大冠 VS 大阪青凌

大冠 VS 大阪青凌

2016年4月23日、春季大阪大会一回戦

久宝寺緑地野球場

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

大冠

1 背番号5
2 背番号8
3 背番号9
4 背番号3
5 背番号7
6 背番号2
7 背番号6
8 背番号4
9 背番号1

大阪青凌

1 背番号6
2 背番号8
3 背番号9
4 背番号3
5 背番号5
6 背番号7
7 背番号4
8 背番号1
9 背番号2

まず守る大阪青凌はエース右腕が先発マウンドへ。

大阪青凌のエース右腕
大阪青凌のエース右腕

1回表の大冠を三者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せます。

対する大冠もエースナンバーの右腕が先発します。

大冠先発のエース右腕
大冠先発のエース右腕

1回裏の大阪青凌、1死から2番背番号8の選手が四球で出塁すると、盗塁で1死2塁と攻めますが、後続続かず無得点。
両投手、まずまずの立ち上がりを見せます。

2回裏の大阪青凌は2死走者無しから、7番背番号4の選手が左中間を破る2塁打で出塁すると、続く背番号1の選手もセンター前へ!
セカンドランナーが一気にホームを狙いますが、ここは大冠はよく守りホームタッチアウト!
青凌、先制点の絶好機を逃します。

大阪青凌先制のチャンスもホームでタッチアウト!
大阪青凌先制のチャンスもホームでタッチアウト!

すると直後の大冠。
この回先頭の8番背番号4の選手がライトオーバーの2塁打で出塁すると、続く背番号1の選手がレフト線を破る2塁打でまずは1点を先制します。

大冠背番号1の選手が先制タイムリー2塁打を放つ
大冠背番号1の選手が先制タイムリー2塁打を放つ
大冠先制の場面
大冠先制の場面

さらにパスボール等で2死3塁となり、3番背番号9の選手がセンター前に弾き返し、2-0と大冠がリードを広げます。

2点目タイムリーヒットの背番号9の選手
2点目タイムリーヒットの背番号9の選手

4回表も大冠。
この回先頭の5番背番号7の選手が四球で出塁すると、犠打などで2死2塁とします。

ここで8番背番号4の選手がレフト前タイムリーヒットを放ち3-0とリードを広げます。バッターランナーはセカンドへ進みます。

タイムリーヒットの大冠背番号4の選手
タイムリーヒットの大冠背番号4の選手

さらにここで、先ほどの回、先制のタイムリーを放っている、背番号1の選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち4-0と大冠がリードを広げます。

大冠4点目の場面
大冠4点目の場面

止まらない大冠は5回表も青凌に襲いかかります。

3番背番号9からの好打順で、ライト前ヒットで出塁すると、犠打と、四球パスボールで無死13塁とします。
ここで、続く背番号7の選手の内野ゴロがファーストの野選(ホームへ送球)を誘い、5-0と大冠がさらにリードを広げます。
続く6番背番号2の選手もセンター前に弾き返し 、セカンドランナーが生還6-0と大冠のリードが広がります。

6点目タイムリーヒットを放った大冠背番号2の選手
6点目タイムリーヒットを放った大冠背番号2の選手

さらに無死12塁と、大冠が追加点を奪うチャンスを広げる中、大阪青凌は背番号10の右腕へ継投します。

大阪青凌、2番手の背番号10の右腕
大阪青凌、2番手の背番号10の右腕

1死後、8番背番号4の選手が右中間を破る2塁打で7-0とさらにリードを広げます。

タイムリー2塁打の背番号4の選手
タイムリー2塁打の背番号4の選手

尚1死23塁で、背番号1の選手が、3打数3安打4打点目となるタイムリーヒットをレフト前へ弾き返し9-0と大冠が大量リードとなります。

背番号1の選手が2点タイムリーヒットを放った瞬間
背番号1の選手が2点タイムリーヒットを放った瞬間
大冠9点目のホームイン
大冠9点目のホームを踏む背番号4の選手

5回裏の大阪青凌の攻撃は、2つの三振を含む三者凡退に終わり、9-0とコールドゲームのペースで後半戦へ入ります。

早速6回表の大冠。
2死1塁(背番号3の選手がサード強襲安打)から、6番背番号2の選手の打球は、センターも追いついたかと思いましたが、グラブをかすめ、左中間を破る、タイムリー2塁打で、ファーストランナーが生還し10-0とリードを広げます。

10点目のタイムリー2塁打を放った背番号2の選手
10点目のタイムリー2塁打を放った背番号2の選手(2塁上)

さらに続く背番号6の選手も、センター前へ弾き返しセカンドランナーが生還。
11-0と大きく大冠がリードを広げます。

11点目タイムリーヒットの大冠背番号6の選手
11点目タイムリーヒットの大冠背番号6の選手

6回裏から、大冠はショートを守っていた、背番号6の選手がマウンドへ上がります。
先発のエース右腕は5回を投げて被安打3、奪三振5、与四死球2で無失点とまずまずの内容。

大冠背番号6の選手が2番手のマウンドへ
大冠背番号6の選手が2番手のマウンドへ

代わり端、背番号8の選手への代打、背番号13の選手にレフト前へ運ばれますが、続く背番号9、3の選手を空振り三振に取り、2死1塁とすると、最後の5番背番号5の選手もセカンドゴロに打ち取り、10点差がついているためコールドゲームが成立し、11-0で大冠が初戦突破。
次戦は富田林との対戦が決まりました。

大阪青凌、最後の打者がセカンドゴロに倒れゲームセット
大阪青凌、最後の打者がセカンドゴロに倒れゲームセット

勝った大冠は、さすが激戦区大阪を代表する公立の強豪校といった底力を見せ付けました。
決して大阪青凌が力が大きく劣ったとは思いませんでしたが、ジワリジワリと差を広げ、終わってみればと言った展開でした。

この試合、大冠の先発エース右腕の投打にわたる活躍も目立ちました。

富田林戦のあとには、大阪を同じく代表する公立の強豪、桜宮が待ち構えるブロックだけに、今後どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみです。

敗れた大阪青凌も元気のある、鍛えられた好チームだと思いました。
序盤のチャンスで先に先制ができていれば、また少しは違った展開になっていたのではないでしょうか。

ただ夏への課題として、厳しい意見を述べさせていただければ、捕手がボールを弾いてしまう場面が目立ちました。
これには大冠のランナーコーチも「ワンバンを狙え」と心理的にも揺さぶりをかけてきていました。

春季大会は残念ながら、初戦でコールド敗退となりましたが、これが実力とは思えませんので、夏に向けて巻き返しを期待したいと思います。

大冠
002 253=11
000 000=0
大阪青凌

冠 背番号1、6ー背番号2
青 背番号1、10ー背番号2

冠H13 E0
青H4 E0