甲子園

[ 一回戦 ] 富山第一 VS 中越

2016年8月11日、第98回全国高等学校野球選手権一回戦

阪神甲子園球場

【スタメン】
※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません
※大会主催者より球場の写真を掲載することを禁止されていますので写真はありません

中越(新潟)

6 斉藤隆
8 大越
9 坂井
3 西山
7 串田
5 坂上
1 今村
4 岡田
2 広川

富山第一(富山)

8 宝達
6 佐々木
4 岩城
2 狭間
5 河原
9 山下
3 松井
7 谷口
1 中津原

2年連続10回目の新潟代表・中越(春は未出場)と、3年前の第95回大会で県勢40年ぶりの夏甲子園でベスト8に進出し、今回が2度目(同じく春は未出場)の富山第一の、北信越勢同士による初戦となりました。

まず守る富山第一はエース右腕、中津原投手。
130キロ台後半のストレートを持つ本格派です。

1回表の中越、1死後、2番大越選手のレフト前への低い飛球を、富山第一、谷口選手が頭から飛び込むも、捕球しきれずに二塁打となります。
しかし、いきなり迎えた先制のチャンスでしたが、クリーンアップの坂井選手、西山選手が続けて見逃し三振に倒れ、無得点に終わります。

次に守る中越。先発はエース左腕の今村投手。
ストレートのMAXは130に届くかといったあたりですが、キレのいい変化球を主体に、打たせてとる技巧派の投手です。

1回浦の富山第一は、3人とも内野ゴロに倒れ、無得点。
中越今村投手は持ち味を発揮し、上々の立ち上がりを見せます。

2回表も中越は2死から7番・今村選手がショート内野安打で出塁しますが、盗塁失敗で結果三人で攻撃を終えます。

その裏、富山第一は先頭4番・狭間選手がセカンドゴロエラーで出塁すると、犠打でセカンドへ進みますが、後続が続かずに無得点に終わります。

この後、両投手がそれぞれ持ち味を発揮し、前半5回を富山第一・中津原投手は被安打2、中越・今村投手はノーヒットピッチングの快投で、0-0のままで後半へ移ります。

グラウンド整備明けた6回表の中越。
先頭8番の岡田選手がレフト前ヒットで出塁します。

このタイミングで富山第一内野陣は一度マウンドに集まった後、広川選手の犠打、さらに斉藤選手のセカンドゴロの間に走者3塁へ進みます。

先制の絶好のチャンスでしたが、大越選手は1ボール2ストライクから、131キロの内角のストレートに見逃し三振!
中越は無得点に終わります。

富山第一は直後の6回裏、2死から9番・中津原選手には、背番号13の本瀬選手が代打(結果セカンドゴロ)コールされ、7回表から背番号10の森圭名投手がマウンドへ上がります。

森投手も130キロ台後半(確認していた中ではMAX139 キロ)の力のあるストレートを武器に、7回表、1死から4番・西山選手に、その力ある138キロのストレートをレフト前に運ばれますが、2三振を奪う力投で、中越の攻撃を無失点に抑えます。

依然、無安打が続く富山第一は8回裏。
1死後、7番松井選手のセカンドゴロ失策で走者を出すと、続く谷口選手が四球で1死12塁と得点圏にランナーを出します。

2死となって1番の宝達選手も四球で2死満塁。
無安打の状況続くも、今村投手もややストライクとボールがはっきりしてくるようになり、緊迫の場面を迎えます。

ここで2番佐々木選手はカウント、1ボール1ストライクから、強烈なセンター返し!かと思いましたが、今村投手、バランスをやや崩しながらもこの打球を好捕。
富山第一は絶好の先制のチャンスを逃します。

しかし、ノーヒットノーラン続く状況ながらも、やや流れは富山第一か。
9回表の中越の攻撃を三人で仕留めると、直後の9回裏。

1死後、4番・狭間選手がセンターオーバーの二塁打を放ち、遂にチーム初安打を放つと、続く河原選手が3ボール1ストライクから、左中間を破るヒットを放ち、劇的なサヨナラ勝ち。

9回1死までノーヒットノーランの快投を見せていた今村投手は、熱投報われず敗戦投手となってしまいました。

この試合、タイプの全く異なる投手同士でしたが、本当に一球一球目を離せない見事な投手戦。
試合終了時には両チームに温かい拍手が鳴り止まない好ゲームでした。

結果論としていえば、中越は8回の攻撃。
無死から坂上選手のヒットで無死1塁と攻めながらも、三振ゲッツーと最悪の結果に終わってしまったことが悔やまれます。
ここで、送って1死2塁で勝負に出れなかったのかと・・・

しかしこの場面も、森投手がカウント3ボール2ストライク。
一球が持つ意味が非常に大きな場面で、最高の結果を残した精神力も素晴らしいものがありました。

そして最終回にノーヒットノーランに抑えられていながらも、1死から連続長打で試合を決めた野手陣の粘りも見事でした。

2016年夏、地方大会から何試合か観てきましたが、通しても印象に残る素晴らしい試合でした。

中越
000 000 000=0
000 000 001x=1
富山第一

中 今村 - 広川
富 中津原、森圭名 - 狭間

中 H5 E2
冨 H2 E0

【打撃成績】

中越

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 斉藤隆 中飛 三邪飛 二ゴロ 一飛
8 大越 左二塁打 遊ゴロ 見逃三振 右飛
9 坂井 見逃三振 中飛 (森)見逃三振
3 西山 見逃三振 空振三振 左前安打
二盗死
7 串田 遊ゴロ 遊ゴロ 空振三振
7 斉藤海
5 坂上 二ゴロ 二ゴロ 左前安打
二盗死
1 今村 遊安打
二盗死
二ゴロ 空振三振
4 岡田 二ゴロ 左前安打 見逃三振
2 広川 一ゴロ 一犠打 左飛

富山第一

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 宝達 投ゴロ 一ゴロ 左飛 四球
6 佐々木 三ゴロ 一ゴロ 三ゴロ 投直
4 岩城 遊ゴロ 四球
牽制死
四球
二盗
中飛
2 狭間 二ゴロ失
三盗死
捕飛 四球 中越二塁打
5 河原 捕犠打 二ゴロ 左飛 左中間二塁打(1)
9 山下 空振三振 一ゴロ 見逃三振
3 松井 中飛 空振三振 二ゴロ失
7 谷口 二ゴロ 二ゴロ 四球
1 中津原 見逃三振
H 本瀬 二ゴロ
1 森圭名 一飛


【投手成績】

中越

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
今村 8 1/3 2 5 4 1 1

富山第一

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
中津原 6 3 0 4 0 0
森圭名 3 2 0 4 0 0

スポンサードリンク