[ 準々決勝 ] 京都翔英 VS 北嵯峨

2016年10月2日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

7 新田広
9 田中
6 阿部→1
2 川本
8 新田大
3 岡田
5 大谷
4 松本→H宮川→4 瓜田
1 内橋→H林ヶ谷→1 高田→1 坂田→6 山本

北嵯峨

9 尾崎
6 小西
1 浅田→3→1
2 細辻
3 佐藤→1 延廣→7 西村直
8 俣野
4 大槻
5 中嶋
7 服部→1→3 高橋

昨秋に続く秋季大会連続ベスト4入りを目指す京都翔英に、名門復活を目指す公立の北嵯峨の戦い。
まず守る北嵯峨はエース浅田投手が先発します。

北嵯峨エース浅田投手
北嵯峨エース浅田投手

1回表の京都翔英。

先頭・ 新田広選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く 田中選手もセンター前へ連打。
阿部選手はストレートの四球を選び無死満塁とすると、4番・川本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち、先制します。

川本選手の先制タイムリーヒット
川本選手の先制タイムリーヒット
田中選手が2点目のホームイン
田中選手が2点目のホームイン

さらに新田大選手のファーストゴロが敵失を誘い無死満塁とすると、6番・岡田選手がライト前ヒットで1点を追加し、3-0なお満塁となったところで北嵯峨は、背番号11の延廣投手へ継投。
浅田選手はファーストへ回ります。

北嵯峨2番手の延廣投手
北嵯峨2番手の延廣投手
岡田選手のタイムリーヒット
岡田選手のタイムリーヒット

代わり端7番・大谷選手を投手ゴロ併殺打に打ち取り、2死23塁としますが、続く・ 松本選手がレフト前へ2点タイムリーヒットを放ち、1回表を終わり5-0と京都翔英が大量リードを取ります。

京都翔英、初回に一気に5点目のホームイン
京都翔英、初回に一気に5点目のホームイン

代わって守備につく京都翔英はエース右腕、内橋投手が先発。

京都翔英エースの内橋投手
京都翔英エースの内橋投手

1回裏の北嵯峨の攻撃を三者凡退と、内橋投手上々の立ち上がりを見せます。

2回表も 京都翔英は先頭1番・新田広選手がライト前ヒットで出塁すると犠打と外野フライで2死3塁とすると、先制タイムリーヒットを放った主砲・川本選手がライト前へ弾き返し、1点を追加。
6-0と大きくリードを広げます。

川本選手のタイムリーヒット
川本選手のタイムリーヒット

対する北嵯峨は直後の2回裏。

先頭4番の細辻選手がライト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とします。

チーム発案だの細辻選手
チーム発案だの細辻選手

このチャンスで7番・大槻選手がセンター前ヒットを放ち、北嵯峨まず1点を返します。

タイムリーヒットの大槻選手
タイムリーヒットの大槻選手

さらに中嶋選手もセンター前ヒットで繋ぐと、9番・服部選手がセンター前へヒット。
この打球処理を翔英・新田大選手の処理が遅れた間に大槻選手がホームに戻り2点目。
2回を終わり2-6と、翔英のリードは4点と変わります。

服部選手のタイムリーヒット
服部選手のタイムリーヒット
大槻選手が2点目のホームイン
大槻選手が2点目のホームイン

序盤から激しく点の奪い合いになってきたこの試合。
3回表も京都翔英は1死から7番・大谷選手がショートへの内野安打で出塁すると、盗塁と外野フライで2死3塁とします。

ここで早くも先発の内橋投手に、背番号19の林ヶ谷選手が代打。
延廣投手が痛恨のボークを宣告され7点目が入ります。
(林ヶ谷選手はライトオーバーの二塁打)

ボークで大谷選手がホームイン
ボークで大谷選手がホームイン

3回裏の北嵯峨の攻撃から、翔英は背番号11の高田投手へ継投します。

翔英2番手の高田投手
翔英2番手の高田投手

代わり端、2死走者無しから、4番・細辻選手、5番・延廣選手にセンター前へ連打を浴び12塁とピンチを背負いますが、ここは俣野選手がいい当たりながらも、ショートライナーに倒れ、北嵯峨は無得点に終わります。

