[ 準々決勝 ]京都共栄 VS 城南菱創

[ 準々決勝 ]京都共栄 VS 城南菱創

2015年7月25日、夏季京都大会準々決勝わかさスタジアム京都

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都共栄

8 菅田
9 藤垣
2 大西
3 上羽
1 浅井
6 森田
7 福田
4 柿渕
5 南

城南菱創

9 奥田
3 森田
4 田口
5 神田
7 村上
8 中野
6 杏村
2 大林
1 小関

観戦記

失礼ながら、まさか城南菱創がベスト8とは読んでいませんでした。
このゾーンはシード立命館と京都国際、京都外大西が中心と思っていました。
これらのチームがあるゾーン。
直接対決で京都外大西を倒した城南菱創の先発は小関投手です。

城南菱創先発の小関投手
城南菱創先発の小関投手

小関投手は立ち上がり制球が乱れます。
3つの四球で2死満塁と京都共栄がチャンスを作ると、森田選手も押し出しの四球を選びまずは共栄が1点を先制します。

ピントボケしてますが先制のホームを踏む共栄・菅田選手
ピントボケしてますが先制のホームを踏む共栄・菅田選手

さらに福田選手がセンター前に2点タイムリーを放ち、1回は1安打で3点を共栄が取ります。

タイムリーの福田選手
タイムリーの福田選手
京都共栄エースの浅井投手
京都共栄エースの浅井投手

京都共栄はエースの浅井投手が先発。
まず初回は無難に三人で打ち取ります。

2回表の共栄は2死から、大西選手がライト前にヒットで出塁すると、4番の上羽選手がライト線へ3塁打を放ち、4-0とリードを広げます。

タイムリー3塁打の上羽選手
タイムリー3塁打の上羽選手

城南菱創は続く浅井選手にこの試合7つ目の四球を与えたところで、エースナンバーの波多野投手に交代します。

城南菱創のエースナンバー波多野投手
城南菱創のエースナンバー波多野投手

この波多野投手がマウンドに上がってから、試合は完全にこう着状態に入ります。
5回のグラウンド整備まで、3奪三振、1与四死球、1被安打と京都共栄に追加点を許しません。

城南菱創は7回裏にチャンスを作ります。
先頭の田口選手がサードへセーフティーバントを成功させ出塁。
続く4番の神田選手もライト前へヒットで無死13塁とチャンスを広げます。
ここで村上選手もレフト前へタイムリーを放ち3連打で1点を返します。

タイムリーの村上選手
タイムリーの村上選手

さらに2死となりますが、大林選手もライト前にタイムリーを放ちこの回2点となり、2-4とその差、わずか2点と迫ります。

タイムリーの大林選手
タイムリーの大林選手

8回表から城南菱創は3人目の投手としてセカンドを守っていた田口選手がマウンドへ上がります。

ライアン投法の田口投手
ライアン投法の田口投手

しかし代わって直後、連続四死球などで無死23塁のピンチを作ります。
1死となったところで大西選手にセンター前に2点タイムリーを打たれ、再度6-2と共栄が4点のリードと変わります。

2点タイムリーの大西選手
2点タイムリーの大西選手

しかし、ここまで旋風を起こしてきた城南菱創はまだ諦めません。
先頭の奥田選手がセンター前にヒットで出塁すると、1死12塁のチャンスに広がります。

ここで神田選手がセンターオーバーのタイムリー!
まずはセカンドランナーがホームインで3点目。
しかし勢いあまってファーストランナーもホームを突きますが、これがアウト。
さらに打者ランナーもサードでタッチアウトとなり、ビッグチャンスが一気に攻撃終了となります。

4点目のホームはならず!
4点目のホームはならず!

試合はこのまま終了となり、京都共栄がベスト4へ!
福知山成美や峰山が目立ってきた京都北部勢ですが、徐々に力をつけてきた共栄が甲子園に手が届く場所までたどり着いてきました。

一方の城南菱創ですが、粘り強いチームでした。
正直初回を見た感想では「西高はなんで負けたんだ?」と思いました。
しかし、不思議なパワーを持っているチーム。
「たられば」は勝負事に禁句ですが、8回裏の神田選手のセンターオーバータイムリーを3-6で、さらに1死23塁としていれば、その後の勢いなど考えれば、この試合どちらに転がったか分かりません。

城南菱創の選手には辛い表現かもしれませんが、「魔法が解けた瞬間」に思えました。

しかしここまでの戦いは十分に賞賛に値するもの。
最後の打者となった杏村選手や、好リリーフを見せた波多野選手などは下級生のうようですから、この秋以降の活躍が楽しみです。

野球強化校でない、純粋な「公立勢」と言ってよいでしょう。
城南菱創。おつかれさまでした。

スタンドに勝利の報告に向う京都共栄ナイン
スタンドに勝利の報告に向う京都共栄ナイン

スコア

京都共栄 310 000 020=6
城南菱創 000 000 210=3