Category Archives: 2014夏季京都大会

2014年高校野球夏季京都大会まとめ

春季大会同様、ブログ休止していましたので、2014年の夏季京都大会の個人的な思い出シーンを記録を含めて記事にします。

平安優勝の閉会式

平安優勝の閉会式

春夏連覇はなりませんでしたが、本当に2014年の京都球界では平安がズバ抜けていましたね。

太陽が丘球場の開会式1

太陽が丘球場の開会式1

太陽が丘球場の開会式2

太陽が丘球場の開会式2

鴨沂戦で力投する京都翔英の三田村投手

鴨沂戦で力投する京都翔英の三田村投手

そして衝撃が走ったのが、この10年ほど京都球界で平安と双璧をなしてきた福知山成美の田所監督がこの大会で勇退される発表でした。

試合前ノックする福知山成美の田所監督

試合前ノックする福知山成美の田所監督

福知山成美のエース石原投手

福知山成美のエース石原投手

この石原君はセンバツベスト8の立役者でしたね。
インターネットでも進学などの情報が現時点で流れてないですが、今後の活躍を期待したい選手です。

サヨナラ勝ちにわく乙訓選手

サヨナラ勝ちにわく乙訓選手

そしてセンバツベスト8福知山成美の夏を終わらせたのが、公立乙訓でした。
乙訓も三木君、上堀君というWの好投手を擁したいいチームでした。

個人的には2014年の生観戦の中で最も印象に残ったのが、この成美と乙訓の一戦です。

旋風を起こした山城高校

旋風を起こした山城高校

あくまで写真が残っているものだけで振り返っていますので、これらの試合以外にも印象に残っている名場面、選手達は多くいます。

例えば京都国際の佐田君。
平安戦での長打や、試合に敗れた後泣いていた姿は印象的でした。

東山と西城陽の試合も印象的でした。
綾部も素晴らしいチームでした。

この大会、平安の強さ以外に目立ったのは他のシード勢が、伏兵に敗れていくシーンでした。
そして京都すばる、山城といった鳥羽以外の公立勢の活躍でした。

重優勝した京都すばる

重優勝した京都すばる

決勝戦での平安徳本選手の打席

決勝戦での平安徳本選手の打席

平安徳本選手

平安徳本選手

優勝インタビューを受ける平安河合選手

優勝インタビューを受ける平安河合選手

まとめて夏の思い出アルバムのように記事を書きましたが、これからは、ちゃんと試合内容もとどめていくようにしようっと・・・

2014年も感動の多い大会でした。
球児のみなさん、本当にありがとうございました!

FJ313242

龍谷大平安 VS 京都すばる

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年7月25日、夏季京都大会決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都すばる

4 田中
6 石通
9 田井
2 三輪
3 川野
8 塩出
7 木下
5 西尾来
1 山田

龍谷大平安

8 徳本
9 大谷
7 中口
3 河合
2 高橋佑
6 石川
5 常
4 姫野
1 元氏

龍谷大平安先発の元氏投手

龍谷大平安先発の元氏投手

京都すばる先発の山田投手

京都すばる先発の山田投手

2年生同士の先発で始まった京都大会の決勝戦。
まずはセンバツ優勝チームの平安が初回、早速4番河合選手のタイムリーなどで2点を先制します。

さらに2回裏にも平安が3点を追加し、序盤で平安5-0京すばると平安が大量リードする展開になりました。

一方、平安先発の元氏投手は前半の5回を5奪三振と上々の立ち上がりを見せると、直後の5回裏、平安はセンバツの頃の3番から下位に回された姫野選手の意地の3ランホームランで一挙8-0と大きく平安がリードしてゲームを折り返します。

竜谷大平安不動の先頭バッター徳本選手

竜谷大平安不動の先頭バッター徳本選手

平安は7回裏にも2点を追加し10-0と大きくリード。
最終回は背番号1の右の中田投手があがり、ランナーを許すも無得点に抑え、2年ぶり33回目の甲子園出場を決めた試合でした。

優勝インタビューの平安原田監督

優勝インタビューの平安原田監督

同じく優勝インタビューの河合選手

同じく優勝インタビューの河合選手

閉会式の場面

閉会式の場面

すばる 000 000 000=0
龍平安 230 030 20x=10
(2年ぶり33回目の優勝)