[ 二次戦 ] 京都国際 VS 北稜

[ 二次戦 ] 京都国際 VS 北稜

2016年5月1日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都国際

4 野崎
6 西川
8 柳田
2 土居
7 清水
3 中西
9 中川湧
5 中尾
1 横江

北稜

7 加藤
8 八木
6 平田
9 森重
3 中村
5 柳光
1 野村
2 宮階
4 松塚

秋季大会では3位と大躍進した京都国際でしたが、秋エース格で活躍した中川英投手、主砲木村選手等、主力だったメンバーが入れ替わったスタメン。

まず守る北稜は、昨夏の経験者も多く残るラインアップ。
先発のエース野村投手は、昨夏の花園戦以来の観戦になりました。

北稜エースの野村投手
北稜エースの野村投手

右横手投げの野村投手、初回は2番西川選手、3番柳田選手に連続四死球とチャンスを与えてしまいますが、土居選手が打席の時、西川選手が飛び出してしまい、牽制死、結局この回、京都国際は無得点に終わります。

京都国際、初回牽制死でチャンスを生かせません
京都国際、初回牽制死でチャンスを生かせません

対する京都国際、先発は背番号10の横江投手。

京都国際先発の横江投手
京都国際先発の横江投手

1回裏の北稜。
先頭の加藤選手が四球で出塁しますが、続く八木選手がファーストゴロ併殺打でチャンスを潰したかと思いましたが、3番平田選手がレフト前ヒットで出塁。
森重選手が打席の時に二盗を成功させ2死2塁とチャンスを作りますが、森重選手がレフトフライに倒れ無得点に終わります。

先制のチャンスで森重選手はレフトフライ
先制のチャンスで森重選手はレフトフライ

2回表の京都国際。
先頭5番清水選手が四球で出塁すると、二盗を成功させ無死2塁とチャンスを作ります。
この後、内野ゴロなどで2死3塁とランナーを進めますが、ホームを踏めずまたも無得点に終わります。

三塁に進んだ京都国際清水選手
三塁に進んだ京都国際清水選手

3回裏の北稜は先頭、9番松塚選手が四球で歩くと、犠打と内野ゴロで2死3塁と先制のチャンスを作ります。

3塁に進んだ北稜・松塚選手
3塁に進んだ北稜・松塚選手

しかし3番・平田選手がサードへのファールフライに倒れ無得点に終わります。

両投手、初回から四球絡みでピンチは招きますが、要所を押さえ0-0で迎えた4回表、京都国際またも先頭の3番柳田選手が四球で出塁します。

するとここで4番土居選手がレフト線2塁打で無死23塁と絶好の先制のチャンスを作ります。

京都国際土居選手が二塁打
京都国際土居選手が二塁打

続く清水選手のライトフライは浅く、ランナーはそのまま。
1死23塁となり、6番中西選手はセンター前へ弾き返し、2-0と京都国際が先制します。

京都国際、土居選手が還り2-0とリード
京都国際、土居選手が還り2-0とリード
先制タイムリーヒットの中西選手
先制タイムリーヒットの中西選手

京都国際は5回表、1番からの好打順。
先頭野崎選手が四球で出塁すると、西川選手が送り、3番柳田選手がライト前にタイムリーヒットを放ち3-0とリードを広げます。

京都国際3点目のホームイン
京都国際3点目のホームイン
タイムリーヒットを放ちガッツポーズの柳田選手
タイムリーヒットを放ちガッツポーズの柳田選手

この回さらに、2死1塁から柳田選手が二盗を決め、5番清水選手がレフト前にヒットで2死13塁とチャンスを拡大。

中西選手には勝負を避けているような配球で2死満塁としますが、代打中嶋選手がセンターフライに倒れ、京都国際追加点はなりません。

グラウンド整備明けの6回表も京都国際。
先頭8番中尾選手はライトフライに倒れますが、横江投手への代打安藤選手がセンター前ヒットで出塁します。

この後、安藤選手の二盗、野崎選手のセカンドゴロの間に2死3塁とランナーを進めると、2番西川選手がレフト前に弾き返し4-0と京都国際がジワリジワリとリードを広げていきます。

