Category Archives: 2014年度 高校野球

2014年高校野球春季京都大会まとめ

2014年の春季京都大会は、龍谷大平安が優勝して幕を閉じましたが、その間このブログは更新ストップしていましたので、思い出として記事。

平安 VS 日星

平安 VS 日星

この試合は平安がセンバツ優勝して京都凱旋初戦ということで盛り上がった試合でした。
ボールを追いにいっているのが日星の捕手亀井選手。
ドラフトで横浜DeNAから育成ですが指名されましたね。
プロに入ってからも活躍してほしいです。

鳥羽エース島西投手

鳥羽エース島西投手

こちら鳥羽高校のエース島西投手。
体格もよくストレートも速いピッチャーでしたが、変化球で討ち取るタイプの投手でしたね。
大学進学でしょうかね?今後の成長に注目をしていきたい選手の一人でした。

北稜戦で力投する立命館宇治山上投手

北稜戦で力投する立命館宇治山上投手

2014年の京都球界で一番の速球王と言えばなんといっても立命館宇治の山上投手でした。
残念ながら甲子園には出場できませんでしたが、こちらも恐らく大学進学ですかね?
こちらも今後の成長ぶりをチェックしていきたい選手でした。
北稜もいいチームでした。

塔南木曽田選手

塔南木曽田選手

マウンドは平安の中田君ですね。
そして塔南の木曽田君。
この春季大会は大活躍でした。
こうやって見るとやはりいい体格していますね。
全国的な知名度はまだまだかもしれませんが、大学野球でも活躍して欲しいです。

今更感満載の記事ですが、2014年の春季大会を個人的に振り返ってみました(笑)

 

2014年高校野球夏季京都大会まとめ

春季大会同様、ブログ休止していましたので、2014年の夏季京都大会の個人的な思い出シーンを記録を含めて記事にします。

平安優勝の閉会式

平安優勝の閉会式

春夏連覇はなりませんでしたが、本当に2014年の京都球界では平安がズバ抜けていましたね。

太陽が丘球場の開会式1

太陽が丘球場の開会式1

太陽が丘球場の開会式2

太陽が丘球場の開会式2

鴨沂戦で力投する京都翔英の三田村投手

鴨沂戦で力投する京都翔英の三田村投手

そして衝撃が走ったのが、この10年ほど京都球界で平安と双璧をなしてきた福知山成美の田所監督がこの大会で勇退される発表でした。

試合前ノックする福知山成美の田所監督

試合前ノックする福知山成美の田所監督

福知山成美のエース石原投手

福知山成美のエース石原投手

この石原君はセンバツベスト8の立役者でしたね。
インターネットでも進学などの情報が現時点で流れてないですが、今後の活躍を期待したい選手です。

サヨナラ勝ちにわく乙訓選手

サヨナラ勝ちにわく乙訓選手

そしてセンバツベスト8福知山成美の夏を終わらせたのが、公立乙訓でした。
乙訓も三木君、上堀君というWの好投手を擁したいいチームでした。

個人的には2014年の生観戦の中で最も印象に残ったのが、この成美と乙訓の一戦です。

旋風を起こした山城高校

旋風を起こした山城高校

あくまで写真が残っているものだけで振り返っていますので、これらの試合以外にも印象に残っている名場面、選手達は多くいます。

例えば京都国際の佐田君。
平安戦での長打や、試合に敗れた後泣いていた姿は印象的でした。

東山と西城陽の試合も印象的でした。
綾部も素晴らしいチームでした。

この大会、平安の強さ以外に目立ったのは他のシード勢が、伏兵に敗れていくシーンでした。
そして京都すばる、山城といった鳥羽以外の公立勢の活躍でした。

重優勝した京都すばる

重優勝した京都すばる

決勝戦での平安徳本選手の打席

決勝戦での平安徳本選手の打席

平安徳本選手

平安徳本選手

優勝インタビューを受ける平安河合選手

優勝インタビューを受ける平安河合選手

まとめて夏の思い出アルバムのように記事を書きましたが、これからは、ちゃんと試合内容もとどめていくようにしようっと・・・

2014年も感動の多い大会でした。
球児のみなさん、本当にありがとうございました!

