2013秋季京都大会 | 立命館宇治 VS 京都外大西

2013秋季京都大会 | 立命館宇治 VS 京都外大西

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年9月29日の秋季京都大会準々決勝。

この大会優勝候補とされた立命館宇治に、直前の試合で、夏準優勝していた鳥羽にコールド勝ちを納めていた、京都外大西が挑みました。

注目は西高の復活なるか?

立命館宇治のエースは夏も投げていた山上くん。
今大会注目の選手の一人でもあるだけに、やはり球は速いですね。

ただ、夏の京都共栄戦も観戦していましたが、速いんですが、バットには当てられていた印象を持っていたので、どれだけ自慢のストレートを伸ばせているか?
また、空振りを取れる変化球を身につけれたか?でしたが・・・

試合の序盤は西高ペース。
ブラスバンドも入り、伝統のオリジナル応援マーチの演奏も入り、俄然西高が押していきます。

キーになったのは2回表の西高。
1死満塁と攻め込むも追加点が取れず、直後に逆転。

さらに3回裏には立命館宇治が追加点は取るのですが、レフトに回っていた先発の福田くんがヒットの打球を後逸し、満塁のランナーを一掃してしまい、5-1と大きく立命館宇治がリードしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一時はコールドもあるかと思いましたが、今年の西高は反発力がありますね!
最後まで好投手山上くんを攻め立て15安打で5点。

立命館宇治が勝ったものの10-5とよく粘ったという印象です。

勝負にタラレバは禁句ですが、それでも2回表の西高の攻撃で、1点でも追加し、かつ3回のあのエラーさえなければ、このゲームどっちに転んだかわかりません。

今年の京都外大西はやるな!
これが率直な感想です。
春も西高のゲームはぜひ見てみようと思います。