[ 準々決勝 ] 京都国際 VS 日星

2015年5月7日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

日星

3 稲葉
8 田多
5 松田
7 上野青
2 上野宙
6 島田
1 波多野
4 澤田
9 浅野

京都国際

4 野崎
6 西川
7 清水
2 土居
3 中西
1 柳田
9 中川湧
5 中尾
8 安藤

昨秋の準々決勝の再戦となったこのカード。
その際は延長10回サヨナラ勝ちで京都国際が勝ちましたが、さて日星がリベンジを果たすのか、それとも国際が再び日星のチャレンジを跳ね返すことができるのか。

まず守る京都国際はエース左腕の柳田投手が先発。

京都国際エース柳田投手
京都国際エース柳田投手

1回表の日星。
まず先頭の稲葉選手がレフト線を破る二塁打で出塁。
続く田多選手はスリーバント失敗、3番松だ選手も見逃し三振と2死2塁となりますが、4番上野青選手が四球を選び、5番上野宙選手がセンター前に弾き返し、まずは1点を先制します。

初回の先制のチャンスで指示を出す山中監督
初回の先制のチャンスで指示を出す山中監督
センター前に先制タイムリーヒットを放つ上野宙選手
センター前に先制タイムリーヒットを放つ上野宙選手
稲葉選手が先制のホームイン
稲葉選手が先制のホームイン

さらに続く6番島田選手もセンター前に弾き返し、1回表、日星がまずは2点を先制します。

上野青選手が2点目のホームイン
上野青選手が2点目のホームイン
タイムリーヒットの島田選手
タイムリーヒットの島田選手

対する日星。
マウンドはエース左腕の波多野投手。

日星先発のエース波多野投手
日星先発のエース波多野投手

1回裏の京都国際の攻撃。
簡単に2死走者なしとなりますが、3番の清水選手が右中間を破る二塁打で出塁。反撃のチャンスを作ります。

二塁打の清水選手
二塁打の清水選手

しかしここは4番土居選手がセカンドゴロに倒れ無得点に終わります。

2回表、日星は1死後、9番浅野選手がライト前にヒットで出塁後、盗塁と稲葉選手の四球で1死12塁とすると、手堅く田多選手が犠打を決め2死23塁と追加点のチャンスを作ります。

しかしここは3番松田選手がセカンドフライに倒れ日星追加点なりません。

追加点のチャンスで凡退した日星松田選手
追加点のチャンスで凡退した日星松田選手

するとその直後、2回裏の京都国際は、1死後6番柳田選手がセンター前(左中間寄り)に二塁打で出塁すると、続く中川湧選手のレフト前ヒットで1死13塁と絶好のチャンスを作ります。

中川湧選手のヒットで、柳田選手が三塁へ!
中川湧選手のヒットで、柳田選手が三塁へ!

さらに中尾選手がストレートの四球を選び1死満塁とチャンスを広げます。
しかしここは波多野投手が踏ん張り、9番安藤選手をセカンドゴロ併殺打に打ち取り、京都国際絶好のチャンスを逃します。

ピンチの場面、併殺打で切り抜けた日星、波多野投手
ピンチの場面、併殺打で切り抜けた日星、波多野投手

ピンチの後にはチャンスあり。
3回表、日星は先頭の4番、上野青選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く上野宙選手の送りバントの処理。
京都国際の土居捕手がまさかの一塁悪送球で無死23塁と、日星絶好のチャンスを作ります。

