[ 三回戦 ] 塔南 VS 京都成章

2016年7月16日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都成章

8 池田
4 佐田
5 井上
7 川岸
3 茂木
9 坂矢
2 村田
6 椎原
1 佐藤

塔南

8 平塚
6 深田
7 島野修
5 波多野
1 築山
9 尾崎
2 中澤
3 藤林
4 谷口

塔南の奥本監督と言えば、1998年の第80回全国高等学校野球選手権大会に京都成章を率い、あの有名な横浜・松阪大輔投手との甲子園での決勝を戦った監督。

この試合は、かつて自らが手塩にかけたチームと雌雄を決する戦いになりました。

まず守る塔南は、今大会話題のWエース、背番号10の築山投手。

塔南先発の築山投手
塔南先発の築山投手

1回表、京都成章は2死走者無しから、3番井上選手が右中間を破る二塁打で出塁します。

二塁打を放った成章・井上選手
二塁打を放った成章・井上選手

先制のチャンスで迎えるは、2年生ながら主砲の川岸選手。
思い切って振り切った打球はレフトスタンドへ一直線。
成章が2点を先制し攻撃を終えます。

先制ツーランホームランを放った川岸選手
先制ツーランホームランを放った川岸選手

2点を先制した成章の先発は背番号10の左腕・佐藤投手。

京都成章先発の佐藤投手
京都成章先発の佐藤投手

1回裏の塔南は簡単に3人で攻撃を終了し、佐藤投手、上々の立ち上がりを見せます。

しかし春季大会準優勝の実力校・塔南は2回裏、先頭4番の波多野選手がショートへの内野安打で出塁すると、続く5番築山選手のライト前ヒットで無死23塁。さらに尾崎が死球で無死満塁のチャンスを作ります。

ここで7番中澤選手がレフト前にヒットを放ちまず1点を返し、なお無死満塁とチャンスが続きます。

レフト前タイムリーヒットを放つ中澤選手
レフト前タイムリーヒットを放つ中澤選手

この後1死満塁となりますが、9番谷口選手が押し出しの死球で2-2の同点に追いつきます。

築山選手が同点のホームイン
築山選手が同点のホームイン

さらに2死となるも、2番深田選手がフルカウントから押し出しの四球を選び、3-2と逆転に成功します。

尾崎選手が勝ち越しのホームイン
尾崎選手が勝ち越しのホームイン

逆転された京都成章は直後の3回表に反撃に転じます。

先頭の1番池田選手がサードへのセーフティバントを成功させ、さらに塔南波多野選手の暴投で2塁へ進塁すると、1死後3番の井上選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-2の同点に追いつきます。

京都成章、池田選手が同点のホームイン
京都成章、池田選手が同点のホームイン

さらに川岸が四球を選び、続く5番茂木も四球でつなぐと1死満塁と大チャンスを作ります。

ここで6番坂矢選手がレフト前ヒットを放ち4-3と逆転に成功、さらに続く村田選手が投手前スクイズを成功させ5-3とし尚2死23塁とチャンスが続きます。

勝ち越しタイムリーヒットの坂矢選手
勝ち越しタイムリーヒットの坂矢選手

この場面で8番椎原選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち7-3と京都成章が一気に突き放しにかかります。

2点タイムリーヒットの椎原選手
2点タイムリーヒットの椎原選手

しかし塔南も直後の3回裏、先頭4番の波多野選手がライト前ヒットで出塁すると、築山選手のセンターオーバーの二塁打で1点を返し4-7と成章に食らいついていきます。

タイムリー2塁打の築山選手
タイムリー2塁打の築山選手

4回表から塔南はエース西原投手に継投。
築山選手はレフトの守備位置に移ります。

塔南エースの西原投手
塔南エースの西原投手

代わり端の4回表、京都成章は打順良く1番からの攻撃。
1死後、2番佐田選手がレフトオーバーの二塁打で出塁すると、当たっている3番井上選手のライト前ヒットで1死13塁とチャンスを拡大します。

3塁へ進む成章、佐田選手
3塁へ進む成章、佐田選手

このチャンスで迎えるのは、先制ホームランを放った川岸選手。
次は逆らわず右方向に放った打球はライトへの犠牲フライとなり、佐田選手が還り8-4と成章が、食い下がる塔南を再び突き放します。

成章川岸選手のライトへの犠牲フライ
成章川岸選手のライトへの犠牲フライ

5回表も京都成章はノーヒットで2死23塁のチャンスを作りますが、9番佐藤選手が見逃しの三振に倒れ追加点はなりません。

すると直後の5回裏の塔南、先頭2番の深田選手がショートへの内野安打で出塁、2死後、5番築山選手が左中間二塁打を放ち、深田選手がホームイン。5-8と3点差に詰めたところで前半の5回を終了します。

平塚選手が塔南5点目のホームイン
平塚選手が塔南5点目のホームイン

序盤から得点の取り合いになっていたこの試合。
グラウンド整備明けはようやく、両投手が落ち着き始め一転してこう着状態のまま、終盤を迎えます。

大きな山が来たのは8回裏の塔南。

先頭5番の築山選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く尾崎選手もライト前ヒットで繋ぎ、さらに明河選手が送り1死23塁と絶好のチャンスを迎えます。

