明石商業 VS 福知山成美

2015年10月24日、秋季近畿大会1回戦

皇子山球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

福知山成美(京都2位)

9 森下リ
6 笹原
7 田井中
3 西浦
8 矢野
4 北尾
5 立川
2 藤田
1 川上

明石商業(兵庫1位)

8 藤原
6 大西
9 橋本
3 小西
2 藤井
1 吉高
7 軽部
4 松下
5 杤谷

まず守る明石商業の先発はエースの吉高投手。

明石商業エースの吉高投手
明石商業エースの吉高投手

1回表の福知山成美は伸びのあるストレートと、低めに落ちるような変化球にタイミング合わず2奪三振と、吉高投手、上々の立ち上がりを見せます。

対する福知山成美の先発はエースの川上投手。

福知山成美エースの川上投手
福知山成美エースの川上投手

1回裏の明石商業。
四死球のランナーを二人だしますが、川上投手が粘り強さを見せ、こちらも無得点に終わります。

2回表の成美。
簡単に2死まで取られますが、7番の立川選手がレフト前ヒットで出塁すると、藤田選手の四球、9番川上選手のライト前ヒットで2死満塁とチャンスを作ります。

ここで1番の森下リズム選手がレフト前ヒットで1点を先制します。

先制タイムリーヒットの森下リズム選手
先制タイムリーヒットの森下リズム選手

1点を先制された直後の2回裏の明石商業。
先頭の6番吉高選手がライト前ヒットで出塁すると、パスボールと犠打で1死3塁のチャンスを作ります。

1死13塁となったところで9番杤谷選手がライト前に同点タイムリーヒットを放ち、1-1と追いつきます。

明石商業同点のシーン
明石商業同点のシーン
同点タイムリーの杤谷選手
同点タイムリーの杤谷選手

さらにこの後、2死満塁と明石商業がチャンスを作りますが、3番橋本選手がレフトフライに倒れ、同点で終わります。

直後の3回表の成美。
1死から4番西浦選手が右中間を破る3塁打で勝ち越しのチャンスを作ります。

3塁打の西浦選手
3塁打の西浦選手

しかし矢野選手が三振、2死後北尾選手が四球でつなぎますが、7番立川選手がショートゴロに倒れ、チャンスをモノにすることができません。

するとその裏の明石商業。
先頭の4番小西選手が右中間を破る2塁打で出塁します。
続く藤井選手が犠打で送ると、6番吉高選手のスクイズが決まり、2-1と明石商業がリードする展開となります。

明石商業勝ち越し
明石商業勝ち越し

4回表の成美は早くも先発川上投手に代打を送り、その裏の明石商業の攻撃から、背番号10の北野投手がマウンドへ上がります。

福知山成美2番手の北野投手
福知山成美2番手の北野投手

4回裏の明石商業は、先頭の2番大西選手が四球で出塁。
犠打と内野ゴロで2死3塁のチャンスを作りますが、5番大西選手がレフトフライに倒れ無得点に終わります。

直後の5回表の成美。
1死後、3番田井中選手がライト前ヒットで出塁すると、続く西浦選手がショートへの内野安打で1死12塁とチャンスを作ります。

ここで5番矢野選手。
まずパスボールでランナーが23塁へ進塁すると、自身は投手ゴロで田井中選手が三本間に挟まれアウトになると、矢野選手が12塁間に挟まれます。
ここで、西浦選手がホームをつき、際どいタイミングになりましたがタッチをかいくぐり2-2の同点に追いつきます。

同点に追いつきベンチに戻る西浦選手(背番号3)
同点に追いつきベンチに戻る西浦選手(背番号3)

さらに6番の北尾選手がライト前にヒットを放ち、矢野選手がホームを狙いますが、好返球でタッチアウト。
逆転はなりません。

矢野選手はホームでタッチアウト
矢野選手はホームでタッチアウト

その直後の5回裏の明石商業。
1死から7番軽部選手が三振振り逃げで出塁すると、続く8番松下選手、2死後、1番の藤原選手が四球でつなぎ2死満塁のチャンス。
ここで2番大西選手が放った当たりは三塁線を破ったかと思った当たりでしたが、成美サードの立川選手がファインプレー打球を止め、無得点に終わります。

試合が動いたのは7回裏の明石商業。
2死から8番松下選手のセンター前ヒットと、二盗塁で2死2塁とチャンスを作ります。
ここで一時は同点タイムリーを放った9番の杤谷選手がセンター前へ弾き返し、3-2と再度明石商業が1点をリードします。

