中京大中京 VS 関東第一

NO IMAGE

2015年8月16日、第97回全国高校野球選手権三回戦

阪神甲子園球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

中京大中京

7 河田
4 加藤
8 中村
2 伊藤
3 矢田崎
6 佐藤
5 杉本
9 内藤
1 上野

関東第一

8 オコエ
5 井橋
6 伊藤
3 五十嵐
9 長嶋
7 森山
2 鈴木
4 黒田
1 阿部

昨秋の東京大会、国士舘戦以来の関東一の観戦を非常に楽しみにしていました。
相手も全国クラスの名門、愛知の中京。

関東一のオコエ選手はすっかりドラフト上位候補に上り詰めたようですが、あれからどれほど大きくなったのかも楽しみです。

まず関東一の先発は、昨秋の国士舘戦ではエースナンバーをつけていた阿部投手が背番号10で先発。

まず1回表の中京。
1死後、加藤選手がレフト前にヒットで出塁すると、2死後、伊藤選手のライト前ヒットで13塁とし、さらに矢田崎選手が四球を選び2死満塁の絶好のチャンスを掴みます。

ここで佐藤選手のあたりは左中間を破った!!と思いました。

完全に破ったと思い、打球から目を切ってました。
なんと、センターのオコエ選手がスーパープレイでダイレクトでキャッチし、このピンチをゼロで凌ぎます!

初回から142キロのストレートでグイグイ押していきます。
注目のオコエ選手の第一打席はキャッチャーへのファールフライ。
2死後、伊藤選手が四球で出塁するも牽制死で結果、3人で攻撃を終えます。

2回、3回も中京はヒットのランナーを出すも、要所を関東一が抑え先制点を奪うことができません。

4回表も中京は、1死後、8番打者の内藤選手、上野選手に連打が生まれ2死13塁とチャンスを拡大させますが、ここは関東一の阿部投手が加藤選手が空振り三振にとりまたも中京は無得点に終わります。

5回表から関東一は金子投手へ交代します。

MAX135キロのストレートを武器に、中京打線を徐々に抑え始めます。

しかし、関東一も注目のオコエ選手が2打席続けて凡退するなど、5回を終えてノーヒットに抑えられてしまいます。

関東一の初ヒットは6回裏でした。
この回先頭の黒田選手がセンター前にヒットを放ちます。
しかし、犠打で1死2塁からオコエ選手が三振、井橋選手もサードへのファールフライに倒れ無得点に終わります。

7回裏の関東一はまたも回先頭の伊藤選手がレフト前ヒットで出塁。
犠打の後、長嶋選手の内野安打で1死13塁とチャンスを掴みますが、2死後、鈴木選手が3ボール2ストライクからファールで粘るも最後は140キロの高めのストレートに空振り三振に倒れ、先制のチャンスを逃します。

すると8回表、中京は杉本選手のレフト前ヒットなどで2死満塁と攻めますが、またも中京はチャンスを逸します。

8回裏、注目のオコエ選手の第四打席が訪れます。
2死後、ショートへの内野安打でようやく出塁します。

9回表の中京は中村選手の内野安打などでまたも2死12塁とチャンスを作るも、ここも要所を関東一が守りきり無得点に終わります。

9回裏の関東一も、この回先頭の五十嵐選手がファーストゴロに倒れ、延長戦になるかなという空気がスタンドを包み始めた矢先でした。

5番打者の長嶋選手がレフトへ痛烈な当たり。
まさかまさかと思いましたが、両者決め手を欠いた戦いに終止符を打ったのは劇的なサヨナラホームランでした!

好投を続けた上野投手も泣き崩れるなどの前に、ただただ呆然といった様に見えました。

上野投手は三振こそ5つでしたが、最後まで140キロを越すストレートを要所で投げ込み、関東一を寄せ付けない内容でした。
たった一球の怖さを見せ付けたゲームになりました。

一方の関東一。
初回のオコエのスーパープレイが出なければ完全に2点、3点を失っていました。
打つほうでは目立つことが出来ませんでしたが、将来の日本球界を背負って立つ可能性のある選手ですね。

スタンドからも両チームに暖かい拍手がいつまでも送られるナイスゲームでした。

中   京 000 000 000=0
関東一 000 000 001x=1

中 H8 E0
関 H5 E3