西川選手の当たりはレフト前へ
西川選手の当たりはレフト前へ
安藤選手が4点目のホームイン
安藤選手が4点目のホームイン
タイムリーヒットの西川選手
タイムリーヒットの西川選手

6回裏からセンターを守っていたエースナンバーの柳田選手が二番手のマウンドへ。
先発の横江投手は、5回を投げて被安打1、奪三振1、与四死球5とやや制球に課題を残しましたが、要所を締めて無得点に抑えました。

京都国際エースナンバーの柳田投手
京都国際エースナンバーの柳田投手

代わり端の6回裏、北稜2番からの上位打線でしたが三振一つを含む三者凡退と上々の「立ち上がり」を見せます。

柳田投手は7回裏も2奪三振で三者凡退と、北稜打線にランナーを許しません。

8回表に京都国際は、1死から8番中尾選手が右中間への2塁打で出塁しますが、2死から1番野崎選手がレフトフライに倒れ追加点を挙げることができません。

野崎選手レフトフライで京都国際追加点ならず
野崎選手レフトフライで京都国際追加点ならず

4点を追う北稜は、柳田投手に代わってから6回から8回まで4奪三振を含むパーフェクトに抑えられ、チャンスを作ることができませんでしたが9回裏。

1死から3番平田選手が四球で出塁。
2死後、中村選手も四球で2死12塁と久しぶりにチャンスを作りますが、6番柳光選手がショートゴロに倒れゲームセット。
4-0で京都国際が、秋に続いてベスト8入り、夏のシード権を獲得しました。

北稜最後の打者を打ち取り、ホームベース付近に集まる京都国際ナイン
北稜最後の打者を打ち取り、ホームベース付近に集まる京都国際ナイン

秋の主力メンバーがスタメンから外れていながらも、京都国際地力の高さを見せ、二次戦常連の公立・北稜を完封リレーで倒しました。

応援含め、秋から随分と「完成形」に入ってきたのではないかと感じました。
洗練されてきたと言った方がいいかもしれません。

秋に続いてのベスト8ですから、夏も「優勝候補の一角」と言って十分な成績を残している今チーム。

次戦は秋、延長戦の末競り勝った日星とベスト4をかけた戦いです。
熱戦を期待したいですね。

対する北稜。
ランナーは出すもののヒットはわずか1安打に抑えられてしまいました。

序盤の展開では、決して力負けしたようには思いませんが、地力の違いで京都国際が寄り切ったように思えました。

冒頭でも触れたように、昨夏を経験した選手が多いため、総合力は高いチームだと思います。
いつも京都のベスト16辺りまでは勝ち上がってくる印象の北稜。

ベスト8の壁は夏破って、大会を盛り上げて欲しいと思います。

京都国際
000 211 000=4
000 000 000=0
北稜

京 横江、柳田ー土居
北 野村ー宮階

京H7 E0
北H1 E0

【打撃成績】

京都国際

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
野崎 二飛 遊ゴロ 四球 二ゴロ 左飛
西川 死球
(二盗、牽制死)
一ゴロ 一前犠打  左前安打(1)
二盗
池田 一飛
柳田 四球 四球  右前安打(1)
二盗
投ゴロ 一ゴロ
土居 右飛 左線二塁打 左飛 左飛 四球
清水 四球
(二盗)
右飛 左前安打 右飛 中飛
中西 左飛 中前安打(2) 四球 二飛
中川湧 二ゴロ 投ゴロ
中嶋 中飛  二ゴロ
中尾 遊ゴロ 四球  右中間二塁打
横江 一邪飛 中飛
安藤 中前安打
二盗
 遊飛

北稜

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
加藤 四球 投前犠打 投手ゴロ併殺打 一ゴロ
八木 一ゴロ併殺打 一ゴロ 中飛 右飛
平田 左前安打
(二盗)
三邪飛  右飛  四球
森重 左飛 二ゴロ 空振三振 二飛
中村 四球 四球 左飛 四球
柳光 左飛 遊飛 空振三振 遊ゴロ
野村 捕前犠打 右飛 空振三振
宮階 一ゴロ 空振三振 二直
松塚 四球 四球
松本 空振三振

【投手成績】

京都国際

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
横江 5 1 5 1 0 0
柳田 4 0 2 4 0 0

北稜

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
野村 9 7 8 0 4 4