カテゴリー別アーカイブ: 北嵯峨

[ 準々決勝 ] 京都翔英 VS 北嵯峨

2016年10月2日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

7 新田広
9 田中
6 阿部→1
2 川本
8 新田大
3 岡田
5 大谷
4 松本→H宮川→4 瓜田
1 内橋→H林ヶ谷→1 高田→1 坂田→6 山本

北嵯峨

9 尾崎
6 小西
1 浅田→3→1
2 細辻
3 佐藤→1 延廣→7 西村直
8 俣野
4 大槻
5 中嶋
7 服部→1→3 高橋

昨秋に続く秋季大会連続ベスト4入りを目指す京都翔英に、名門復活を目指す公立の北嵯峨の戦い。
まず守る北嵯峨はエース浅田投手が先発します。

北嵯峨エース浅田投手
北嵯峨エース浅田投手

1回表の京都翔英。

先頭・ 新田広選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く 田中選手もセンター前へ連打。
阿部選手はストレートの四球を選び無死満塁とすると、4番・川本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち、先制します。

川本選手の先制タイムリーヒット
川本選手の先制タイムリーヒット
田中選手が2点目のホームイン
田中選手が2点目のホームイン

さらに新田大選手のファーストゴロが敵失を誘い無死満塁とすると、6番・岡田選手がライト前ヒットで1点を追加し、3-0なお満塁となったところで北嵯峨は、背番号11の延廣投手へ継投。
浅田選手はファーストへ回ります。

北嵯峨2番手の延廣投手
北嵯峨2番手の延廣投手
岡田選手のタイムリーヒット
岡田選手のタイムリーヒット

代わり端7番・大谷選手を投手ゴロ併殺打に打ち取り、2死23塁としますが、続く・ 松本選手がレフト前へ2点タイムリーヒットを放ち、1回表を終わり5-0と京都翔英が大量リードを取ります。

京都翔英、初回に一気に5点目のホームイン
京都翔英、初回に一気に5点目のホームイン

代わって守備につく京都翔英はエース右腕、内橋投手が先発。

京都翔英エースの内橋投手
京都翔英エースの内橋投手

1回裏の北嵯峨の攻撃を三者凡退と、内橋投手上々の立ち上がりを見せます。

2回表も 京都翔英は先頭1番・新田広選手がライト前ヒットで出塁すると犠打と外野フライで2死3塁とすると、先制タイムリーヒットを放った主砲・川本選手がライト前へ弾き返し、1点を追加。
6-0と大きくリードを広げます。

川本選手のタイムリーヒット
川本選手のタイムリーヒット

対する北嵯峨は直後の2回裏。

先頭4番の細辻選手がライト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とします。

チーム発案だの細辻選手
チーム発案だの細辻選手

このチャンスで7番・大槻選手がセンター前ヒットを放ち、北嵯峨まず1点を返します。

タイムリーヒットの大槻選手
タイムリーヒットの大槻選手

さらに中嶋選手もセンター前ヒットで繋ぐと、9番・服部選手がセンター前へヒット。
この打球処理を翔英・新田大選手の処理が遅れた間に大槻選手がホームに戻り2点目。
2回を終わり2-6と、翔英のリードは4点と変わります。

服部選手のタイムリーヒット
服部選手のタイムリーヒット
大槻選手が2点目のホームイン
大槻選手が2点目のホームイン

序盤から激しく点の奪い合いになってきたこの試合。
3回表も京都翔英は1死から7番・大谷選手がショートへの内野安打で出塁すると、盗塁と外野フライで2死3塁とします。

ここで早くも先発の内橋投手に、背番号19の林ヶ谷選手が代打。
延廣投手が痛恨のボークを宣告され7点目が入ります。
(林ヶ谷選手はライトオーバーの二塁打)

ボークで大谷選手がホームイン
ボークで大谷選手がホームイン

3回裏の北嵯峨の攻撃から、翔英は背番号11の高田投手へ継投します。

翔英2番手の高田投手
翔英2番手の高田投手

代わり端、2死走者無しから、4番・細辻選手、5番・延廣選手にセンター前へ連打を浴び12塁とピンチを背負いますが、ここは俣野選手がいい当たりながらも、ショートライナーに倒れ、北嵯峨は無得点に終わります。

俣野選手の打球はショートライナー
俣野選手の打球はショートライナー

しかし北嵯峨は4回裏。

先頭7番・大槻選手がセンター前ヒットで出塁すると、パスボールと犠打で1死3塁のチャンスを作ります。
ここで9番服部選手はライトへの犠牲フライを放ち1点を追加。
3-7とします。

