龍谷大平安 VS 日星

龍谷大平安 VS 日星

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

日星

2亀井
9浅野
5山崎
8山上
3川野
6新宮
7金子
4上林
1浪江

龍谷大平安

8徳本
9大谷
4姫野
3河合
7中口
5常
6石川
2高橋祐
1犬塚

観戦記

龍谷大平安の犬塚投手
龍谷大平安の犬塚投手
日星の先発浪江投手
日星の先発浪江投手
プロ入りした日星の亀井捕手
プロ入りした日星の亀井捕手

この試合、序盤からセンバツ優勝後、初めての公式戦になった平安ペースで進みました。

6回裏にはセンバツ決勝でもホームランを放った主砲・河合選手がライトスタンドへソロホームラン。
5-0と平安が優勢に試合を進めます。

しかし7回表、8回表と日星が反撃。
平安は二番手に田丸投手から、センバツ優勝投手の中田投手へ継投しますが平安5-4日星と詰め寄ります。

日星も浪江投手から波田野投手、内藤投手と継投しますが、8回裏に河合選手に犠牲フライで1点を追加され、そのままゲームセット。
序盤のチャンスをいかしきれなかったことが、終盤のもつれになったゲームでした。

Advertisement

スコア

日星 000 000 220=4
平安 100 301 01x=6