市和歌山 VS 平城

2015年10月24日、秋季近畿大会1回戦

皇子山球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

市和歌山(和歌山1位)

5 山崎
4 河崎
8 七野
3 北嶋
9 木下
7 北村
2 岡本
1 赤羽
6 濱野

平城(奈良3位)

6 澤田
4 高萩
7 真野
2 砂上
8 西村
3 山城
9 能島
1 前田
5 西前

まず守る平城はエース前田投手が先発。

平城のエース前田投手
平城のエース前田投手

1回表の市和歌山、先頭の山崎選手が四球で出塁すると、続く河崎選手の打席で盗塁、そして平城の砂上捕手からの送球が外野にそれる間に一気に3塁へ達し、無死3塁の大きなチャンスを作ります。

河崎選手はファーストゴロに倒れますが、続く3番七野選手がライト線へのタイムリー2塁打を放ち、まず1点を市和歌山が先制します。

先制タイムリーの七野選手
先制タイムリーの七野選手

代わって守る市和歌山の先発はエースの赤羽選手。

市和歌山先発の赤羽投手
市和歌山先発の赤羽投手

1回裏の平城は1死から、2番の高萩選手が四球で出塁。
続く真野選手の打席で二盗を成功させ、2死後、砂上選手のショートゴロがファーストへ悪送球(少し逸れます)になった間に、高萩選手がホームに還り同点に追いつきます。

タイムリーエラーとなった砂上選手
タイムリーエラーとなった砂上選手

その直後の2回表の市和歌山。
2死走者無しから、9番濱野選手がレフト前ヒットで出塁。
すると、ここから1番山崎、2番河崎両選手が四球を選び2死満塁のチャンスを作ります。

ここで先ほど、先制タイムリーを放った3番七野選手の当たりは、ショート後方への飛球。
これに平城の澤田選手が追いつけず、タイムリーヒットとなり市和歌山が2点を勝ち越し。
3-1とリードします。

市和歌山2点を勝ち越し
市和歌山2点を勝ち越し
早くも3打点目の七野選手
早くも3打点目の七野選手

3回表も市和歌山が攻撃の手を緩めません。
1死から7番岡本選手が四球を選ぶと、赤羽選手の投手ゴロが併殺打かと思いましたが、赤羽選手が1塁へ残ります。

するとここで9番濱野選手がレフトオーバーのタイムリー3塁打を放ち、4-1とリードを広げます。

タイムリー3塁打の濱野選手
タイムリー3塁打の濱野選手

さらに続く1番の山崎選手もセンター前に弾き返し5-1とリードを4点に広げます。

タイムリーヒットの山崎選手
タイムリーヒットの山崎選手

3回裏の平城は四死球のランナーを二人だし2死12塁のチャンスを作りますが、6番の山崎選手が三振に倒れ無得点に終わります。

するとまたも4回表の市和歌山。
1死から4番北嶋選手がレフト越えの2塁打で出塁すると、続く木下選手のライトフライで2死3塁と進塁。
ここで6番北村選手のセンター前タイムリーヒットが出て、6-1とさらにリードを広げます。

タイムリーヒットの北村選手
タイムリーヒットの北村選手

さらに続く岡本選手が右中間を破るタイムリー3塁打でさらに1点を追加。

市和歌山7点目のホームイン
市和歌山7点目のホームイン
タイムリー3塁打の岡本選手
タイムリー3塁打の岡本選手

さらに市和歌山は、8番の赤羽選手にもライト線への連続3塁打が飛び出し、8-1と大きく平城をリードする展開になります。

連続タイムリー3塁打の赤羽選手
連続タイムリー3塁打の赤羽選手

勢いの止まらない市和歌山は5回表。
先頭の1番山崎選手がライト前ヒットで出塁すると、河崎選手が送って1死2塁。

ここで本日当たっている七野選手がレフト前にヒットを放ち1死13塁。
さらに犠打と四球で2死満塁となって先ほどの回、タイムリーヒットを放っている6番北村選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち10-1とさらにリードを広げます。

2点タイムリーヒットの北村選手
2点タイムリーヒットの北村選手

さらに四球でまたも2死満塁から、同じく先ほどの回タイムリーヒットを放っている赤羽選手がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち12-1とします。

2点タイムリーヒットの赤羽選手
2点タイムリーヒットの赤羽選手

ここで平城はファーストを守っていた山城選手に投手交代。

平城2番手の山城投手
平城2番手の山城投手

しかし、さらに濱野選手のセーフティバントの処理で悪送球があり、1点を追加。
5回表を終わり13-1と大きくリードします。

3点を取らないと5回コールドゲームが成立する平城ですが、簡単に2死となったところで、「場慣れ」が目的か市和歌山は背番号10の栗栖投手へ交代します。

市和歌山の栗栖投手
市和歌山の栗栖投手

迎えるバッターは平城の4番砂上選手。
しかし空振り三振に倒れ5回コールドゲームが成立。
市和歌山がベスト8に進出しました。

市和歌山、藤田平選手、正田耕三選手などそうそうたる名選手を輩出してきた名門チームらしい、オリジナルな応援でスタンドを沸かせてくれました。

エースの赤羽選手は4回と2/3で5奪三振と、力のあるところを見せてくれました。

また打線ですが、決してスラッガータイプの打者がいるわけではなさそうですが、全員よくバットが振れておりこの試合は14安打と打ち勝ちました。
この勝利で和歌山唯一のベスト8になるため、甲子園がグッと近づいたと思いますが、次戦も勝って兜の緒を締めて挑んで欲しいと思います。

敗れた平城。
奈良大会では天理を5-3で倒してこの近畿大会に挑んでいますので、決してこれが実力ではないと思います。
しかし、この試合は奈良3位「らしさ」を全く出せないままゲームセット。

甲子園のかかった大舞台で本来の力が発揮できなかったかもしれません。

12点を取られはしましたが、エース前田投手も時折見せる力強いストレートはさすがと思わせる場面がありました。

一冬を越してこの経験を生かし、さらにスケールアップして欲しいと思います。

市和歌山
122 35=13
100 00=1
平城

和 赤羽、栗栖 ー 岡本
平 前田、山城ー 砂上

和 H14 E1
平 H1 E2