FJ313242

龍谷大平安 VS 京都すばる

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年7月25日、夏季京都大会決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都すばる

4 田中
6 石通
9 田井
2 三輪
3 川野
8 塩出
7 木下
5 西尾来
1 山田

龍谷大平安

8 徳本
9 大谷
7 中口
3 河合
2 高橋佑
6 石川
5 常
4 姫野
1 元氏

龍谷大平安先発の元氏投手

龍谷大平安先発の元氏投手

京都すばる先発の山田投手

京都すばる先発の山田投手

2年生同士の先発で始まった京都大会の決勝戦。
まずはセンバツ優勝チームの平安が初回、早速4番河合選手のタイムリーなどで2点を先制します。

さらに2回裏にも平安が3点を追加し、序盤で平安5-0京すばると平安が大量リードする展開になりました。

一方、平安先発の元氏投手は前半の5回を5奪三振と上々の立ち上がりを見せると、直後の5回裏、平安はセンバツの頃の3番から下位に回された姫野選手の意地の3ランホームランで一挙8-0と大きく平安がリードしてゲームを折り返します。

竜谷大平安不動の先頭バッター徳本選手

竜谷大平安不動の先頭バッター徳本選手

平安は7回裏にも2点を追加し10-0と大きくリード。
最終回は背番号1の右の中田投手があがり、ランナーを許すも無得点に抑え、2年ぶり33回目の甲子園出場を決めた試合でした。

優勝インタビューの平安原田監督

優勝インタビューの平安原田監督

同じく優勝インタビューの河合選手

同じく優勝インタビューの河合選手

閉会式の場面

閉会式の場面

すばる 000 000 000=0
龍平安 230 030 20x=10
(2年ぶり33回目の優勝)

龍谷大平安 VS 塔南

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年5月5日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

塔南スタメン

8藤田
6島田
4前田
7木曽田
3小菅
2芦田
5松山
9小屋
1大江

龍谷大平安

8徳本
9大谷
4姫野
3河合
7中口
5常
6石川
2高橋
1犬塚

龍谷大平安の犬塚投手

龍谷大平安の犬塚投手

初回、塔南は木曽田選手が2試合連続のホームランで2点を先制します。

しかし平安は2回に1点を返すと、3回表の塔南の2死満塁のピンチを凌ぎ、3回裏の猛攻を迎えます。

早くもマウンドに上がった平安の中田投手

早くもマウンドに上がった平安の中田投手

3回裏の平安は高橋選手の3塁打などで一挙に5得点。
平安6-2塔南とさすが同年のセンバツを制したチームの片鱗を見せます。

平安は5回裏にも2点を追加し、6回裏、11-2と大きくリードし、まだ2人の走者を置いて下級生の西川選手が代打で登場。

ここで西川選手は3ランホームランを放ちサヨナラコールドを決めベスト4進出を決めました。

塔南 200 000=2
平安 015 026x=14
(6回コールドゲーム)

鳥羽 VS 京都外大西

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年5月5日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都外大西

5福尾
9島田
6森崎
4大森
3高田
1曽我
7森
8円城寺
2浅田

鳥羽

8森田
5太田
6番場
3山本
7高澤
2梅谷
9亀岡
4中嶋
1島西

鳥羽の先発島西投手

鳥羽の先発島西投手

バッターボックスに向う鳥羽番場選手

バッターボックスに向う鳥羽番場選手

2回裏、鳥羽は島西選手がライトオーバーのタイムリー3塁打などで先制します。

続く3回裏にも鳥羽は1死満塁のチャンスを掴みますが、ここは外大西3番手の藤本投手が踏ん張ります。

4回表、外大西は1死23塁とチャンスを迎えますが無得点に終わると、直後の4回裏、鳥羽は番場選手のライト前タイムリーや、外大西の守備の乱れなどで3点を追加し鳥羽5-0外大西と大きくリードする展開となります。

番場選手のタイムリーの場面

番場選手のタイムリーの場面

5回、6回にもそれぞれ2点づつ追加した鳥羽が9-0と7回コールドで勝利しベスト4へ進出。
この後、準決勝で敗れはしましたが、3位で出場した春季近畿大会では、この年のドラフトで巨人から1位指名を受けた岡本選手の奈良智弁学園に勝利するなど、甲子園に出ても期待できた活躍を見せてくれました。

京外西 000 000 0=0
鳥     羽 020 322 X=9
(7回コールドゲーム)

塔南 VS 綾部

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

綾部

6萌抜
2白丸
8荒木
9小嶋
3岡部
7篠田
5太田
1足立
4柳井

塔南

8徳永
4島田
9藤田
3前田
7木曽田
5松山
2芦田
6米野
1大江

綾部先発の足立投手

綾部先発の足立投手

塔南先発の大江投手

塔南先発の大江投手

初回、塔南が木曽田選手の2ランホームランなどで3点を先制します。
綾部は2回裏、太田選手のライト前タイムリーで1点を返しますが、直後の3回表に芦田選手の2点タイムリーで序盤3回を終えて、塔南5-1綾部とリードします。

