[ 三回戦 ] 帝京 VS 正則

[ 三回戦 ] 帝京 VS 正則

2016年7月16日、第98回全国高等学校野球選手権東東京大会三回戦

神宮球場

【スタメン】
※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

正則

6 木村
5 片山
3 小倉
2 関根
7 熊谷
9 野村
8 高木
1 座間
4 小貫

帝京

7 相曽
5 蓮見
9 廣田
6 岡崎
2 郡
3 田中麟
8 佐々木
4 秋葉
1 高丸

甲子園での優勝3回(春1回、夏2回)を誇る名門帝京と、正則の対戦。
帝京はこの試合が、東東京大会の初戦になります。

試合前ノックに向う名将・前田監督
試合前ノックに向う名将・前田監督

まず守る帝京は、背番号18の左腕、高丸投手が先発。

帝京先発の高丸投手
帝京先発の高丸投手

正則1回の表、先頭の木村選手がセンターへ抜けそうな打球ですが、帝京ショート岡崎選手の好プレーでアウト。
さらに続けて片山選手の打球もサード蓮見選手の頭上を強い打球が襲いますが、こちらも蓮見選手が好捕。
ヒット性の当たりが続きましたが、結果三人で攻撃を終えます。

対して正則の先発はエース座間投手。

正則先発の座間投手
正則先発の座間投手

帝京1回裏の攻撃は、三者凡退と、こちら座間投手は上々の立ち上がり内容を見せます。

試合が動いたのは2回表。
正則は先頭4番関根選手が死球で出塁すると、1死後、6番野村選手がセンターオーバーの二塁打を放ち1死23塁と絶好のチャンスを作ります。

二塁打の野村選手
二塁打の野村選手

正則は7番高木選手がスクイズを試みますが、ここは帝京バッテリーに外され三塁ランナーは三本間に挟まれますが、タッチができずに結果本盗となって1点を先制します。

関根選手が先制のホームイン
関根選手が先制のホームイン

尚1死3塁と追加点のチャンスでしたが、帝京高丸投手がギアを上げたか高木選手、座間選手がそれぞれ空振りの三振に倒れ追加点をあげることができません。

1点を先制された帝京でしたが、直後の2回裏、1死から5番郡選手が死球で出塁するとすかさず二盗を決め、さらにランエンドヒット気味の田中麟選手のセカンドゴロがファーストへの暴投を誘い、郡選手が一気にホームイン。
帝京ノーヒットで1-1の同点に追いつきます。

郡選手が同点のホームイン
郡選手が同点のホームイン

さらに田中麟選手も二盗を決めると、佐々木選手のセンターフライでスタートを切り2死3塁とすると、8番秋葉選手が左中間を破る二塁打を放ち2-1と勝ち越しに成功します。

秋葉選手の勝ち越しタイムリー二塁打
秋葉選手の勝ち越しタイムリー二塁打

さらに続く9番高丸選手も自らのバットでレフト線を破る二塁打を放ち、3-1とこの回、逆転に成功します。

タイムリー二塁打の高丸選手
タイムリー二塁打の高丸選手

しかし正則もその直後の3回表。
2死走者なしから、2番片山選手がセカンドへの内野安打で出塁します。

内野安打の片山選手
内野安打の片山選手

さらに3番小倉選手もライト前ヒットで繋ぎ2死12塁とチャンスを作りますが、4番関根選手が投手ゴロに倒れ、ここは正則無得点に終わります。

次の1点が欲しい両チームは、4回裏の帝京。
先頭5番の郡選手がレフト前ヒットで出塁すると、田中麟選手の打席で、立て続けに二盗、三盗を成功させ、無死3塁と絶好のチャンスを作ります。

自らのヒット後、2つ盗塁を決め3塁まで進んだ郡選手
自らのヒット後、2つ盗塁を決め3塁まで進んだ郡選手

この後、2死3塁となったところで、先ほど勝ち越しタイムリー二塁打を放った秋葉選手が打席に。
この初球、郡選手がホームに一気に突っ込みホームスチール成功!
郡選手が足で1点をもぎとり、4-1と帝京がそのリードを広げます。

郡選手がホームスチール
郡選手がホームスチール

しかし正則も諦めません。
直後の5回表、二死走者なしから1番木村選手が敵失で出塁すると、続く片山選手のライト前ヒットで2死13塁とチャンスを作ります。

ライト前ヒットの片山選手
ライト前ヒットの片山選手

ここでクリーンアップを迎える正則打線は、3番小倉選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-4とその差を2点差に詰めます。