明石商業勝ち越しのシーン
明石商業勝ち越しのシーン
勝ち越しタイムリーでガッツポーズの杤谷選手
勝ち越しタイムリーでガッツポーズの杤谷選手

しかし、成美も直後に反撃。
8回表、先頭の4番西浦選手がセンター前ヒットで出塁すると、矢野選手もレフト前ヒット、さらに北尾選手が四球で無死満塁と一打同点、逆転の場面を迎えます。

無死満塁、3塁走者の西浦選手
無死満塁、3塁走者の西浦選手

ここで7番立川選手のショートゴロの間に1点を返し同点に追いつきますが、なお迎えた2死23塁の場面で、9番北野選手が空振り三振に倒れ成美、勝ち越しはなりません。

成美は9回表も、先頭の1番森下リズム選手がライト前ヒットで出塁すると、続く笹原選手の犠打で1死2塁とチャンスを作ります。
しかしここで田井中選手のショートゴロで飛び出してしまい3塁でタッチアウト。

一瞬にしてチャンスを失ったように見えた成美ですが、ここから西浦選手、矢野選手が四球でつなぎ2死満塁とチャンス。
しかし北尾選手がセカンドゴロに倒れまたも成美のビッグチャンスは無得点に終わります。

そのまま延長戦に入ったこの試合。

10回表の成美は先頭の7番立川選手が、ライト前ヒットで出塁した時点で、明石商業は背番号12の三浦投手へ継投します。

明石商業2番手の三浦投手
明石商業2番手の三浦投手

その裏の10回裏、明石商業は先頭8番の松下選手のレフト前ヒットでチャンスを作ると、犠打と内野ゴロで2死3塁のサヨナラのチャンス。
しかしここは成美の北野投手が2番大西選手をライトフライに打ち取り、延長11回の攻防に移ります。

11回表の成美は2番からの好打順でしたが、あっさり三人で攻撃を終えると、直後の11回裏の明石商業が大チャンスを作ります。

先頭3番橋本選手が四球を選ぶと、続く小西選手の犠打は、タイミング的にセカンドでアウトになるような投手正面のゴロ。
しかしセカンドへの送球がライト側にやや逸れてしまい、無死12塁の絶好のチャンスを作ります。

ここで犠打と、敬遠四球で1死満塁となり、三浦選手の打順ですが、神矢選手が代打でバッターボックスに向います。

ボールが先行する苦しい展開の中、運命の一球は大きくインコースに外れてしまい押し出しの四球、4-3で明石商業が勝ってベスト8進出を果たしました。

明石商業サヨナラ勝ちの瞬間
明石商業サヨナラ勝ちの瞬間

まず勝った明石商業。
注目されていた吉高投手は、成美のしぶとく食い下がる打線に捕まりながらも、要所はしっかりと抑えていました。

序盤は威力のあるストレートと、低めでコントロールされる変化球で三振も奪い前半5回で5奪三振(9回1/3で6奪三振)。
後半は変化球を見極められ苦しい展開になりましたが、ここ一番を凌ぐのはさすがという感じでした。

打線も決して大型というわけではありませんが、しぶとく成美の投手陣を苦しめました。
初めての甲子園がかかるというだけあって、スタンドも気合十分。
あと1勝で悲願の甲子園がほぼ当確になります。
悔いの残らないよう全力で次戦もプレーして欲しいと思います。

一方敗れた福知山成美。
持ちこみたい展開だったとは思います。
京都大会の京都外大西戦のような1点を争う展開でしたが、ここ一本が出なかったことが、最後まで響きました。

先発した川上投手は、球威は京都大会よりもあるように感じましたし、この冬を越えてさらにスケールアップして、来夏の甲子園を目指して欲しいと思います。
また最後、悔しい思いをしたと思いますが、北野投手もナイスピッチングでした。
伸び盛りの高校生ですから、来春また球場で会う時には、相当スケールアップしていてもおかしくありません。
2年ぶりのセンバツは厳しくなりましたが、成美が甲子園に戻ってきてくれることを期待しています。

福知山成美
010 010 010 00=3
011 000 100 01x=4
明石商業

成 川上、北野 ー 藤田
明 吉高、三浦 ー 藤井

成 H12 E0
明 H10 E1