[ 一次戦 ] 京都廣学館 VS 京都教育大附

2016年8月27日、秋季京都大会一次戦Aゾーン一回戦

立命館宇治グラウンド

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

2016年度のチームは、秋は二次戦進出。
春夏はベスト8と京都高校球界の中心に常にいた京都廣学館と、わずが9名での新チーム発足となった京都教育大附のそれぞれ、新チームの公式戦初試合。

まず守る廣学館、夏の主力メンバーが多く抜け、本当に新しいチームになりました。
エースナンバーをつけるのは右の山脇投手。

京都廣学館エース右腕
京都廣学館エース山脇投手

1回表、京都教育大附の攻撃を打たせて取るぴピッチングで三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せます。

対する京都教育大附も夏の主力が抜けて、新しいチームに代わりました。
先発はエースナンバーの村上投手。

京都教育大附のエース右腕
京都教育大附のエース村上投手

1回裏の京都廣学館。
1死後、2番の背番号2の選手が四球で出塁。
2死後、4番、5番打者もそれぞれ四球で満塁となり、続く背番号9の選手も押し出しの四球で1点を先制します。

さらに背番号4の選手がライト前に2点タイムリーヒットを放ち、1回は1安打で3点をリードします。

2点タイムリーヒットの背番号4の選手(右側)
2点タイムリーヒットの背番号4の選手(右側)

京都廣学館は続く2回裏も1死から、2番の背番号2の選手のサードゴロエラーで出塁すると連続四球で満塁とし、5番を打つ背番号5の選手の、やや止めたバットに当たったような打球がレフト前へ抜けるタイムリーヒットとなり5-0とリードをさらに広げます。

2点タイムリーヒットの背番号5
2点タイムリーヒットの背番号5

このあと、続く背番号9の選手が四球で繋ぎ、またも1死満塁とすると、7番を打つ背番号4の選手がレフトオーバーの走者一掃のタイムリー三塁打で8-0とさらにリードを広げます。

廣学館8点目のホームイン
廣学館8点目のホームイン
走者一掃のタイムリー3塁打を放った背番号4
走者一掃のタイムリー3塁打を放った背番号4

この後、さらにパスボールや教育大附のエラーなどで3点を追加し、2回を終えて、廣学館は11-0と大きくリードを広げます。

ここまで見所を作れなかった教育大附は、3回表。
先頭の8番の背番号9の選手が右中間へ、チーム初安打となる3塁打を放ち、チャンスを作ります。

3塁打の背番号9
3塁打の背番号9

ここまで廣学館のエース右腕も、教育大附打線に「バットには当てられる」内容でしたが、ここでギアを上げたか、力のあるストレートを見せ始め続く背番号7、4の選手を連続三振。
背番号5の選手には死球を出しますが、背番号3の選手を空振り三振で、教育大附はチャンスを生かすことができません。

京都教育大附は3回裏から、背番号4の橋本選手が2番手のマウンドへ。
9人で戦う教育大附ですので、先発・村上選手もベンチには下がりませんが、どのポジションへ移ったかた確認できません。

教育大附、2番手の背番号4
教育大附、2番手の橋本投手

3回裏の廣学館は2死走者なしから、8番の背番号1の選手が四球で出塁、続く代打の背番号19の選手がレフト前ヒットで13塁とすると、1番の背番号8の選手もレフト前ヒットで12点差となります。

タイムリーヒットの背番号8の選手
タイムリーヒットの背番号8の選手

続く背番号2の選手が四球で繋ぎ、2死満塁とすると、3番の背番号6の選手がライト前ヒットで2点を追加し14-0とします。

2点タイムリーヒットの背番号6
2点タイムリーヒットの背番号6

京都廣学館は4回裏も、この回先頭の背番号17の選手が死球で出塁すると、代走の背番号16の選手が二盗を決めると、7番の背番号4の選手がこの試合6打点目となるタイムリーヒットを右中間へ運び、15-0とします。

廣学館、背番号4の選手が右中間へタイムリー二塁打
廣学館、背番号4の選手が右中間へタイムリー二塁打

6点以上をあげないとコールドゲームが成立する5回表の京都教育大附の攻撃は2死走者無しから1番、背番号4の選手が四球で出塁すると、続く背番号5の選手がセンター前ヒットで2死12塁とチャンスを作ります。

センター前ヒットの背番号5の選手
センター前ヒットの背番号5の選手

しかし、教育大附の反撃もここまで。
最後は背番号3の選手が見逃し三振に倒れ試合終了。

新チーム初の公式戦は、廣学館が5回コールド勝ちのスタートを切りました。

スコアだけを見れば、新チームの廣学館も前チームに劣らずの実力派を見せ付けた格好ですが、この試合は、京都教育大附の「自滅」と言った言葉が合っているかもしれません。

二人の投手で14の四死球。
手元で数えたエラーも2つを数えましたが、ヒットとなった当たりも「取れたのでは?」と思える当たりがいくつかありました。

まだまだこの時期はどこもチームの成熟度は「まだまだ」といったところ。
教育大附もこれからのチームだと思います。

一方勝った廣学館。
思えば昨年のこの時期も、まだまだチームは未完成だった記憶があります。

新チームの山脇投手も、恐らく夏は少なくとも投手登録はされていなかったと思いますが、鹽見、岩倉投手のように決めにくるストレートは力があり、この試合も初安打を放たれてからは、力で三振を量産し始めました。

まだまだ新チームの実力を見極めることは難しいですが、新チームも潜在能力は高いものを持っていることは随所に見えたゲームでした。

両チーム、今後の成長に期待をしたいと思います。

京都教育大附
000 00=0
383 1x=15
京都廣学館

廣学館が5回コールド勝ち

教 村上、橋本 - 西村
廣 山脇 - 松尾

教 H2 E1
廣 H9 E0

IMG_1188

【打撃成績】

京都教育大附

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
4橋本 右飛 空振三振 四球
背番号5 遊直 死球 中前安打
背番号3 遊ゴロ 空振三振 見逃三振
1村上 左飛 遊ゴロ
背番号6 中飛 Gルールアウト
2西村 四球 空振三振
背番号8 一ゴロ 空振三振
背番号9 右中間三塁打 三ゴロ
背番号7 見逃三振 二ゴロ

京都廣学館

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
背番号8 左飛 中飛 四球 左前安打(1) 投ゴロ
背番号2 四球 三ゴロ失 三ゴロ失(2) 四球
背番号6 投ゴロ 四球 左前安打 右前安打(2)
背番号3 四球 パスボール
四球
死球 四球
背番号5 四球 左前安打(2) 二ゴロ Gルールアウト
背番号9 四球(1) 四球 (4)Gルールアウト
背番号17   死球
背番号16 代走:二盗
背番号4 右前安打(2)
二盗
左越三塁打(3) 中飛 右中間二塁打(1)
背番号1 四球 パスボール(1)
遊安打
四球 投ゴロ
背番号7 遊ゴロ Gルールアウト
背番号19 左前安打
背番号10 左飛


【投手成績】

京都教育大附

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
村上 2 5 10 0 11 8
橋本 2 4 4 0 4 4

京都廣学館

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
山脇 5 2 2 6 0 0