服部選手がライトへの犠牲フライ
服部選手がライトへの犠牲フライ

この後、5回は両チームとも1点づつを追加し合い、8-4で京都翔英がリードして前半5回を終了します。

グラウンド整備明けの6回表の京都翔英。

先頭2番・田中選手がライト線へ二塁打で出塁すると、北嵯峨は背番号10、レフトを守っていた服部投手が3番手のマウンドにあがります。

北嵯峨3番手の服部投手
北嵯峨3番手の服部投手

翔英は代わり端、阿部選手がライト前へ運び無死13塁とすると、当たっている主砲・川本選手がライトオーバーの二塁打で1点を追加、9-4とリードを広げます。

川本選手がタイムリー2塁打
川本選手がタイムリー2塁打

しかし、その後の大ピンチは凌いだ格好の北嵯峨は、直後の6回裏。

先頭8番・中嶋選手が四球で出塁。

ここで翔英は背番号10の坂田投手へ継投します。

翔英3番手の坂田投手
翔英3番手の坂田投手

服部選手が四球で繋ぐと、1番・尾崎選手はレフト前ヒットを放ち無死満塁とします。

3塁へ進む中嶋選手
3塁へ進む中嶋選手

ここで小西選手がスクイズを決め、まずは1点を返し、さらに1死23塁とします。

小西選手のスクイズ
小西選手のスクイズ

さらに浅田選手のセカンドゴロが敵失を誘い1点を追加。
6-9と3点差に迫り、続く細辻選手が四球で繋ぎ1死満塁となったところで、翔英は4番手にショートの阿部選手をマウンドへ送ります。

服部選手が6点目のホームイン
服部選手が6点目のホームイン
翔英4番手の阿部投手
翔英4番手の阿部投手

代わり端、途中出場の5番・西村直選手のショートゴロの間にさらに1点。
この回3点目となり7-9と2点差にまで迫っていきます。

尾崎選手が7点目のホームイン
尾崎選手が7点目のホームイン

しかし京都翔英も負けてはいません。
直後の7回表。

1死走者無しから、1番・新田広選手が四球で出塁すると、田中選手、阿部選手とレフト前へ連打で1死満塁とすると、川本選手がフルカウントから押し出し四球を選び1点を追加。
10-7とします。

川本選手が押し出しの四球を選ぶ
川本選手が押し出しの四球を選ぶ

さらに続く新田大選手がレフトへ犠牲フライを放ち、11-7とすると、続く6番・岡田選手がレフトオーバーの二塁打を放ち12-7と再度5点のリードとします。

岡田選手がタイムリー二塁打
岡田選手がタイムリー二塁打

5点差のまま迎えた9回表、京都翔英は先頭4番・川本選手がライト前ヒットで出塁すると、1死後、岡田選手がライト前ヒット。
さらに大谷選手がファーストへ犠打を試みますが、これが内野安打となって1死満塁となります。

ここで途中出場の8番・瓜田選手がライトへの犠牲フライを放ち1点を追加するとさらに敬遠四球などで2死満塁と攻めます。

ここで1番・新田広選手は押し出し四球えを選び1点を追加。
さらに2番・田中選手もセンター前へタイムリーヒットを放ち2者生還。
この回一気に4点とって16-7安打となったところで、北嵯峨は再度エース浅田投手を4番手のマウンドへ送ります。

田中選手が2点タイムリーヒット
田中選手が2点タイムリーヒット

壮絶な打撃戦となったこの試合でしたが、9回裏の北嵯峨は三者凡退に終わり16-7で京都翔英が勝ち、2年連続で秋の大会ベスト4進出が決まりました。

両チーム合せて35安打を打ち合いましたが、まず勝った翔英。
前戦の京都学園戦で感じたとおり、打撃力は夏のチームにヒケを取らないレベルだと思います。

課題は投手力。
恐らくこのチームは最後が阿部投手に任せるのが勝ちパターンになってくるのでしょうが、そこまで内橋投手らがしっかりと繋いでいけるか。
ここはこの秋季期間中はさずがに厳しいと思いますので、冬から春にかけての成長に期待したいところです。

対する北嵯峨。
「イケイケ」のムードが出てくると、「格上」のチーム相手でも、むしろ飲み込んでしまうような雰囲気が出てくるのは、2013年、春準優勝で、夏ベスト8だった頃のチームにも似たようなものを感じます。