3塁へ進む上野青選手
3塁へ進む上野青選手

この後2死23塁となりますが、8番澤田選手が四球で繋ぎ、2死満塁とすると、9番浅野選手がライト前へタイムリーヒットを放ち3-0と日星がリードを広げます。

浅野選手がライト前にタイムリーヒットを放つ
浅野選手がライト前にタイムリーヒットを放つ
上野青選手が3点目のホームイン
上野青選手が3点目のホームイン

さらに打順が1番に帰り、稲葉選手が押し出しの四球を選び、4-0と日星が京都国際を相手にリードを広げます。

上野宙選手が4点目のホームイン
上野宙選手が4点目のホームイン

完全に流れが日星かと思ったこの試合。
まさかの展開が待っていました。

直後の3回裏、京都国際は先頭1番の野崎選手が四球で出塁すると、続く西川選手のサード前への送りバント処理を、まさか松田選手がファーストへ悪送球。無死23塁となります。
ここで3番清水選手が、第一打席に続いて二塁打を今度は左中間に飛ばし、2-4と反撃に入ります。

野崎選手が反撃のホームイン
野崎選手が反撃のホームイン
タイムリー2塁打の清水選手
タイムリー2塁打の清水選手

さらに4番土居選手のショートゴロを、今度は島田選手がファーストへ悪送球、この間に清水選手が還り3-4と1点差に詰め寄ります。

清水選手が3点目のホームイン
清水選手が3点目のホームイン

なお、さきほどのエラーで3塁まで進んだ土居選手を、中西選手がレフト前タイムリーヒットで還しこの回一気に4点獲って、試合を振り出しに戻します。

土居選手が同点のホームイン
土居選手が同点のホームイン
同点タイムリーヒットの中西選手
同点タイムリーヒットの中西選手

追いつかれた日星は4回表、1死後4番上野青選手が四球で出塁すると、続く上野宙選手が左中間へヒットを放ち1死12塁と勝ち越しのランナーを得点圏に進めます。

ヒットを放つ直前、ベンチの指示を仰ぐ上野宙選手
ヒットを放つ直前、ベンチの指示を仰ぐ上野宙選手

しかし、ここは島田選手、波多野選手と後続が続かず、日星勝ち越しはなりません。

すると直後の4回裏、 先頭の8番中尾選手が四球で出塁。
犠打で進めて1死2塁から、1番野崎選手も四球で12塁とチャンスを広げます。
続く2番西川選手のスリーバント失敗で、京都国際のチャンスが潰えたかと思いましたが、この試合2打数2安打2塁打と当たっている清水選手がセンターバックスクリーンへ飛び込む特大のスリーランホームランを放ち7-4とこの試合初めて京都国際がリードをします。

センターが打球を見送る
センターが打球を見送る
スリーランホームランを放った清水選手
スリーランホームランを放った清水選手

京都国際は5回裏も、先頭6番の柳田選手がレフト前ヒットで出塁すると、中川湧選手も四球で繋ぎ無死12塁となったところで、日星は背番号10の右腕小川投手へ交代。
波多野投手はライトのポジションへ、小川投手は2番田多選手の代わりに入ります。

日星2番手の小川投手
日星2番手の小川投手

ここは小川投手が、8番中尾選手を空振り三振、柳田選手の三盗も刺して三振ゲッツーにとり、続く安藤選手も投手ゴロに打ち取り、日星がピンチを脱します。

グラウンド整備明け後の6回表、日星は途中から試合に出場していた、小川選手、加藤選手(4回から松田選手に代わり三塁を守る)、上野青選手が簡単に三人で攻撃を終えます。

直後の京都国際。
先頭1番の野崎選手が四球で出塁すると、西川選手の投手前犠打が内野安打となり無死12塁となり、この試合ここまで3打数3安打、1本塁打、2ニ塁打で5打点を挙げている3番清水選手に打席が回ります。

清水選手またも外野に特大の飛球を!
清水選手またも外野に特大の飛球を!

