北桑田 VS 乙訓

北桑田 VS 乙訓

2015年9月12日、秋季京都大会1次戦Dゾーン敗者復活2位決定戦

乙訓高校グラウンド

【スタメン】※一般に発表されていないため不明

乙訓のエースナンバー
乙訓のエースナンバー

まず守る乙訓は背番号1はプロ注目の上野投手ではありません。
噂されるとおり故障であれば、しっかりと治して戻ってきて欲しいです。

初回は内野安打をきっかけに無死2塁のピンチを迎えますが、4番を打ち取りまず1回表、北桑田は無得点に終わります。

北桑田先発のエース右腕
北桑田先発のエース右腕

夏の北桑田には小東投手という好投手がいましたが、この新チームにも好投手がいると聞いていましたので楽しみにしていました。
野球強化校でもないのに、このチームは選手の能力が凄いですね。

1回裏、乙訓は2死走者無しから右中間を破る3塁打が出ましたが、4番打者が凡退し両チーム、初回は無得点に終わります。

3回表、北桑田はこの回先頭の8番打者がライト前ヒットで出塁すると、続く打者が犠打で1死2塁としますが、走塁ミスで結果3人で攻撃を終えます。

直後の3回裏、乙訓は1死から、9番打者、1番打者が連続四球で12塁のチャンス。
さらに送って2死23塁でクリーンアップを迎えますが内野ゴロでチャンスをモノにすることが出来ません。

5回も両チームとも四球絡みでランナーを得点圏に送りますが、チャンスで1本が出ず前半5回を終了して0-0の投手戦となりました。

両者決め手なく進む展開で7回裏でした。
乙訓は5番打者からの攻撃。
四球でノーアウトのランナーを出すと、犠打などで2死3塁とチャンスを作ります。しかしここは8番打者が空振り三振に倒れ乙訓は先制のチャンスを逃します。

両チームのエース投手が好投する展開になったこのゲーム、9回表の北桑田は3番打者からの攻撃。
ここでなんと3連続四死球で無死満塁のビッグチャンスが訪れます。

ピンチにマウンドに集まる乙訓ナイン
ピンチにマウンドに集まる乙訓ナイン

ここで打席は6番打者の投手。
打球はレフト線を破るタイムリー2塁打となり、北桑田が土壇場で2-0とリードします。

2点タイムリー2塁打の場面
2点タイムリー2塁打の場面

なお無死23塁となりますが、スクイズ失敗などで追加点は奪えません。

追い詰められた乙訓。
今夏はベスト4まで勝ち進んだ公立の上位常連チームですがラストバッターからの攻撃、三者凡退に終わり、そのまま2-0で北桑田が勝って2次戦に駒を進めました。

グラウンドの形状、試合前の北桑田バッテリーの投球練習を間近で見学させていただきましたが、両者体格もよく、この新チームもバッテリーを中心になかなかの好チームだと感じました。
(この試合は捕手が4番を打っていました)

三振は数える限り3つか4つ。
与えた四死球は5つと少し大目。
被安打は3つで幾度かピンチもありましたが、夏4強のメンバーも残る乙訓に最後まで的を絞らせませんでした。

塔南、乙訓といった公立の強豪ゾーンが集まったグループを、2位で見事勝ち残ったわけですから、胸を張って2次戦も戦って欲しいと思います。

対する乙訓。
個人的にあまり秋に強いイメージはなく、夏に向ってチームが成長する印象ですが、それでもまさかの1次戦での敗退となりました。

しかし冬を越せば上野投手も戻ってくるでしょうし、能力の高い(この試合のエースナンバーの投手も数える限り7つの奪三振に、被安打も5と文句のない内容でした。)選手も多いチーム。

乙訓にしては長い冬になりましたが、ぜひここから這い上がって、悲願の甲子園にたどり着けるチームになって欲しいと思っています。

北桑田 000 000 002=2
乙   訓 000 000 000=0

桑 H5
乙 H3