俣野選手の打球はショートライナー
俣野選手の打球はショートライナー

しかし北嵯峨は4回裏。

先頭7番・大槻選手がセンター前ヒットで出塁すると、パスボールと犠打で1死3塁のチャンスを作ります。
ここで9番服部選手はライトへの犠牲フライを放ち1点を追加。
3-7とします。

服部選手がライトへの犠牲フライ
服部選手がライトへの犠牲フライ

この後、5回は両チームとも1点づつを追加し合い、8-4で京都翔英がリードして前半5回を終了します。

グラウンド整備明けの6回表の京都翔英。

先頭2番・田中選手がライト線へ二塁打で出塁すると、北嵯峨は背番号10、レフトを守っていた服部投手が3番手のマウンドにあがります。

北嵯峨3番手の服部投手
北嵯峨3番手の服部投手

翔英は代わり端、阿部選手がライト前へ運び無死13塁とすると、当たっている主砲・川本選手がライトオーバーの二塁打で1点を追加、9-4とリードを広げます。

川本選手がタイムリー2塁打
川本選手がタイムリー2塁打

しかし、その後の大ピンチは凌いだ格好の北嵯峨は、直後の6回裏。

先頭8番・中嶋選手が四球で出塁。

ここで翔英は背番号10の坂田投手へ継投します。

翔英3番手の坂田投手
翔英3番手の坂田投手

服部選手が四球で繋ぐと、1番・尾崎選手はレフト前ヒットを放ち無死満塁とします。

3塁へ進む中嶋選手
3塁へ進む中嶋選手

ここで小西選手がスクイズを決め、まずは1点を返し、さらに1死23塁とします。

小西選手のスクイズ
小西選手のスクイズ

さらに浅田選手のセカンドゴロが敵失を誘い1点を追加。
6-9と3点差に迫り、続く細辻選手が四球で繋ぎ1死満塁となったところで、翔英は4番手にショートの阿部選手をマウンドへ送ります。

服部選手が6点目のホームイン
服部選手が6点目のホームイン
翔英4番手の阿部投手
翔英4番手の阿部投手

代わり端、途中出場の5番・西村直選手のショートゴロの間にさらに1点。
この回3点目となり7-9と2点差にまで迫っていきます。

尾崎選手が7点目のホームイン
尾崎選手が7点目のホームイン

しかし京都翔英も負けてはいません。
直後の7回表。

1死走者無しから、1番・新田広選手が四球で出塁すると、田中選手、阿部選手とレフト前へ連打で1死満塁とすると、川本選手がフルカウントから押し出し四球を選び1点を追加。
10-7とします。

川本選手が押し出しの四球を選ぶ
川本選手が押し出しの四球を選ぶ

さらに続く新田大選手がレフトへ犠牲フライを放ち、11-7とすると、続く6番・岡田選手がレフトオーバーの二塁打を放ち12-7と再度5点のリードとします。

岡田選手がタイムリー二塁打
岡田選手がタイムリー二塁打

5点差のまま迎えた9回表、京都翔英は先頭4番・川本選手がライト前ヒットで出塁すると、1死後、岡田選手がライト前ヒット。
さらに大谷選手がファーストへ犠打を試みますが、これが内野安打となって1死満塁となります。

ここで途中出場の8番・瓜田選手がライトへの犠牲フライを放ち1点を追加するとさらに敬遠四球などで2死満塁と攻めます。

ここで1番・新田広選手は押し出し四球えを選び1点を追加。
さらに2番・田中選手もセンター前へタイムリーヒットを放ち2者生還。
この回一気に4点とって16-7安打となったところで、北嵯峨は再度エース浅田投手を4番手のマウンドへ送ります。

