大阪桐蔭 VS 堺東

大阪桐蔭 VS 堺東

2016年4月16日、春季大阪大会二回戦

花園中央公園野球場

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

堺東

9 背番号9
5 背番号15
7 背番号7
2 背番号5
1 背番号1
3 背番号3
4 背番号4
6 背番号6
8 背番号8

大阪桐蔭

6 中山
4 永廣
5 吉澤
7 三井
3 福井
2 栗林
9 岩本久
8 森
1 徳山

優勝候補に挙がりながらも、先のセンバツはベスト16に終わった大阪桐蔭。センバツ後初公式戦の相手は昨夏、大阪大会ベスト8の実力校・公立堺東。

まず守る大阪桐蔭。
この大会はセンバツのエースで、今秋ドラフト候補の呼び声も高い、高山投手ではなく右投げの徳山投手。
(高山投手はベンチ入りしていません)

大阪桐蔭、今大会エースナンバーの徳山投手
大阪桐蔭、今大会エースナンバーの徳山投手

注目の立ち上がり、キレのあるボールで2奪三振、三者凡退と上々の立ち上がりを見せます。

対する堺東はエースナンバーの左腕が先発。

堺東エース左腕投手
堺東エース左腕投手

立ち上がり、制球が定まらず、中山選手、永廣選手に四球を与え無死12塁と、大阪桐蔭が先制のチャンス。
ここで3番吉澤選手がライトオーバーの3塁打を放ち、まずは2点を大阪桐蔭が先制します。

中山選手が先制のホームイン
中山選手が先制のホームイン
先制タイムリー3塁打の吉澤選手
先制タイムリー3塁打の吉澤選手

この後、2死13塁となり、7番ライトで起用された岩本久選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち3-0と大阪桐蔭がリードを広げます。

3点目タイムリーヒットの岩本久選手
3点目タイムリーヒットの岩本久選手

続く2回裏の大阪桐蔭。
1死後、1番打者の中山選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く永廣選手がレフトスタンドへ運ぶツーランホームランで5-0とリードを広げます。

ツーランホームランの永廣選手
ツーランホームランの永廣選手

さらに続く3番吉澤選手も同じような軌道を描き、2者連続となるホームランで6-0と大阪桐蔭が大量リード体制に入ります。

ソロホームランの吉澤選手
ソロホームランの吉澤選手

堺東は直後の3回表。
この回先頭の7番・背番号4番の選手がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く打者の打席でパスボールの間に2塁へ進塁。
1死後、9番・背番号8の選手がレフト前ヒットを放ち1死13塁とし、さらにファーストランナーが盗塁。
1死23塁と反撃のチャンスを作ります。
ここで1番・背番号9の選手がレフトへ飛球。犠牲フライには十分かと思いましたが、サードランナーがホームでタッチアウトとなり、堺東、反撃のチャンスを生かすことができません。

ホームクロスプレーも堺東得点ならず!
ホームクロスプレーも堺東得点ならず!

3回裏から、堺東は背番号10の右腕投手へ継投します。

堺東2番手の背番号10の右腕投手
堺東2番手の背番号10の右腕投手

しかしこの回先頭の6番・捕手、栗林選手がレフト前ヒットを放ち、大阪桐蔭がまたもチャンスを作ると、盗塁と8番・森選手のセンター前ヒットで1死13塁とすると9番・ピッチャー徳山選手がセンター前へ弾き返し7-0とリードを広げます。

7点目タイムリーヒットの徳山選手
7点目タイムリーヒットの徳山選手

なお1死13塁から1番・中山選手がレフトへの犠牲フライで8-0とします。

大阪桐蔭8点目のホームイン
大阪桐蔭森選手が8点目のホームイン

さらに続く永廣選手のレフト前ヒットで2死23塁とすると、3番吉澤選手がレフト前ヒットを放ち9-0とさらに大阪桐蔭がリードを広げます。

9点目タイムリーヒットの吉澤選手
9点目タイムリーヒットの吉澤選手

4回裏から堺東は背番号11の左腕投手へ継投します。

堺東3番手の背番号11左腕投手
堺東3番手の背番号11左腕投手

6番栗林選手の打席で松山選手を代打に送ると、レフト前ヒット。
さらに続く7番岩本久選手の打席で盗塁を決めると、岩本選手の放ったファーストへの飛球はセカンドと交錯してしまい落球。
無死12塁と大阪桐蔭がさらにチャンスを広げます。

この後無死満塁から9番の徳山選手がセンターへ犠牲フライを放ち10-0とさらにリードを広げます。

大阪桐蔭松山選手が10点目のホームイン
大阪桐蔭松山選手が10点目のホームイン

さらに1死13塁から1番・中山選手がライト前タイムリーヒットで11-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの中山選手
タイムリーヒットの中山選手

さらに2死後、3番吉澤選手が走者一掃のセンターオーバーのタイムリー2塁打で13-0とリードを広げ、5回表の堺東の攻撃を迎えます。

2点タイムリーヒットの吉澤選手
2点タイムリーヒットの吉澤選手

大阪桐蔭が13-0と大量リードした5回表、徳山投手から背番号18の辰巳投手へ継投。
徳山投手は4回を投げて被安打2、奪三振5、与四死球0、無失点という内容でした。

大阪桐蔭2番手の辰巳投手
大阪桐蔭2番手の辰巳投手

簡単に2死を取った後、8番背番号6の選手が四球で出塁すると、9番背番号8の選手にはセンター前ヒットを浴び、2死12塁と堺東意地を見せます。

しかし反撃もここまで。
最後は1番背番号9の選手が空振三振に倒れ13-0で5回コールドゲームが成立しました。

堺東背番号9の選手が空振り三振でゲームセット
堺東背番号9の選手が空振り三振でゲームセット

まずはセンバツから「復帰」初戦を快勝でスタートした大阪桐蔭。
「らしさ」が十分に発揮できた「大型チーム」らしい内容だったと思います。

吉澤選手はサイクル安打を達成。
6打点を稼ぐ大活躍でした。

夏にはここに、高山投手らセンバツの主力組みに、話題の1年生選手も何名かはきっと入ってくるのでしょう。
より厚みを増し、夏の頂点を目指した戦いが「静かに」始まったという印象でした。

大阪桐蔭には求めるレベルも高くなりますから、近畿で智弁や、平安など近畿他府県の強豪チームとの試合をぜひ観たいと思っています。

一方の堺東。

この試合は一方的な内容になってしまいました。

しかし総合力は高そうなチーム。
「大阪桐蔭でなければ」どんな試合をしたのか関心が高いチームです。

現時点での「全国レベル」のチームとの総合力の差が残念ながらはっきり出てしまいましたが、まだ夏まで残された時間があります。台風の目になれる力はあるチームだと思いますので、今後も注目してみていきたいと思います。

試合終了後の選手整列
試合終了後の選手整列

堺東
000 00=0
333 4x=13
大阪桐蔭

堺 背番号1、10、11ー背番号5
大 徳山、辰巳ー栗林、岩本久

堺H3 E1
大H14 E1

本塁打
大 永廣(2)、吉澤(1)