課題はこちらも投手力を中心としたディフェンス面。
冬を越えて、浅田投手が一回りスケールアップしてくると、このチーム、なかなか面白い存在になってきそうな予感を感じた、この秋の飛躍だったと思います。

京都翔英
511 011 304=16
020 113 000=7
北嵯峨

翔 内橋、高田、坂田、阿部 - 川本
北 浅田、延廣、服部、浅田 - 細辻

翔 H24 E3
北 H11 E1

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席 第七打席
7 新田広 中前安打 右前安打 三邪飛 空振三振 四球 三前犠打 四球(1)
9 田中 中前安打 三前犠打 中飛 右線二塁打 左前安打 捕飛 中前安打(2)
61 阿部 四球 右邪飛 右前安打 (服)右前安打 左前安打 二飛 (浅)遊直
2 川本 中前安打(2) 右前安打(1) 二飛 右越二塁打(1) 四球(1) 右前安打
8 新田大 一ゴロ失 遊ゴロ 左前安打 敬遠四球 左犠飛(1) 遊邪飛
3 岡田 右前安打(1) 二ゴロ 見逃三振 右飛 左越二塁打(1) 右前安打
5 大谷 (延)投ゴロ併殺打 遊安打
二盗
中二塁打 右前安打 四球 一安打
二盗
4 松本 左前安打(2) 中飛 投前犠打 右飛
H 宮川 見逃三振
4 瓜田 右犠飛(1)
1 内橋 見逃三振
H 林ヶ谷 ボーク(1)
右越二塁打
1 高田 投前スクイズ(1)
1 坂田
6 山本 三邪飛 中前安打 四球

北嵯峨

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 尾崎 一ゴロ 三ゴロ 遊安打 左前安打 二ゴロ
6 小西 遊ゴロ (高)二ゴロ 三ゴロ 投前スクイズ(1) 遊飛
131 浅田 左飛 空振三振 三ゴロ失 二ゴロ失(1) 遊飛
2 細辻 右前安打 中前安打 左線二塁打 四球 空振三振
3 佐藤
1 延廣 投前犠打 中前安打 遊ゴロ(1)
7 西村直 (阿)遊ゴロ(1) 遊ゴロ
8 俣野 二ゴロ 遊直 三振
(スリーバント失敗)
一邪飛 遊飛
4 大槻 中前安打(1) 中前安打 空振三振 投ゴロ 一ゴロ
5 中嶋 中前安打 パスボール
三前犠打
四球 左飛
71 服部 中前安打(1) 右犠飛(1) (坂)四球 右二塁打
3 高橋


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 2 4 0 0 2 2
高田 3 0/3 5 1 3 2 3
坂田 1 /3 1 2 0 2 2
阿部 3 2/3 1 0 1 1 0

北嵯峨

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
浅田 0/3 4 1 0 3 4
延廣 5 1/3 9 0 3 5 4
服部 3 1/3 11 6 1 8 7
浅田 1/3 0 0 0 0 0

[ 二次戦・二回戦 ] 北嵯峨 VS 京都成章

2016年9月25日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都成章

8 松下
6 椎原
3 茂木
9 川岸
5 今井
7 倉本
2 北田
1 上林
4 山本

北嵯峨

9 尾崎
6 小西
1 浅田
2 細辻
8 俣野
3 佐藤
4 大槻
5 中嶋
7 西村直

北嵯峨、京都成章合せて9回(北嵯峨が5回、成章は4回)の甲子園出場を誇り、北嵯峨は1987年・第69回の夏の甲子園でベスト8、成章は伝説となった1998年・第80回の夏の甲子園で、横浜・松坂投手相手に惜しくも敗れはしたものの準優勝と、それぞれ栄光の過去を持つチーム同士の一戦。

復活を賭けて、勝った方がベスト8へ進出します。

まず守る北嵯峨、エース右腕の浅田投手が先発します。

北嵯峨エース浅田投手
北嵯峨エース浅田投手

1回表の京都成章は三者凡退に終わり、浅田投手上々の立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく成章、先発は背番号10、左腕の上林投手。

京都成章、先発の上林投手
京都成章、先発の上林投手

1回裏の北嵯峨。

2死走者無しから、3番・浅田選手、4番・細辻選手が連続四球で12塁と得点圏に走者を進めるも、後続続かず無得点に終わります。

まず試合が動いたのは3回表の京都成章。

先頭7番・北田選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打とパスボールで1死3塁のチャンスを作ります。
この後、9番・山本選手が死球でつなぎ、盗塁で2死23塁とすると、2番・椎原選手の打席でまたも、北嵯峨バッテリーにパスボール!