田中選手が2点タイムリーヒット
田中選手が2点タイムリーヒット

壮絶な打撃戦となったこの試合でしたが、9回裏の北嵯峨は三者凡退に終わり16-7で京都翔英が勝ち、2年連続で秋の大会ベスト4進出が決まりました。

両チーム合せて35安打を打ち合いましたが、まず勝った翔英。
前戦の京都学園戦で感じたとおり、打撃力は夏のチームにヒケを取らないレベルだと思います。

課題は投手力。
恐らくこのチームは最後が阿部投手に任せるのが勝ちパターンになってくるのでしょうが、そこまで内橋投手らがしっかりと繋いでいけるか。
ここはこの秋季期間中はさずがに厳しいと思いますので、冬から春にかけての成長に期待したいところです。

対する北嵯峨。
「イケイケ」のムードが出てくると、「格上」のチーム相手でも、むしろ飲み込んでしまうような雰囲気が出てくるのは、2013年、春準優勝で、夏ベスト8だった頃のチームにも似たようなものを感じます。

課題はこちらも投手力を中心としたディフェンス面。
冬を越えて、浅田投手が一回りスケールアップしてくると、このチーム、なかなか面白い存在になってきそうな予感を感じた、この秋の飛躍だったと思います。

京都翔英
511 011 304=16
020 113 000=7
北嵯峨

翔 内橋、高田、坂田、阿部 - 川本
北 浅田、延廣、服部、浅田 - 細辻

翔 H24 E3
北 H11 E1

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席 第七打席
7 新田広 中前安打 右前安打 三邪飛 空振三振 四球 三前犠打 四球(1)
9 田中 中前安打 三前犠打 中飛 右線二塁打 左前安打 捕飛 中前安打(2)
61 阿部 四球 右邪飛 右前安打 (服)右前安打 左前安打 二飛 (浅)遊直
2 川本 中前安打(2) 右前安打(1) 二飛 右越二塁打(1) 四球(1) 右前安打
8 新田大 一ゴロ失 遊ゴロ 左前安打 敬遠四球 左犠飛(1) 遊邪飛
3 岡田 右前安打(1) 二ゴロ 見逃三振 右飛 左越二塁打(1) 右前安打
5 大谷 (延)投ゴロ併殺打 遊安打
二盗
中二塁打 右前安打 四球 一安打
二盗
4 松本 左前安打(2) 中飛 投前犠打 右飛
H 宮川 見逃三振
4 瓜田 右犠飛(1)
1 内橋 見逃三振
H 林ヶ谷 ボーク(1)
右越二塁打
1 高田 投前スクイズ(1)
1 坂田
6 山本 三邪飛 中前安打 四球

北嵯峨

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 尾崎 一ゴロ 三ゴロ 遊安打 左前安打 二ゴロ
6 小西 遊ゴロ (高)二ゴロ 三ゴロ 投前スクイズ(1) 遊飛
131 浅田 左飛 空振三振 三ゴロ失 二ゴロ失(1) 遊飛
2 細辻 右前安打 中前安打 左線二塁打 四球 空振三振
3 佐藤
1 延廣 投前犠打 中前安打 遊ゴロ(1)
7 西村直 (阿)遊ゴロ(1) 遊ゴロ
8 俣野 二ゴロ 遊直 三振
(スリーバント失敗)
一邪飛 遊飛
4 大槻 中前安打(1) 中前安打 空振三振 投ゴロ 一ゴロ
5 中嶋 中前安打 パスボール
三前犠打
四球 左飛
71 服部 中前安打(1) 右犠飛(1) (坂)四球 右二塁打
3 高橋


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 2 4 0 0 2 2
高田 3 0/3 5 1 3 2 3
坂田 1 /3 1 2 0 2 2
阿部 3 2/3 1 0 1 1 0

北嵯峨

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
浅田 0/3 4 1 0 3 4
延廣 5 1/3 9 0 3 5 4
服部 3 1/3 11 6 1 8 7
浅田 1/3 0 0 0 0 0

スポンサードリンク