東海大相模45年ぶり2度目の優勝

東海大相模45年ぶり2度目の優勝

早稲田実業の清宮選手。
関東一のオコエ選手。

さらに東海大相模の小笠原・吉田両投手。
仙台育英の佐藤世那投手など特に東日本勢のチームに注目選手が多かった大会だった印象の第97回全国大会。

神奈川代表の東海大相模が、宮城代表の仙台育英を10-6で破り、45年ぶり2度目の夏の覇者に輝きました。

すでに記した選手達はもちろんのこと、福岡の九州国際大付の山本選手、仙台育英の平沢選手は共に大会3本の本塁打。

センバツ覇者の福井代表・敦賀気比の打線も切れ目がなく脅威的でした。

そしてわれらが京都代表の鳥羽も、目だった選手はいませんでしたが、チーム一丸となって繋ぎに繋ぎ、見事2勝を挙げてくれました。

プロの頂きを目指す選手。
大学・社会人で野球を続ける選手。
これで野球を辞める選手。

いろいろあると思いますが、みなさん素晴らしい人生が待っていることを願いたいと思います。

本当に高校野球100年目。
盛り上がれて楽しかったです!

球児のみなさん!
今年もありがとうございました!