[ 一回戦 ] 洛西 VS 城陽

[ 一回戦 ] 洛西 VS 城陽

2016年7月10日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会一回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

城陽

4 布施
6 新田
5 西山
3 大谷
2 中前
9 松村
1 瀧井
7 王野
8 新垣

洛西

8 森阪
9 上田
4 中村翔
3 田中
7 中村祐
5 石田
2 和田
1 毛利
6 溝口

開会式直後の第98回全国高等学校野球選手権京都大会の開幕戦は、公立同士の対決。

洛西と城陽が対戦しました。

まず守るは洛西、先発のマウンドは2年生右腕、背番号11の毛利投手。

洛西先発の毛利投手
洛西先発の毛利投手

1回表の城陽は、先頭の布施選手が投手強襲安打で出塁するも、続く新田選手の打席、初球で二盗を試みますが、これがタッチアウト。
惜しいチャンスを逃したかと思いましたが、2死走者なしから3番の西山選手がセンター前ヒット、さらに大谷選手が四球で、2死12塁のチャンスを作ります。

センター前ヒットの西山選手
センター前ヒットの西山選手

しかし続く中前選手が投手ゴロに倒れ、初回2安打を放ちながらも城陽無得点に終わります。

その城陽の先発はエース右腕の瀧井投手。

城陽エースの瀧井投手
城陽エースの瀧井投手

1回裏の洛西の攻撃、先頭の森阪選手がセンター前ヒットで出塁。
城陽同様、初回ノーアウトのランナーをヒットで出塁させます。
この後、バント失敗(記録三振)など2死1塁となりますが、4番田中選手の打席。
カウント0-1からのストライク球で森阪選手は二盗を決め2死ながら2塁と先制のチャンスを作ります。

2塁へ進んだ森阪選手
2塁へ進んだ森阪選手

しかしこのチャンスで田中選手は三振。
1回の攻防は、両チームチャンスをモノにすることができず、無得点で終わります。

試合が動いたのは2回裏の洛西。
この回先頭の5番中村祐選手は空振り三振に倒れますが、これが振り逃げとなりノーアウトのランナーを出します。
続く石田選手が投前への送りバントを決めると、2死後、8番毛利選手がライト前に弾き返し、中村祐選手が一気にホームに戻り、きわどいタイミングでしたが判定はセーフ。
洛西1点を先制します。

中村祐選手が先制のホームイン
中村祐選手が先制のホームイン

この後、さらに溝口選手もライト前ヒットでつなぎ、2死12塁としますが、森阪選手はショートゴロに倒れ、この回、さらなる追加点とはいきません。

3回に入ると両投手、ようやく落ち着いてきたかのようなマウンド裁きに、その結果。
両投手とも驚くほどのストレートがあるわけではありませんが、変化球有効に活用する似たようなタイプ。
隙を与えず、両チーム得点を挙げることが出来ません。

1点差のまま6回の後半戦に入るかと思われた、5回裏の洛西の攻撃。
この回先頭の9番溝口選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死後、2番上田選手が四球でつなぎ、続く3番中村翔選手の犠打はサードへの内野安打となり1死満塁となります。

ここで4番田中選手がライトへの犠牲フライを放ち、洛西が念願の追加点を挙げます。

溝口選手が2点目のホームイン
溝口選手が2点目のホームイン

さらにこの後、2死12塁から中村祐選手のセカンドフライをなんと、城陽・布施選手が落球。
このエラーの間に上田選手がホームイン、5回前半戦を終了し、3-0と洛西が主導権を握ったまま終盤戦に突入します。

後半戦、最初に点を取ったのも洛西でした。
7回裏、2死走者無しから、3番中村翔選手が四球で歩くと、続く四番田中選手が左中間を破るタイムリー2塁打で貴重な1点を挙げ、7回の攻防を終え4-0と洛西がリードを広げます。

タイムリー2塁打の洛西・田中選手
タイムリー2塁打の洛西・田中選手

ここまで7回を終えて、3安打と完全に抑えられていた城陽打線でしたが、8回表、ようやく反撃に転じます。

1死走者無しから3番西山選手が投手強襲安打で出塁すると、続く大谷選手もセンター前ヒットで繋ぎ1死12塁とチャンスを作ります。
2死後、6番松村選手に代わり代打古島選手がレフト前ヒットを放ち、西山選手が還りようやく1点を返します。

城陽、西山選手がホームイン
城陽、西山選手がホームイン
タイムリーヒットを放った古島選手
タイムリーヒットを放った古島選手

しかし城陽の反撃もここまで。
1-4のまま迎えた9回表の攻撃も3人で終了し、試合終了。
洛西が勝利し2回戦にコマを進めました。

ホーム付近で勝利を喜ぶ洛西バッテリー
ホーム付近で勝利を喜ぶ洛西バッテリー(打者は代打角田選手)

洛西の2年生投手・毛利投手は変化球のキレよく、9回を完投し、被安打6、奪三振7、与四死球はやや多かったですが5で1失点(自責点1)と素晴らしい投球内容でした。

攻撃陣も城陽の瀧井投手もよく投げましたが、効率よく点を重ね、両者に大きな実力差はなかったと思いますが、スコア的には4-1と完勝といっていい内容になりました。

敗れた城陽は、三振振り逃げに四球など、細かいバッテリーミスを全て失点してしまい、最後までペースを掴みきれないまま、試合が終わってしまいました。

ゲーム時間もわずか1時間半ほどと、洛西にとっては理想的な展開でしたが、城陽にとっては大きな波を作りきれないまま、開幕戦という雰囲気もあったかもしれませんが、淡々と進んでしまったという印象です。

しかし、実力のよく似たチーム同士の対決は、公立の好チームらしい、観ていても気持ちのいいナイスゲームでした。
勝った洛西ナインだけでなく、城陽ナインにも大きな拍手がスタジアムから沸き起こったゲームとなりました。

洛西の校歌斉唱
洛西の校歌斉唱

城陽
000 000 010=1
010 020 10x=4
洛西

城 瀧井 - 中前
洛 毛利 - 和田

城 H6 E2
洛 H8 E0

【打撃成績】

城陽

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 布施 投手強襲安打
二盗死
四球 空振三振 中飛
H 角田 見逃三振
6 新田 一邪飛 四球 中前安打 遊ゴロ
5 西山 中前安打 見逃三振 三ゴロ 投手強襲安打
3 大谷 四球 右飛 四球 中前安打
2 中前 投ゴロ 二飛 一犠打 中飛
9 松村 見逃三振 遊飛 右飛
H 松村 左前安打(1)
9 山口
1 瀧井 三ゴロ 四球 左飛 三ゴロ
7 王野 三振 見逃三振 一ゴロ 三ゴロ
8 新垣  一飛 空振三振 二飛 遊飛

洛西

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 森阪 中前安打
二盗
遊ゴロ 右飛 一ゴロ
9 上田 中飛 遊ゴロ 四球 中飛
4 中村翔 三振(犠打失敗) 右飛 三安打
(セーフティバント)
四球
3 田中 三振 投ゴロ 右犠飛(1) 左中間二塁打(1)
7 中村祐 空振三振
(振り逃げ)
三ゴロ 二飛失(1)
二盗
中飛
5 石田 投犠打 右越二塁打 遊ゴロ 中前安打
2 和田 中飛 投ゴロ 遊ゴロ 投犠打
1 毛利 右前安打(1) 一邪飛 空振三振 投ゴロ併殺打
6 溝口 右前安打 中前安打 右飛


【投手成績】

城陽

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
瀧井 8 8 2 4 4 3

洛西

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
毛利 9 6 5 7 1 1