Category Archives: 2014秋季近畿大会

天理 VS 大阪桐蔭

2014年10月25日、秋季近畿大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

★近畿大会は選手別の写真を撮り損ねていました・・・

天理
8 船曳
7 齋藤
6 貞光
3 坂口
9 富木
5 川崎
4 前久保
1 森浦
2 堤田

大阪桐蔭
5 中山
4 永廣
6 福田
8 青柳
9 藤井
3 吉澤
7 濱田
2 谷口
1 田中

tenri

 

近畿大会準々決勝最後の試合。
ここまで立命館宇治、奈良大附、龍谷大平安がベスト4でセンバツをほぼ当確させています。
準決勝進出最後の1チームはどちらか?
優勝候補とも言われる両雄の激突になりました。

1回表、天理は船曳君の大飛球がありましたが三者凡退に終わります。

2回裏、大阪桐蔭は1死13塁のチャンスをつかみますが無得点。

3回表は天理が2死2塁のチャンスも無得点。
その裏の桐蔭は1番打者の中山君が大飛球を放ちますがいずれも無得点に終わり、序盤を終了し0-0と両雄譲りません。

4回表、天理は貞光君の2塁打をきっかけにチャンスを作り、川崎君のレフト前タイムリーで2点を先制。
天理2-0大阪桐蔭と天理が主導権を握ります。

5回裏には大阪桐蔭が永廣君のタイムリー2塁打で1点を返し、天理2-1大阪桐蔭で前半5回を終了。

しかし、この試合は前々日が仕事で会社泊まり・・・
二日続けの観戦疲れがドッときたため、無念の観戦中断となりました。

この後両チーム1点を追加しあいゲーム終了となり、天理がベスト4でセンバツをほぼ当確とさせました。

大阪桐蔭もほぼセンバツ当確と思いますが、両者甲子園でも上位を争える実力を持っていると思います。

天理 000 201 000=3
桐蔭 000 010 001=2

龍谷大平安 VS 北大津

2014年10月25日、秋季近畿大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

★近畿大会は選手別の写真を撮り損ねていました・・・

北大津
6 野口
2 竹馬
3 武田
9 杉原
5 山口
8 松田
4 北川
7 荒井
1 草野

龍谷大平安
9 大北
2 吉村
5 堀北
3 西川
8 城島
7 福本
6 橋本
1 高橋
4 城ケ原

heian

 

1回表、北大津は平安のエラーで1死2塁のチャンス。
ここで武田君がライト前タイムリーで1点を先制。

続く2回表も北大津は松田君の2塁打に平安の守備の乱れが加わり1点を追加。2-0とリードを広げます。

3回裏、平安は城ケ原君がチーム初安打を放ち、1死12塁のチャンスをつかみますが無得点に終わります。

5回表の北大津は北川君のヒット。
さらに平安エース高橋君の牽制悪送球が重なり無死13塁のチャンスをつかみます。

ここで北大津は2点を追加し、5回を終了して4-0と北大津がリードして前半を終了します。

そしてわかさスタジアムお馴染みの、平安OBのシンガーソングライター佐々木清次さんの「負けてたまるか」が流れ、グラウンド整備が行われます。それが終わった6回裏。

平安は主砲西川君の右中間破るタイムリー3塁打で1点返します。
さらに城島君も3塁打で続き2点差。
1死3塁の場面で北大津がバッテリーエラーで平安が1点差まで追い上げます。

平安の攻撃はさらに続き福本君、橋本君も2塁打で一気に同点に追いつきます。
「負けてたまるか」の歌詞のような平安の怒涛の攻撃ですが、前チームではよく見ましたが、新チームでは初めて見させていただきました。

7回裏も平安は吉村君の3塁打などでついに1点を勝ち越し。
平安5-4北大津と逆転に成功します。

8回裏の平安は無死23塁のチャンスをつかみますが、2死13塁まで北大津が踏ん張りますが、ここで平安はダブルスチール!
さらに1点を追加し、6-4とリードします。

9回表の北大津は松田君がヒットで無死1塁のチャンスを掴みますが、最後は併殺打でゲームセット。
平安はベスト4進出で3年連続のセンバツ出場がほぼ確定的になりました。

北大津は野洲戦以来の生観戦でしたが、あの時よりチームの精度が上がっていたと思います。
滋賀勢は近江と共にベスト8とまりになるので、この時点でセンバツがかなり厳しくなったかもしれませんが、夏に向けてさらに素晴らしいチームを仕上げて欲しいと思います。

北大津 110 020 000=4
龍平安 000 004 11x=6

奈良大附 VS 箕島

2014年10月26日、秋季近畿大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

★この試合は写真を撮り損ねていました・・・

箕島
8 富山
4 滝本
6 宮下
3 井上
7 岡本
5 八木
9 中平
2 田中
1 中村

奈良大附
8 加藤
4 前田
3 池田
5 中谷
9 飯野
7 井口
1 坂口
6 松下
2 高橋

奈良大は勝てば念願の甲子園がグッと近づきます。
対するは古豪箕島。

奈良大はエース坂口君が話題の投手。
評判通りのピッチングで中盤まで箕島打線を抑えます。

対する箕島の先発左腕中村君も変則的なフォームから奈良大附を抑えていきます。

試合が動いたのはグラウンド整備が終わった直後の6回表。

箕島は無死満塁のチャンスをつかみ、押し出し四球と犠飛で2点を先制します。

6回裏、奈良大は先頭打者が死球で出塁。
しかしこのチャンスは併殺打で終わりますが、2死から奈良大の好打者池田君。

この池田君は長身細身の筋肉質な体型です。
バットをグルグル回しタイミングをはかる姿もオーラを感じますが、この場面でセンター前ヒット!
しかし、なぜか池田君この場面でセカンドを狙いタッチアウトになりましたが、やや暴走に見えたシーンでした。