バッテリーエラーが続き成章が1点を先制します。

北田選手が先制のホームイン
北田選手が先制のホームイン

しかし直後の3回裏、北嵯峨はすかさず反撃に転じます。

2死走者無しから、2番・小西選手がセンターオーバーの三塁打で出塁します。

3塁打を放った小西選手
3塁打を放った小西選手

このチャンスですかさず3番・ 浅田選手がレフト前へ弾き返し、小西選手がホームイン。
1-1の同点に追いつきます。

同点タイムリーヒットを放った浅田選手
同点タイムリーヒットを放った浅田選手

追いつかれた京都成章は5回表。

1死から1番・上林選手がライト前ヒットで出塁し、続く山本選手が死球でつなぐと、1番・ 松下選手もレフト前ヒットを放ち1死満塁と絶好のチャンスを作ります。

松下選手がレフト前ヒット
松下選手がレフト前ヒット

しかしこのチャンスで椎原選手がサードゴロ併殺打に倒れ、無得点に終わります。

すると直後の5回裏の北嵯峨。

1死後、9番・西村直選手がファースト強襲安打で出塁すると、2死後・小西選手のサードへの内野安打、3番・浅田選手の四球で2死満塁とします。

三塁に進塁する西村選手
三塁に進塁する西村選手

しかし続く細辻選手がショートゴロに倒れ、5回は両チーム絶好の勝ち越しのチャンスを生かすことができません。

グラウンド整備明け直後の6回表、京都成章。

先頭3番・茂木選手がライト前ヒットで出塁すると、主砲・川岸選手が犠打で1死2塁とすると、5番・今井選手が右中間を破る二塁打を放ち1点を勝ち越します。

茂木選手が勝ち越しのホームイン
茂木選手が勝ち越しのホームイン
勝ち越しタイムリーヒットの今井選手
勝ち越しタイムリーヒットの今井選手

続く倉本選手がレフト前ヒットでつなぎ、1死13塁とすると、7番・北田選手が敬遠気味の四球で1死満塁とします。

このチャンスで8番・上林選手がライトへの犠牲フライを放ちさらに1点を追加し3-1と2点をリードします。

上林選手の犠牲フライ
上林選手の3点目の犠牲フライ

しかし北嵯峨も諦めません。
直後の6回裏、先頭の5番・俣野選手がショートへの内野安打で出塁すると、犠打などで2死2塁とします。

ここで8番・中嶋選手がライト前ヒットで2死13塁とチャンスを広げると、9番・西村直選手がライトオーバーの走者一掃の二塁打で3-3の同点に追いつきます。

西村選手の同点二塁打
西村選手の同点二塁打

さらに1番・尾崎選手がレフトオーバーの二塁打を放ち、ついに4-3とこの試合初めて北嵯峨がリードをします。

尾崎選手の二塁打で西村選手が勝ち越しのホームイン
尾崎選手の二塁打で西村選手が勝ち越しのホームイン

一気に動き始めたこの試合。
直後の7回表の京都成章。

1死後、2番・椎原選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、3番・茂木選手がライトオーバーの二塁打で1死23塁とし、続く主砲・川岸選手も敬遠四球で1死満塁と逆転のチャンスを作ります。

