槻の木 VS 市岡

槻の木 VS 市岡

2016年4月29日、春季大阪大会二回戦

槻の木グラウンド

※途中からの観戦ですが、記録をしておきたいと思います。
※外野からで見づらいため、誤りなどもあると思います。

グラウンドについた時にはすでに7回表途中。
5-5で同点の場面。

7回裏からスコアをつけ始めました。
市岡のマウンドには背番号10の右横手の投手。

市岡背番号10の投手
市岡背番号10の投手

7回は先頭バッターを三振に取るも、ヒットと味方エラーで1死12塁のピンチを招きますが、後続を断ち、無得点に抑えます。

対する槻の木は背番号7の右腕がマウンドに。

槻の木、背番号7の投手
槻の木、背番号7の投手

8回表の市岡の攻撃は三振一つ含む、三者凡退に抑えます。

直後の8回裏、先頭打者が死球で出塁すると、犠打で1死2塁。
その後さらに四球のランナーが出て1死12塁と勝ち越しのチャンスを作ると犠打で2死23塁とします。

槻の木、8回裏チャンス
槻の木、8回裏チャンス

しかしここで、打者はショートフライに倒れ槻の木、勝ち越しはなりません。

すると9回表の市岡。
1死後、センター前のポテンヒットで出塁すると、盗塁と、その送球がそれた間に1死3塁と勝ち越しのチャンス。
続く打者が三振に倒れますが、2死3塁から四球と盗塁で2死23塁と市岡のチャンスが続きます。

ここで槻の木バッテリーに痛恨のパスボール。
市岡が1点を勝ち越します。

市岡が9回表に1点勝ち越しした場面
市岡が9回表に1点勝ち越しした場面

この後、さらに2死23塁と市岡はチャンスを作りますが、追加点は入らず9回表を終わり6-5と市岡が1点をリードします。

その裏、槻の木は先頭打者がショートへの内野安打で出塁。
盗塁と、内野ゴロの間に2死3塁となり、続く打者が起死回生のレフトオーバーのタイムリー2塁打で6-6の同点に追いつきます。

同点タイムリー2塁打を放ち、2塁へ向う場面
同点タイムリー2塁打を放ち、2塁へ向う場面

一転してサヨナラ勝ちの場面を迎えますが、空振り三振に倒れ6-6のまま延長戦に入ります。

10回表の市岡は三振一つを含む三者凡退に終わります。

すると10回裏、槻の木は、先頭打者がライト前ヒットで出塁し、犠打で1死2塁とすると、続く打者が右中間を破る2塁打を放ち7-6でサヨナラ勝ち。
次戦へコマを進めました。

槻の木サヨナラ勝ちの場面
槻の木サヨナラ勝ちの場面

この試合は終盤途中からの観戦のため寸評は控えさせていただきます。

市岡
210 002 001 0=6
100 040 001 1x=7
槻の木