みます。

伏見ボールのスクラム
伏見ボールのスクラム

後半11分には木村選手が同点トライを決め12-12に追いつきます。
(ゴールは失敗)

木村選手が同点のトライ
木村選手が同点のトライ

しかし後半15分に京都成章、笹岡選手がトライを決め、再び17-12とリードします。

笹岡選手が勝ち越しのトライ
笹岡選手が勝ち越しのトライ

さらにノーサイドも迫った後半25分。
伏見ゴール前まで京都成章が攻め込みます。

伏見陣内に攻め込む京都成章
伏見陣内に攻め込む京都成章

後半27分に、耐え切れず伏見ハンドでPGを京都成章が得ます。
これを確実に決めて20-12と試合を決定づける点差に広がります。

京都成章がPGを成功
京都成章がPGを成功

しかし伏見工業・京都工学院も諦めず、ロスタイム2分に高山選手がトライを決め17-20と迫ったところでノーサイド。
2年ぶり8回目の優勝と、昨年は特別枠で出場(ベスト8)していますので、3年連続9回目の花園出場を決めました。

高山選手が意地のトライ
高山選手が意地のトライ

全国大会でもBシードに選ばれた京都成章。
悲願のファイナル進出と、全国制覇を期待しています!

そして伏見工業の名前はこれがラストになりますが、伏見工業・京都工学院も、伝統の赤のユニフォームをまた花園で見せて欲しいと思います。
最後まで素晴らしいナイスゲームでした。

優勝旗授与
優勝旗授与

スポンサードリンク