京都外大西 VS 立命館

京都外大西 VS 立命館

2015年7月20日、夏季京都大会三回戦

わかさスタジアム京都

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

開会式のあとのブログ記事にも、今大会で注目しているチームの一つと紹介させて頂いた京都外大西。
そのベスト16をかけた戦いは、春季大会準優勝で今大会は優勝候補の一角として登場している立命館との戦いになりました。

京都外大西

7 山本航
8 大岩根
9 森
4 緒方
3 吉岡
6 谷本
1 安田
2 山本和
5 福崎

立命館

4 大杉
9 宮崎
5 小野
3 奈良
7 丸田
8 山本
6 森本
2 西山
1 西成

観戦記

立命館エースの西成投手
立命館エースの西成投手

立命館の先発はエースナンバーの西成投手。
春は2回観戦しましたが、力のあるストレートを武器にしているピッチャーです。

外大西は、初回早速その西成投手を攻めます。
先頭の山本航選手がライト線に二塁打で出塁すると、その後無死13塁のチャンス。
ここで3番の森選手がレフトへ犠牲フライを打ち、1点を先制します。

京都外大西が先制!
京都外大西が先制!

追う展開になった立命館。
外大西の先発もエースナンバーの安田投手。

京都外大西のエース安田投手
京都外大西のエース安田投手

初回をきっちり三者凡退に締めて、上々の立ち上がりを見せます。
すると2回表、またも外大西打線が躍動します。

先頭の谷本選手、続く安田選手の連続ヒットなどで1死満塁とすると、1番の山本航選手のピッチャーゴロの間に1点を追加します。

京都外大西2点目
京都外大西2点目

続く3回表も外大西ペース。
この回先頭の3番森選手がライトスタンドへソロホームラン!
これで3-0と序盤から優位に試合を進めます。

ソロホームランの森選手
ソロホームランの森選手

この回さらにヒットなどで1死23塁とすると、安田選手の内野ゴロの間にさらに1点を追加。
3回を終わって4-0とします。

4回表から立命館は2番手の守山投手をマウンドへ。

立命館2番手の守山投手
立命館2番手の守山投手

代わった守山投手がナイスピッチング!
四球を一つだすも、この回3つの空振り三振で外大西ペースの流れを食い止めます。

すると4回裏の立命館。
この回先頭の2番宮崎選手がこの試合、チーム初安打を記録します。

チーム初安打の宮崎選手
チーム初安打の宮崎選手

しかし、この回は続く小野選手にもヒットが出ましたが無得点に終わります。

すると再び外大西。
5回表は1死後、吉岡選手、谷本選手が連打で出塁し、ピッチャーの安田選手が、走者一掃の2塁打を左中間に放ち、6-0と大量リードの展開になります。

タイムリーの安田選手
タイムリーの安田選手

5回裏の立命館は三人で攻撃を終え、前半を6-0。
コールドも意識する展開のままグラウンド整備と後半戦に移ります。

6回表の外大西は1死12塁!
ここで主砲緒方選手を迎え、いよいよ外大西が「トドメ」をさすかと思いましたが・・・

緒方選手は併殺打に倒れ、この回の外大西は無得点に終わります。
すると6回裏の立命館。

1死後、大杉、宮崎両選手が四球で出塁。
ここで小野選手のセカンドゴロは併殺打!
と思った矢先、エラーでランナーはオールセーフ!
満塁のビッグチャンスで、なんと立命館は主砲奈良選手に代えて左の松本選手を代打に送ります。

ここで期待に応えセンター前にタイムリー!
まずは1点を立命館が返します。

タイムリーの松本選手
タイムリーの松本選手

さらに続く丸田選手が左中間を破り、走者一掃の3塁打。
一気に6-4とその差2点差まで詰め寄ります。

タイムリー3塁打の丸田選手
タイムリー3塁打の丸田選手

この回、立命館はあと1点を加え、6-5とその差1点まで詰め寄ります。

なお外大西は1点差に詰め寄られ、ピッチャーを前田投手に代えます。

京都外大西2番手の前田投手
京都外大西2番手の前田投手

流れが完全に立命館に移ったかと思った7回表。
外大西は3つの四死球で無死満塁とチャンスを貰います。
ここで山本和選手が打席に入ると、牽制悪送球で2点を追加!
外大西はノーヒットで貴重な追加点を挙げます。

外大西、貴重な追加点
外大西、貴重な追加点

外大西が8-5とリードした8回表から、立命館は3番手に桑田投手をマウンドへ送ります。

立命館桑田投手
立命館桑田投手

試合はこのまま9回裏の立命館の攻撃に移ります。
すでに2死ランナー無し。
ここで下位ながら春の準決勝では、立命館宇治の好投手・山下投手からホームランも打っているパワーヒッターの西山選手を迎えます。

しかしこの場面は空振り三振!
京都外大西がシード立命館を破り久しぶりに夏の大会でベスト16進出!

三原監督時代には夏準優勝、センバツベスト4など、輝かしい全国での実績を残した名門チームが確かに復活に向って一歩を踏み出したようなゲームでした。

一方敗れた立命館は、戦前予想させて頂いたとおり、結果的には投手力の不安が的中し、敗北となりましたが、6回の怒涛の反撃はシード校の自力そのものだったと思います。

しかし、主砲奈良選手をはじめ、大杉、宮崎両選手の12番コンビ。
今日もタイムリー3塁打を放った丸田選手など打線の軸になる選手がまだ2年生というのは頼もしい限り。

新チームの立命館。
これは侮れないチームだと思いますので、この悔しさをバネにして欲しいと思います。

京都外大西の校歌斉唱
京都外大西の校歌斉唱

京都外大西のオリジナル応援曲はいいですね!
洗練されていて、正直全国でも1、2位を争うものだと思っています。
このまま「強い西高」復活を目指して熱い夏を演出してください。
期待しています。

スコア

外大西 112 020 200 =8
立命館 000 005 000 =5