Category Archives: 2014秋季京都大会

龍谷大平安 VS 京都成章

2014年10月4日、秋季京都大会2次戦準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都成章
9 喜多村
6 佐田
3 内川
7 松田
8 岡本
2 山本
5 高橋
1 日下
4 常塚

龍谷大平安
9 大北
2 吉村
5 堀北
3 西川
6 橋本
8 城島
1 高橋
4 城ケ原
7 竹内

2014年センバツを制した龍谷大平安の新チームを、ようやく初観戦!
前チームは徳本君、河合君、石川君などさすが全国制覇を成し遂げただけに凄い顔ぶれでしたが、新チームは投手の高橋君、元氏君は残りましたが野手陣はほぼ総入れ替え。

果たして新チームの実力は?

平安の試合前アップ

平安の試合前アップ

先発の両投手も左右の「ライアン投法」のエース。
京都成章も久しぶりにベスト4まで勝ち上がってきましたね!

平安高橋君

平安高橋君

力投する日下投手

力投する日下投手

まずは1回表、成章が岡本君のタイムリーで先制。

日下君もまずまずの立ち上がりかと思いましたが、3回裏、自軍のミスも重なり逆転されます。
しかし2-1とされた1死満塁のピンチの場面は、橋本君を併殺に打ち取り日下君耐えます。

5回裏、平安は城ケ原君のタイムリーなどで一気に4点を追加!
前半を終えて6-1と平安がリードします。

6回裏から成章は富塚君がマウンドへ!
日下君ノックアウトされてしまいます・・・

7回表、成章は無死23塁のビッグチャンス。
しかしこのチャンスで犠飛のみの1点にとまってしまいます。
7回表終わり平安6-2成章。

7回裏の平安の攻撃

7回裏の平安の攻撃

7回裏、平安は押し出し死球や、敵失で3点をとってコールド勝ち。
前チームとどうしても比較してしまうため、それでもやや物足りなく感じなく感じましたが、京都でトップクラスの日下君をKOした攻撃力はやはり力ありますね。

決勝進出と秋季近畿大会への出場を決めました。

成章 100 000 1=2
平安 002 040 3x=9

 

 

 

 

 

立命館宇治 VS 鳥羽

2014年10月4日、秋季京都大会2次戦準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

立命館宇治
6 森田
5 上西
9 奈良
3 伊藤
7 藤岡拓
8 北原
2 百田
4 中原
1 山下

鳥羽
8 伊那
7 田淵
4 中嶋
3 小薗
2 梅谷
9 宮西
1 松尾
5 岩切
6 南

鳥羽松尾投手

鳥羽松尾投手

 

立命館宇治山下投手

立命館宇治山下投手

立命館宇治は前チームにも山上君という豪腕投手がいましたが、このチームもサウスポーの山下君という好投手が!

対する鳥羽も前チームにサウスポーの島西君という大黒柱がいましたが、この新チームにも右の松尾君という好投手。

この両チームは毎年エースがしっかりしていますね!
実力校同士の注目の準決勝!

まず初回、立命館宇治は2四球のあと4番伊藤君が左中間破るタイムリー2塁打で2点を先制!

2回は両チームチャンスを作りますが無得点。
この試合目立つのは、宇治の名将・卯滝監督が珍しく怒号!
気合入ってます。

円陣で檄を飛ばす立命館宇治の卯滝監督

円陣で檄を飛ばす立命館宇治の卯滝監督

4回裏の鳥羽は鳥羽らしくエラーのランナーを2盗、3盗でチャンスを作りますが、この回もチャンス作れず無得点。

この時点で宇治2-0鳥羽です。

5回裏、鳥羽は回の先頭打者・岩切君の3塁打を川切りに、バッテリーエラーも絡んで一気に逆転!

前半5回を終わり宇治2-3鳥羽と逆転です。

4回鳥羽逆転

4回鳥羽逆転

7回表、立命館宇治は2死から中原君のタイムリー2塁打などで3点を奪い再逆転!

続く8回表は、前チームから残る立命館宇治の強打者・奈良君のレフトオーバーのタイムリーでさらに宇治が1点追加し、8回表終わり6-3で宇治がリード!

最終回、鳥羽も2死走者無しから1点返しますがゲームセット!
実力校同士の対決は立命館宇治が勝って決勝進出と、秋季近畿大会出場を決めました!

立宇治 200 000 310=6
鳥 羽 000 030 001=4

 

 

 

 

京都国際 VS 塔南

2014年9月21日、秋季京都大会2次戦2回戦
太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

塔南

6 井上裕
8 井上大
4 島田
5 松山
2 築山
7 川口
3 芦田
1 西原
9 荒木

京都国際
8 谷村
4 野崎
6 金本
2 土居
9 木村
7 柳
1 永井
3 高山
5 八若

実力校同士の一戦。
国際は前チームの大黒柱・佐田君が抜けましたが、夏に平安戦で投げていた速球派のサウスポー・永井君が残りました。

一方公立の強豪塔南はエース大江君や、強打者・木曽田君が抜けて本当に若返ったチームです。

京都国際永井投手

京都国際永井投手

塔南西原投手

塔南西原投手

 

試合は初回に国際が土居君、木村君の連続長打で2点を先制。
その後、両チームチャンスはあるものの得点奪えず4回表。
塔南築山君のソロホームランで1点返します。

続く5回表には井上大君の犠牲フライ、4番松山君が押し出し死球で塔南逆転(塔3-2国)

7回表にもこの試合当たっていた島田君のタイムリーで1点を追加し塔南がリードを広げたまま最終回へ。

9回裏2死23塁の場面で国際は谷村君が起死回生のツーベース。
同点に追いつきます。

10回表、塔南も2死13塁のチャンスがありましたが無得点。
11回表も塔南じゃ1死23塁と攻め立てますが無得点。

ピンチの後にチャンスありで、11回裏、国際は2死満塁。
ここで野崎君がライト前タイムリーでサヨナラ!
ベスト8へ進出。

今シーズンの京都国際は手強そうな印象を受けました!

塔南 000 120 100 00=4
国際 200 000 002 01x=5

京都成章 VS 桂

2014年9月21日、秋季京都大会2次戦2回戦
太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません


6 田中大
1 東澤
7 西村
9 菊池
5 中田
3 田村
8 坂井
4 黒川
2 赤塚

京都成章
5 喜多村
4 常塚
8 岡本
7 松田
3 木部
9 北島
2 山本
1 日下
6 久畑

この試合注目したのは、今シーズンの京都球界トップクラスの評判、成章の日下投手。

昨今流行(?)のライアン投法の投手。

成章日下投手

成章日下投手

桂東澤投手

桂東澤投手

 

試合はまず桂が2安打と敵失で先制!
しかし、すぐに成章も同点。

ゲームが大きく動いたのは3回裏。
桂のバッテリーエラーも絡み成章が4点を勝ち越し。

序盤ややモタついた印象だった日下君も5回投げ終わった時点で5奪三振と徐々に調子を上げてきた印象。

成章も単調な攻撃に映りましたが、日下くんこの後も評判通りのピッチング。
目視ですがストレートは130キロ前半といった感じでしょうか。

8回裏成章は代打井上君の特大のタイムリー3塁打、喜多村君のタイムリーで2点を追加したところで7点差となってコールド勝ちをおさめました。

桂高 100 000 00=1
成章 104 000 12x=8