京都学園 VS 伏見工業

京都学園 VS 伏見工業

2015年9月13日、秋季京都大会1次戦Gゾーン敗者復活2位決定戦

洛星高校グラウンド

【スタメン】※一般に発表されていないため不明

選手名は発表されていませんが、恐らく伏見工業の先発は、夏の大会もエースナンバーを背負っていた堀投手だと思います。東舞鶴戦以来の観戦です。

伏見工業エースの堀投手?
伏見工業エースの堀投手?

1回表の京都学園の攻撃は2四球で、2死12塁とチャンスを掴みますが、背番号1の5番打者がセカンドゴロに倒れ先制点はなりません。

対する京都学園の先発はその背番号1の選手でなく、背番号10の右腕。

京都学園先発の背番号10の右腕
京都学園先発の背番号10の右腕

ストレートのスピードが魅力的な投手です。
こちらも1回裏は2四球を出し、2死12塁と伏見工業にチャンスを与えますが背番号13の5番打者を三振にとり初回は無失点。

どちらの投手もややコントロールが荒れましたが、ストレートにも力あり2奪三振づつの立ち上がりとなりました。

伏見工業の堀投手は夏に観戦した印象では、あまり投げていた記憶がないんですが、この試合はスローボールも多投しています。

2回裏の伏見工業の攻撃は7番打者の背番号7の選手がライト前ヒットを放ちますが、アウト3つを三振で京都学園先発投手、圧巻の内容を見せます。

3回表の京都学園は9番打者からの攻撃。連打で背番号5の2番打者がサード前に完璧なセーフティバントを決め無死満塁の絶好のチャンスを作ると、続く背番号9の3番打者がレフト前タイムリーでまず1点を先制。
さらに1死後、背番号1の5番打者がセンター前タイムリーで2点追加。
3回表を終了して3-0と京都学園がリードする展開となります。

京都学園は5回表にも2死走者無しから、先ほど先制タイムリーの3番打者がセンター前にヒット。
バッテリーミスで2塁へ進むと、さきほどチャンスで凡退した背番号7の4番打者がレフト前タイムリーで4点目を奪います。

直後の伏見工業は1死から背番号9の1番打者がショート強襲安打で出塁すると2死から3番打者が四球でつなぐと、背番号6の4番打者がセンターオーバーの走者一掃のタイムリー2塁打で2点を返します。

京都学園4-2伏見工業となったところで5回の攻防終了。
グラウンド整備に入ります。

次の追加点は京都学園でした。
7回表、9番打者からの攻撃、1死後、サードのエラー(公式記録は不明です)で出塁すると、ヒットでつなぎ1死12塁で、当たっている背番号9の選手へ。
ここでセンター前タイムリーで5点目を奪うと、2死後、背番号1の5番打者が今日3打点目のタイムリーをライト前に放ち6-2とリードを広げます。

京都学園6点目
京都学園6点目

勝負あったかと思ったゲームは終盤、伏見工業が粘りを見せます。
8回裏、4番打者からの攻撃は1死後、背番号13の選手がやや高めに抜けて入った変化球をライト戦へ運び1死2塁のチャンスを作ります。
さらに代打の背番号3の田中選手(コールされていました)がセンター前へヒット、さらに四球を出して1死満塁となったところで、好投してきた京都学園先発の右腕は降板。

背番号11の岡田投手(コールされていました)が登板します。

京都学園2番手の岡田投手
京都学園2番手の岡田投手

スライダーと思いますが変化球を多めにまず、打者の堀選手を空振三振に取り2死満塁。
しかし続く9番打者に押し出し四球を与え3-6と伏見工業が3点差に迫りますが、背番号9の1番打者が三振に倒れ、この回の反撃は1点で終わります。

続く9回裏も1死後、伏見工業は3番、4番の連続長打で1点を挙げ4-6と2点差。
さらに1死2塁と攻めたところで、京都学園は3番手に右アンダースローの背番号16の投手に交代します。

京都学園3番手の背番号16
京都学園3番手の背番号16

ここでライトフライ、セカンドフライに打ち取り、終盤粘りを見せた伏見工業を振り切って京都学園がGゾーンを2位で勝ち抜け2次戦へ進出を決めました。

京都学園、先発した背番号10の投手ですが、ストレートは力があり、決して非力ではない伏見工業打線から7回1/3を投げて10奪三振と非凡なところを見せてくれました。

しかし与四死球が5つとやや荒れた内容。
ストレートは速いので落ちる変化球など、勝負できる変化球を身に着けると京都でもトップクラスの投手になれる可能性がある選手だと思います。

打線はやや線が細い印象を受けました。
盗塁が2つに、セーフティーバントと機動力を用いていましたが、ここからは平安はじめ、強豪が揃いますので投手を中心にしっかり守り抜いて戦って欲しいと思います。

対する伏見工業。
夏の経験者も多いチームで今チームは面白い存在になりそうです。

まずエース堀投手は夏に見た印象通り、ストレートに力があります。
あと本日はスローボールを多投していましたが、緩急を意識していました。

京都学園の先発投手同様、三振が取れる変化球が欲しいですね。
両投手にやや厳しい評価としましたが、素質の高い選手で京都の有力選手になっていく可能性があると思いますので、この冬どう成長していくのか、気が早いですが来年の春を楽しみにしています。

またキャッチャーですが、自チームの攻撃時、ベンチから常にチームを盛り上げていました。
本日は12個の三振を奪われましたが、体格のいい選手も多いのでこちらも一冬を越してさらに逞しくなった姿を来春楽しみにしたいと思います。

京学 003 010 200=6
伏工 000 020 011=4

京 H10
伏 H9