塔南は7回表に木曽田選手のタイムリーなどで2点を追加。
7回裏から塔南は左の川瀬投手へ継投します。

試合は8回表にも塔南が4点を追加し、そのままコールドで勝利しました。

塔南 302 000 24=11
綾部 010 000 00=1

龍谷大平安 VS 日星

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

日星

2亀井
9浅野
5山崎
8山上
3川野
6新宮
7金子
4上林
1浪江

龍谷大平安

8徳本
9大谷
4姫野
3河合
7中口
5常
6石川
2高橋祐
1犬塚

龍谷大平安の犬塚投手

龍谷大平安の犬塚投手

日星の先発浪江投手

日星の先発浪江投手

プロ入りした日星の亀井捕手

プロ入りした日星の亀井捕手

この試合、序盤からセンバツ優勝後、初めての公式戦になった平安ペースで進みました。

6回裏にはセンバツ決勝でもホームランを放った主砲・河合選手がライトスタンドへソロホームラン。
5-0と平安が優勢に試合を進めます。

しかし7回表、8回表と日星が反撃。
平安は二番手に田丸投手から、センバツ優勝投手の中田投手へ継投しますが平安5-4日星と詰め寄ります。

日星も浪江投手から波田野投手、内藤投手と継投しますが、8回裏に河合選手に犠牲フライで1点を追加され、そのままゲームセット。
序盤のチャンスをいかしきれなかったことが、終盤のもつれになったゲームでした。

日星 000 000 220=4
平安 100 301 01x=6

京都成章 VS 東宇治

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2015年4月25日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都成章

7柴田
8松岡
5石濱
3桝井
4西井
2山本
8岡本
1齋藤
6北側

東宇治

6辻
4曽我
8西川
3林中
9大嶋
7笠井
1吉村
5古市
2渡邊

東宇治の先発吉村投手

東宇治の先発吉村投手

京都成章の先発齋藤投手

京都成章の先発齋藤投手

京成章 113 411 2=13
東宇治 002 000 0=2
(7回コールドで成章が勝利)

※詳細の情報は残っていません。

立命館宇治 VS 北稜

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2015年4月25日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

北稜

9牛尾
8林雅
4中野
5林大
3山田
6岩本
2渡邊
7中山
1山本

立命館宇治

5上西
4村尾
9奈良
2林
3伊藤
7村井
8森
1山上
6森田

立命館宇治の山上投手

立命館宇治の山上投手

北稜の山本投手

北稜の山本投手

1回、2回と立命館宇治がチャンスを作るも無得点。
耐えた北稜は4回表に3番の中野選手、4番の林選手とクリーンアップに連続長打が出て先制。
さらにこの回1点を加えて2点をリードします。

その直後、立命館宇治は9番の森田選手が犠牲フライで1点を返します。
尚この記事は2015年8月に書いているのですが、森田選手、こう見ると1年生の頃からスタメンで起用されていたんですね!

6回裏には再度、森田選手のタイムリー2塁打で同点に追いつきます。

立命館宇治が2-2の同点に追いつきました

立命館宇治が2-2の同点に追いつきました

7回裏には村井選手のタイムリーで勝ち越すと、8回には一挙4点を追加した立命館宇治が、右の本格派・山上投手の8奪三振の好投も光り7-2で勝利し、ベスト8へコマを進めたゲームでした。

北  稜 000 200 000=2
立宇治 000 101 14x=7

2013秋季近畿大会 | 龍谷大平安 VS 智辯学園

2013年10月26日に奈良・佐藤薬品スタジアムで行われた、秋季近畿大会の準々決勝。
勝ったほうがベスト4で事実上来春のセンバツ代表に選ばれることは間違いない、大一番。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

平安の先発は、府大会ではベンチにすら入っていなかったサウスポーの高橋くん。
ダイナミックな投球フォームに将来性を感じます。

 

そして対する智辯。
こちらはプロ注目のスラッガー岡本くん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ほぼ全打席、平安も勝負を避けるほどのオーラ。
この試合は4打席回ってきて1打数ノーヒット。3四球でした。

 

さて試合は序盤から平安が攻め立てます。
京都大会から平安戦は見てきましたが、このクラスの相手でも十分に通用する打線は、全国でも楽しみです。

 

しかし、なかなかあと一本が出ず、重い空気でしたが、途中センスのある姫野くんにソロホームランが飛び出し、平安が2-0と終盤戦へ。

 

智辯も1点を返し、最終回も2死ながらランナーを3塁まで進めますが、最後はサードゴロ。
平安がベスト4進出一番乗りとなりました。

 

とにかく両者雰囲気もありましたし、力は互角だったと思いますが、今年の平安はこの数年の中では一番完成度が高いように感じます。

スター選手は不在なんですが、全員が2塁打を打てるような、どこからでも得点できる攻撃力が魅力です。強いて言えば投手陣がやや不安なんですが、前チームのような福岡くんという絶対的エースがいないほうが、この平安というチームは継投にも踏み込みやすいのでしょうか。

 

とかく「繋がり」のある好チーム。
久しぶりに全国でも勝負強い京都勢を見せて欲しいと思います。