ライト前ヒットの尾崎選手
ライト前ヒットの尾崎選手

ここで迎える西原選手。
サードゴロで、築山選手は本塁へ突入しますが、成章・村田捕手ががっちりと守りタッチアウト。

築山選手がホームでタッチアウト
築山選手がホームでタッチアウト

さらに谷口選手もセンターフライに倒れ、絶好機を得点につなげることができません。

9回表の京都成章の攻撃は1番からの好打順でしたが、三者凡退。
しかし3点差が大きくのしかかり、8回の好機をいかせなかったこともあり、勝負あったかに思えたこの試合、劇的なドラマが9回裏に待っていました。

塔南は打順良く1番からの攻撃。
平塚選手が四球で出塁すると、続く深田選手もライト前ヒットで繋ぐと、京都成章はここまで粘投した佐藤投手に代えて、センターの池田選手がマウンドへあがります。

京都成章2番手の池田投手
京都成章2番手の池田投手

代わり端、島野修選手が犠打で送り、1死23塁から波多野選手が死球で満塁のチャンスを作ります。

制球の定まらない池田投手は築山にも押し出しの死球を与え、塔南は土壇場で6-8と2点差とし、なお1死満塁のチャンスが続きます。

平塚選手が6点目のホームイン
平塚選手が6点目のホームイン

さらに尾崎選手も押し出し死球で7-8と1点差に迫り、なお1死満塁と一打逆転のチャンスを迎えます。

祈るように戦況を見守る成章ベンチ
祈るように戦況を見守る成章ベンチ

迎えるは途中出場の明河選手がライト方向に放った打球は、成章・坂矢選手の頭上を越えて、セカンドランナーの築山選手も一気にホームイン!

明河選手の逆転サヨナラ二塁打
明河選手の逆転サヨナラ二塁打

塔南が劇的な逆転サヨナラ勝ちで4回戦にコマを進めました。

塔南逆転サヨナラの場面
塔南逆転サヨナラの場面
サヨナラ勝ちに沸く塔南ナイン
サヨナラ勝ちに沸く塔南ナイン

この試合、注目は京都成章の2年生エース北山投手と、塔南の強力投手陣の戦いと考えており、投手戦を想像していましたが、不調か成章は佐藤投手を先発に。

そしてまさか塔南の築山投手が序盤に大量失点でKOされるという、思いもよらなかった打撃戦に。

両チームのこの試合に勝ちたいという思いが、最後の最後まで熱い戦いを生んだように思えました。

勝った塔南、自分達のゲームプランではなかったと思いますが、諦めない姿勢が最後に劇勝を呼び込みました。

そして敗れた成章。
金星まであと一歩でした。
しかし久しぶりに「名門ここにあり」と存在感のある戦いが出来たのではないかと思います。

今年1年間を通しても記憶に残るような、名勝負。
両チームの選手たちにスタンドからも拍手がなりやみませんでした。

京都成章
205 100 000=8
031 010 004x=9
塔南

成 10佐藤、8池田 - 村田
塔 10築山、1西原 - 中澤、明河

成 H9 E0
塔 H12 E3

本塁打
成 川岸②

【打撃成績】

京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
81 池田 空振三振 三安打 三ゴロ 右前安打
二盗死
一ゴロ
4 佐田 右飛 投ゴロ 左越二塁打 投ゴロ 空振三振
5 井上 右中間二塁打 右前安打(1) 右前安打
牽制死
投飛 右飛
7 川岸 左越本塁打(2) 四球 右犠飛(1) 右飛
7 小島
3 茂木 右飛 四球 遊ゴロ失 中飛
3 川原崎
9 坂矢 四球 左前安打(2) 投ゴロ 右飛
2 村田 投犠打 投犠打(1) 二ゴロ 二飛
6 椎原 左飛 中前安打(1) 死球
二盗
遊ゴロ
1 佐藤 一ゴロ 空振三振 見逃三振 二ゴロ
7 黒川

塔南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 平塚 二飛 三邪飛 右飛 二飛 四球
6 深田 捕邪飛 四球(1) 遊安打 中飛 右前安打
73 島野修 中飛 空振三振 空振三振 二ゴロ 捕犠打
5 波多野 遊安打 右前安打 見逃三振 二飛 死球
17 築山 右前安打 中越二塁打(1) 左中間二塁打(1) 中前安打 死球(1)
9 尾崎 死球 遊ゴロ併殺打 中飛 右前安打 死球(1)
2 中澤 左前安打(1) 遊ゴロ
2 明河 三直 投犠打 右越二塁打(2)
3 藤林 空振三振
1 西原 二飛 中飛 三ゴロ
4 谷口 死球(1) 遊ゴロ 右前安打 中飛


【投手成績】

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
佐藤 8 0/3 11 3 4 5 7
池田 1/3 1 3 0 4 2

塔南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
築山 3 6 3 2 7 7
西原 6 3 1 2 1 1