7回表の箕島は田中脩君が両チーム初の長打(2塁打)をきっかけに2死13塁のチャンスをつかみますが無得点に終わります。

その裏、2-0と箕島リードで迎えますが、1死2塁と奈良大がチャンスを迎えたところで、箕島はエースナンバーの福居君にマウンド交代します。

しかし1死12塁の場面からピッチャー坂口君がタイムリーを放ち、奈良大が1-2と箕島に迫ります。
その後、なおチャンスを広げ1死満塁!
ここでスクイズで奈良大が2-2と同点に追いつきます。

続く8回裏も奈良大が1死満塁とチャンスを作りますが無得点に終わります。

しかし終盤は完全に奈良大のペースでゲームが動き、9回裏、前田君がレフトオーバーのサヨナラタイムリーで奈良大がベスト4進出。

選手が優勝したようにベンチから飛び出し、事実上の甲子園初出場の瞬間を喜び合っていました。
箕島はもう少し機動力を使うなどの工夫が欲しいと感じましたが、名将尾藤監督。
勝負はこの先と見てあえて単調に映るゲームプランを選択されたのかもしれません。

箕島 000 002 000=2
奈良 000 000 201x=3

立命館宇治 VS 近江

2014年10月25日、秋季近畿大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

★近畿大会は選手別の写真を撮り損ねていました・・・

夏の甲子園で活躍した近江と、いつも地元京都で観戦している立命館宇治が対戦。

立命館宇治
6 森田
5 上西
9 奈良
3 伊藤
7 藤岡拓
8 北原
2 百田
4 中原
1 山下

近江
4 奥田
6 仲矢
7 杉野
8 笹治
9 山本
3 岡
5 日比
2 坪倉
1 小川

uji

 

近畿ナンバーワン右腕、ドラフト候補と評判の近江小川投手を、立命館宇治がどう攻略するかというゲームですが、ゲームが動いたのは3回表。

宇治主砲の伊藤君のタイムリーで1点を先制。

近江も4回裏に2死23塁のチャンスを掴みますが無得点に終わります。
その直後5回表に宇治は藤岡君のツーランホームランで2点を追加。

5回裏に近江は小川君に代打。
好投手小川君は5回3失点でKOになります。
しかし、近江はこの回1死満塁の大チャンス。
このチャンスに犠飛のみの1点に終わり、前半5回終わり、立命館宇治が3-1で近江をリードします。

グラウンド整備が終わり6回表。
宇治はこの回先頭の山下君が3塁打。
無死13塁となり上西君のレフト前タイムリーで立命館宇治が4点目!
この後伊藤君のタイムリーなどで、この回3点を追加。

6回表を終わり立命館宇治は6-1と優位にゲームを進めます。

しかしその裏、近江は日比君のセンターオーバーのタイムリー3塁打で1点を返し、なお無死3塁!
しかしこのチャンスも近江は生かしきれず1点止まり。
6回終了して立命館宇治6-2近江となります。

7回表から近江は3番手のサラサル君がマウンドへ。
1死3塁のピンチを招きますが、宇治の攻撃はスクイズ失敗となります。

近江も再三チャンスは作り、7回裏は1死12塁と攻めますがまたしても無得点。

9回裏も2死12塁とチャンスを作りますが無得点。
立命館宇治がベスト4入りでセンバツ代表をほぼ確定させました。

近江も点差ほどの実力差は感じませんでした。
センバツは微妙な判定になるかと思いますが、出場できれば夏の再現は期待できるチームだと思います。

宇治 001 023 000=6
近江 000 011 000=2

大阪桐蔭 VS 日高中津

2014年10月25日、秋季近畿大会1回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

★近畿大会は選手別の写真を撮り損ねていました・・・

日高中津
7 増田
9 庄司
6 仲
5 岡崎
3 北村
8 早田
4 西出
2 中原
1 栗栖

大阪桐蔭
5 中山
4 永廣
6 福田
8 青柳
9 藤井
7 濱田
3 原田
2 谷口
1 田中

2014年夏の甲子園優勝チーム大阪桐蔭が近畿大会に登場。
相手は甲子園経験もある和歌山の日高中津

toin

1回裏、大阪桐蔭の先頭中山君の2塁打、福田君の犠飛でまずは1点を先制。

夏の甲子園でも活躍した桐蔭田中君は上々の立ち上がり。
2回裏、大阪桐蔭は2死3塁で谷口君、またも中山君の2塁打などで一挙に4点先制。

3回裏からは日高中津は2番手の岩崎君に投手交代。
しかし桐蔭の攻撃はとまらず無死満塁のチャンス!
ここでも3点を追加し、すでに8-0と大量リード。

4回裏も大阪桐蔭主砲の青柳君のホームラン性のあたりはフェンス上段にあたるタイムリー2塁打などで2点を追加し10点差をつけます。

5回表も日高中津は無得点に終わり5回コールドで大阪桐蔭がベスト8進出!

ほぼセンバツ代表に当確でしょう。
大阪桐蔭の選手は体格もよく、さすが日本一のチームだなというオーラを持っていますね。

日高中津 000 00=0
大阪桐蔭 143 2x=10