小倉選手のレフト前タイムリーヒット
小倉選手のレフト前タイムリーヒット
木村選手が正則2点目のホームイン
木村選手が正則2点目のホームイン

この後、5回、6回と帝京が追加点のチャンスを作りますが、あと一本がでずに無得点が続きます。
さらに6回表、帝京高丸投手は、ショートゴロエラーのランナーを一人許しますが、3つのアウトを全て空振り三振で奪うなど、徐々に帝京ペースとなっていきます。

4-2のまま迎えた、8回裏の帝京、先頭の途中出場、田中悠選手がレフト線に二塁打で出塁すると、続く4番岡崎選手もライト前ヒットで無死13塁と絶好のチャンスを作ります。

二塁打の後、岡崎選手のヒットで三塁へ進塁した田中悠選手
二塁打の後、岡崎選手のヒットで三塁へ進塁した田中悠選手

しかし続く郡選手のサードフライで、ファーストランナーの岡崎選手が戻れず併殺打に。
さらに6番の田中麟選手もショートゴロに倒れ、帝京絶好の追加点のチャンスを生かすことができません。

2点差のまま迎えた9回表。
正則は1死走者無しから8番座間選手に代打背番号14の選手が告げられ(神宮のバックスクリーンは選手名出ず名前が分かりません)、期待に応えライト前ヒットで出塁します。

ライト前ヒットの正則背番号14の選手
ライト前ヒットの正則背番号14の選手

この後2死1塁となりますが、1番木村選手はショート後方へのポテンヒットで繋ぐと、2番片山選手も投手強襲安打で続き2死満塁と一打同点、逆転の場面を作ります。

二死満塁のチャンスを作る正則
二死満塁のチャンスを作る正則

しかし正則の反撃もここまで。
名門相手に最後まで食らいついた正則でしたが、最後小倉選手がサードゴロに倒れゲームセット。
4-2で帝京が四回戦にコマを進めました。

帝京はこの試合が初めてということで、初戦の難しさが出たかもしれません。
少し細かいミスも目立ち課題の残る試合になったかと思います。

しかし光ったのは走塁。
特に4回に見せた5番打者・捕手郡選手の圧巻の走塁は見ごと。
高丸投手も先制されてからは、ギアを上げ結局9イニングで9奪三振と三振もよく奪っていました。

そして敗れた正則。
名門相手に見事な戦いでした。
タラレバになりますが、序盤、帝京がノリきれていなかった間に、もう2~3点リードを広げていれば、この試合どちらに転んだか分かりませんでした。

ヒットの数でも帝京を上回る10安打と、スコア通りの互角の勝負。
試合終了時には好ゲームに、両チームに大きな拍手が起こった試合となりました。

試合終了で整列
試合終了で整列

正則
010 010 000=2
030 100 00x=4
帝京

正 11座間 - 関根
帝 18高丸 - 郡

正 H10 E2
帝 H7 E2

【打撃成績】

正則

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
6 木村 遊ゴロ 投ゴロ 三ゴロ失 二飛 遊安打
5 片山 三直 二安打 右前安打 二直 投強襲安打
3 小倉 遊ゴロ 右前安打 左前安打(1) 二飛 三ゴロ
2 関根 死球
本盗(1)
投ゴロ 三ゴロ 三ゴロ
7 熊谷 二飛 空振三振 空振三振 右前安打
9 野村 中越二塁打 二ゴロ 空振三振 左飛
8 高木 空振三振 遊安打
二盗死
遊ゴロ失 空振三振
1 座間 空振三振 遊ゴロ 空振三振
H 背番号14 右前安打
R 大西
4 小貫 空振三振 遊ゴロ 空振三振
H 小林 捕邪飛

帝京

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
78 相曽 三ゴロ 三ゴロ 中前安打
二盗
空振三振
5 蓮見 一ゴロ 二ゴロ 一ゴロ 中飛
9 廣田 二ゴロ 二ゴロ 遊直
9 田中悠 左線二塁打
6 岡崎 中飛 左飛 三ゴロ 右前安打
2 郡 死球
二盗
左前安打
二盗
三盗
本盗(1)
中飛 三飛併殺打
3 田中麟 二ゴロ失(1) 三邪飛 右線二塁打 遊ゴロ
87 佐々木 中飛 空振三振 四球
4 秋葉 左中間二塁打(1) 三ゴロ失
パスボールで三塁へ
三ゴロ併殺打
1 高丸 左線二塁打(1) 左飛 二ゴロ


【投手成績】

正則

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
座間 8 7 1 2 4 3

帝京

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高丸 9 10 1 9 2 1