龍谷大平安 VS 塔南

龍谷大平安 VS 塔南

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年5月5日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

塔南スタメン

8藤田
6島田
4前田
7木曽田
3小菅
2芦田
5松山
9小屋
1大江

龍谷大平安

8徳本
9大谷
4姫野
3河合
7中口
5常
6石川
2高橋
1犬塚

観戦記

龍谷大平安の犬塚投手
龍谷大平安の犬塚投手

初回、塔南は木曽田選手が2試合連続のホームランで2点を先制します。

しかし平安は2回に1点を返すと、3回表の塔南の2死満塁のピンチを凌ぎ、3回裏の猛攻を迎えます。

早くもマウンドに上がった平安の中田投手
早くもマウンドに上がった平安の中田投手

3回裏の平安は高橋選手の3塁打などで一挙に5得点。
平安6-2塔南とさすが同年のセンバツを制したチームの片鱗を見せます。

平安は5回裏にも2点を追加し、6回裏、11-2と大きくリードし、まだ2人の走者を置いて下級生の西川選手が代打で登場。

ここで西川選手は3ランホームランを放ちサヨナラコールドを決めベスト4進出を決めました。

Advertisement

スコア

塔南 200 000=2
平安 015 026x=14
(6回コールドゲーム)