なんと今度は左中間にスリーランホームラン!
清水選手の2打席連続ホームランで10-4と京都国際が大量リードの展開に入ります。

2打席連続ホームランの清水選手
2打席連続ホームランの清水選手

この後さらに2死23塁とチャンスが広がりますが、ここは日星小川投手が踏ん張り6点差で7回の攻防を迎えます。

しかし、7回の日星はまたも三人で攻撃終了。
これで5回から3イニング限定で三者凡退が続きます。

流れは完全に京都国際。
7回裏、先頭の安藤選手が右中間を破る3塁打で出塁します。

3塁打の安藤選手
3塁打の安藤選手

この走者が還れば7回で7点差がつきコールドゲームが成立するという場面。
日星はまず、ライトの波多野選手に変えて佐野選手を出します。

満塁策でも取るかと思いましたが、野崎選手には初球から勝負。
これがセンター前に抜けて11-4となり京都国際がコールドで勝ち秋季に続き2季連続で京都のベスト4に進出しました。
春は8年ぶり2度目の快挙となります。

野崎選手がサヨナラヒットを放った場面
野崎選手がサヨナラヒットを放った場面

勝った京都国際には新たな「怪物」が登場しました。
清水選手。
北稜戦では4打数1安打と目立った活躍ではありませんでしたが、この試合では4打数4安打で、2本塁打、2二塁打、8打点と大爆発。

準決勝では、築山、西原投手というプロが注目するWエースの搭南が相手になりますが、そのクラスを相手にどんな打撃を見せてくれるのか楽しみで仕方ありません。

そしてエースの柳田投手。
北稜戦は横江投手のリリーフで登板。
ストレートが走っていた印象でしたが、この試合はスローカーブも何球か見せるなど変化球を中心にした組み合わせで、7回で8つの三振を奪うなど、三振が取れる投手であることを見せてくれました。

京都国際ついに念願成就かと思うような今シーズンの強さ。
夏の主役候補へ大きく羽ばたいたように思えました。

一方敗れた日星。
今シーズンは秋の京都国際戦京都廣学館戦洛星戦に続く4試合目の観戦。

これほどまでに波多野投手が打ち込まれた姿を見るのは初めてでした。
恐らく山中監督はじめ、チーム関係者もこれは予想しなかったのではないでしょうか?

しかし、春に悪い部分が全て出し切ったと、前向きに夏を迎えて欲しいと思います。
日星も秋、春と2季連続で京都のベスト8。
胸を張って「夏の優勝候補」の一角として戦って欲しいと思います。

個人的に、今年の日星はかなり強いと思っています。
夏の巻き返しを大いに期待しています。

日星
202 000 0=4
004 303 1x=11
京都国際

日 波多野、小川ー上野宙
京 柳田ー土居

日H7 E2
京H12 E1

本塁打
京 清水(3)、清水(3)

【打撃成績】

日星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
稲葉 左線二塁打 四球 四球(1) 投ゴロ
田多 三振(スリーバント失敗) 投前犠打 三ゴロ
小川 空振三振
松田 見逃三振 二飛 空振三振
加藤 二飛
上野青 四球 中前安打 四球 左飛
上野宙 中前安打(1) 捕ゴロ失 左中間安打
島田 中前安打(1) 空振三振 捕邪飛
波多野 見逃三振 二飛 空振三振
佐野
澤田 右飛 四球 二飛
浅野 右前安打
(二盗)
右前安打(1) 空振三振

京都国際

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
野崎 二ゴロ 四球 四球 四球 中前安打(1)
西川 遊ゴロ 三ゴロ失 三振
(スリーバント失敗)
投安打
清水 右中間二塁打 左中間二塁打(2) 中本塁打(3) 左本塁打(3)
土居 二ゴロ 遊ゴロ失(3) 四球 三ゴロ
中西 遊ゴロ 左前安打(1) (パスボール、土居2塁)
遊ゴロ
中飛
柳田 中前二塁打  遊ゴロ併殺打 左前安打
(三盗死)
四球
中川湧 左前安打 一邪飛 四球 右中間二塁打
中尾 四球 四球 空振三振
中島 左飛
佐藤
安藤 二ゴロ併殺打 三前犠打 投ゴロ 右中間三塁打


【投手成績】

日星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
波多野 4 0/3 7 6 1 7 4
小川 2 0/3 5 2 1 4 4

京都国際

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
柳田 7 7 5 8 4 3

スポンサードリンク