[ 決勝 ] 東山 VS 京都翔英

2016年10月9日、秋季京都大会決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

スターティングメンバー

京都翔英

9 新田広
7 田中
6 阿部
2 川本
7 新田大
3 岡田
5 大谷
4 瓜田
1 高田

東山

3 田中
8 宮口
9 増田
5 長谷川
7 高倉
6 村井
2 大杉
1 小山
4 木村

22年ぶりの優勝を目指す東山。

この秋、目だった東山試合前の「儀式」
この秋、目だった東山試合前の「儀式」

4年ぶりの優勝。
さらには2016年の春、夏、秋と3シーズン連続での京都チャンピオンを目指す京都翔英の決勝戦。

いつもと異なり、試合前に円陣組む翔英ナイン
いつもと異なり、試合前に円陣組む翔英ナイン

まず守る東山は1年生右腕・背番号10の小山投手が先発します。

東山先発の小山投手
東山先発の小山投手

1回表の京都翔英。

2死走者無しから、 阿部選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く川本選手もライト前ヒットを放ちますが、阿部選手が三塁を狙いタッチアウト。
チャンスを広げることができません。

替わって守りにつく京都翔英は、背番号11。
右横手投げの高田投手が先発。

京都翔英先発の高田投手
京都翔英先発の高田投手

1回裏の東山の攻撃は三者凡退と、高田投手、上々の立ち上がりを見せます。

2回表も京都翔英は先頭、5番・新田大選手のセンター前ヒットなど、2本のヒットが出ますが、攻撃がちぐはぐで無得点に終わります。

すると直後の2回裏の東山。

先頭・4番の長谷川選手が四球で出塁すると、連続内野ゴロで3塁まで進み、2死13塁と先制のチャンスを広げますが、8番・小山選手がライトフライに倒れ無得点に終わります。

3塁へ進塁した長谷川選手
3塁へ進塁した長谷川選手 

東山は4回、5回もチャンスを作りますが、あと一本が出ずに無得点。
対する京都翔英は、3回、4回、5回は無安打と、東山の小山投手に上手くかわされたまま、両チーム無得点で前半の5回を終了します。

6回裏の東山の攻撃から、京都翔英は2番手に背番号10、左腕の坂田投手を送ります。

翔英2番手の坂田投手
翔英2番手の坂田投手 

代わり端、先頭3番・増田選手がセンター前ヒットを放つと、犠打と内野ゴロで2死3塁としますが、村井選手がサードゴロに倒れ、東山またもチャンスを生かすことができません。

3塁まで進んだ増田選手
3塁まで進んだ増田選手

好投を続ける、東山の小山投手でしたが、7回表・ 京都翔英、1死走者無しから、5番・新田大選手に投手強襲ゴロで、一時ベンチに下がり治療を受けますが、7回を投げきり被安打5、与四死球1つ、無失点と素晴らしい投球内容を見せてくれます。

依然0-0のまま迎えた7回裏・東山。

2死走者無しから9番・木村選手が死球で出塁すると、1番・田中選手が劇的なレフトオーバーの本塁打を放ち2点を先します。

先制ホームランの田中選手
先制ホームランの田中選手

8回表の京都翔英の攻撃から、東山はエース金和投手へ継投。

代わり端、三者凡退に抑えます。

東山エースの金和投手
東山エースの金和投手

対する翔英も、8回裏からエース内橋投手が登板し、三者凡退と2-0のまま、最終回の京都翔英の攻撃を迎えます。

翔英エースの内橋投手
翔英エースの内橋投手

9回表の京都翔英。

先頭2番・田中選手がセンター前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の翔英、田中選手
ヒットで出塁の翔英、田中選手

この場面で、東山はマウンドで円陣を組み、気合を入れ直します。

東山マウンドで円陣
東山マウンドで円陣

2死から5番・新田大選手がライト前へヒットを放ち、12塁と同点のランナーを出しますが、翔英の攻撃はここまで。
最後は岡田選手がセンターフライに終わり無得点に終わり試合終了。

東山が22年部ぶり9回目の優勝を飾りました。

優勝が決まり、歓喜にわく東山ナイン
優勝が決まり、歓喜にわく東山ナイン

田中選手の一振りで投手戦になった決勝戦は幕を閉じました。
前チームの原投手、主砲・安田選手のような投打の絶対的な軸があったチームではなかったと思いますが、チーム力の高さが際立った東山が久しぶりに京都の頂点に立ちました。

1年生の小山投手も、序盤こそ翔英打線に捉えられていましたが、3回以降はほぼ完璧な投球内容。
奪三振0ですが、完全に翔英打線が打たされていました。

そして京都翔英。
夏の甲子園に出場したため、新チーム結成が遅れましたが、甲子園経験メンバーも残り相変わらず高いチーム力、打撃力を見せてくれました。

この後、両チームとも、それぞれ兵庫2位の報徳学園、奈良1位の智辯学園に近畿大会初戦で敗れたため、来春センバツはほぼ絶望となりましたが、まだまだ伸びしろのあるチームだと思いますので、厳しい冬を乗り切り、さらにパワーアップした姿を両チームとも来春に見れることを期待しています。

京都翔英
000 000 000=0
000 000 20x=2
東山

翔 高田、坂田、内橋 - 川本
東 小山、金和 - 大杉

翔 H7 E2
東 H7 E0

本塁打
東 田中②

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 新田広 一直 右飛 中飛 右飛
7 田中 右飛 四球 中飛 中前安打
6 阿部 中前安打 一ゴロ 中飛 空振三振
2 川本 右前安打 二飛 二ゴロ 中飛
7 新田大 中前安打 二ゴロ 投ゴロ 右前安打
3 岡田 二ゴロ併殺打 二ゴロ 右前安打 中飛
5 大谷 左前安打 遊ゴロ 投飛
4 瓜田 遊直 遊飛 (金)三振
1 高田 右飛
H 野口 左飛
1 坂田
H 林ヶ谷 遊飛
1 内橋

東山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
3 田中 三ゴロ 中前安打
二盗
左前安打 左越本塁打(2)
8 宮口 三邪飛 見逃三振 遊ゴロ 捕ゴロ
9 増田 中飛 左飛 中前安打 (内)二ゴロ
5 長谷川 四球 左前安打 投前犠打 二ゴロ失
7 高倉 二ゴロ 捕ゴロ併殺打 遊ゴロ 遊ゴロ併殺打
6 村井 二ゴロ 左前安打 三ゴロ
2 大杉 死球 牽制悪送球
空振三振
左飛
1 小山 右飛 (坂)一ゴロ
H 大西 空振三振
1 金和
4 木村 三飛 右前安打 死球


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高田 4 3 2 2 0 0
坂田 4 4 1 1 2 2
内橋 1 0 0 0 0 0

東山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小山 7 5 1 0 0 0
金和 2 2 0 2 0 0

スポンサードリンク