打席へ向う川岸選手
打席へ向う川岸選手

このチャンスで5番・今井選手の打席でパスボールがあり4-4の同点に追いつき、さらに2死満塁から7番・北田選手が押し出しの死球で5-4と再逆転に成功します。

茂木選手が勝ち越しのホームイン
茂木選手が勝ち越しのホームイン

先ほどのイニングで上林投手に代打が送られた関係で、京都成章は背番号20の久木崎投手へ継投します。

成章2番手の久木崎投手
成章2番手の久木崎投手

7回裏の北嵯峨。

先頭3番の浅田選手がセンターへ二塁打で出塁すると、2死後、6番・佐藤選手がレフト前へ同点タイムリーヒットを放ち5-5に追いつきます。

浅田選手が同点のホームイン
浅田選手が同点のホームイン

佐藤選手は2塁へ進塁し、代走に背番号14の桜井選手が告げられると、7番・大槻選手が右中間へ勝ち越し二塁打を放ち6-5と、再び北嵯峨が逆転に成功します。

大槻選手のタイムリーヒットで桜井選手が逆転のホームイン
大槻選手のタイムリーヒットで桜井選手が逆転のホームイン

さらにつづく8番・中嶋選手がライト前ヒットで7点目が入ります。

タイムリーヒットの中嶋選手
タイムリーヒットの中嶋選手

さらに止まらない北嵯峨打線は、中嶋選手が二盗を成功させ、9番・西村選手がレフト線へ二塁打を放ち8-5と3点のリードを広げます。

西村選手のタイムリーヒットで中嶋選手がホームイン
西村選手のタイムリーヒットで中嶋選手がホームイン

ここで京都成章は3番手にエース北山投手をマウンドに送ります。

京都成章エースの北山投手
京都成章エースの北山投手

代わり端、尾崎選手もセンター前へヒットを放ち、西村選手がホームを狙うもタッチアウトとなりますが、この試合初めて北嵯峨が2点差以上のリードを奪う展開となります。

試合はこのまま、北嵯峨がリードを守りきって8-5で勝利し、ベスト8へ進出しました。

試合終了直後の北嵯峨ナイン
試合終了直後の北嵯峨ナイン

まず勝った北嵯峨。
なにより元気のいいチーム。応援スタンドも恐らく夏の主力だった三年生でしょうか。
大応援団を形成し、試合を大いに盛り上げていました。

そしてそれに応えるべく、何度か京都成章に傾きかけた試合の流れを、強引に引き戻し勝利を掴みました。
春季で準優勝し、夏もベスト8に勝ち残り甲子園に出場した福知山成美を追い詰めた2013年世代のチームもそうでしたが、このチームも独特の雰囲気を持ったチームかもしれません。

そして敗れた京都成章。
「負けに不思議の負けなし」を地でいく試合展開だったと思います。

何度か大量リードに持ち込めるチャンスがありながら、それを掴むことができませんでした。

継投についてはチーム事情もあると思いますので、触れないでおきますが、この世代の京都成章は久しぶりに甲子園を狙う戦力を持っていると思っています。
それだけに早すぎる秋の敗戦には残念の一言。

昨秋も悔しい経験をしたメンバーが、北山選手、川岸選手、北田選手など残っていると思います。
今度こそこの冬を越えて、来春、来夏には久しぶりに強い成章を見せてくれることを期待したいと思います。

京都成章
001 002 200=5
001 003 40x=8
北嵯峨

京 上林、久木崎、北山 - 北田
北 浅田 - 細辻

京 H7 E0
北 H14 E0

【打撃成績】
京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 松下 遊ゴロ 右飛 左前安打 二ゴロ 遊ゴロ
67 椎原 二ゴロ パスボール(1)
四球
二盗
三ゴロ併殺打 二安打 死球
3 茂木 左飛 見逃三振 右前安打 右越二塁打 中飛
9 川岸 空振三振 遊ゴロ 投前犠打 四球 四球
5 今井 二ゴロ 一ゴロ 右中間二塁打(1) パスボール(1)
四球
遊ゴロ併殺打
7 倉本 二ゴロ 遊ゴロ 左前安打 二飛
8 西畠
H 奥田 遊ゴロ
2 北田 中前安打 遊ゴロ 四球 死球(1)
1 上林 捕前犠打 右前安打 右犠飛(1)
H 中辻 空振三振
4 山本 パスボール
死球
二盗
死球 投ゴロ 二直

北嵯峨

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 尾崎 一ゴロ 中飛 二ゴロ 左越二塁打(1) (北)中前安打
6 小西 二ゴロ 中越三塁打 三安打 凡退 三ゴロ
1 浅田 四球 左前安打(1) 四球 (久)中二塁打 三邪飛
2 細辻 四球 三ゴロ 遊ゴロ 捕飛 左飛
8 俣野 投ゴロ 遊ゴロ 遊安打 一邪飛
3 佐藤 三ゴロ 空振三振 投前犠打 左前安打(1)
R 桜井
4 大槻 三ゴロ 二ゴロ 遊飛 右中間二塁打(1)
5 中嶋 遊ゴロ 投ゴロ 右前安打 右前安打(1)
二盗
7 西村直 三ゴロ 一強襲安打 右越二塁打(2) 左線二塁打(1)


【投手成績】

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
上林 6 8 3 1 4 4
久木崎 2/3 5 0 0 4 4
北山 1 1/3 1 0 0 0 0

北嵯峨

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
浅田 9 7 2 9 5 5