カテゴリー別アーカイブ: 桂

[ 二次戦・一回戦 ] 立命館 VS 桂

2017年5月4日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません


7 竹口
9 上嶋
2 北村
6 牧野
8 志賀
3 岡崎
5 野村
4 田中
1 綱島

立命館
8 高山
9 義村
2 平戸
3 三浦
4 藤野
6 広田
7 脇坂
1 森山
5 辻本

昨秋の一次戦でも対戦のある両校。
その試合は6回コールドゲームで立命館が勝利しましたが、一冬越して両チームどれほど成長したか楽しみな一戦。

桂先攻で始まった試合、立命館のマウンドは背番号10の森山投手が先発。

立命館先発の森山投手

1回表、桂は2死から3番・北村選手が立命館守備陣のエラーで出塁すると、続く4番・牧野選手がセンター前ヒットで2死13塁、さらに牧野選手が二盗を決め、2死23塁と先制のチャンスを作りますが後続が続かず無得点に終わります。

対する桂は背番号10の綱島投手が先発。

桂先発の綱島投手

1回裏、立命館は先頭の高山選手が四球で出塁すると、続く義村選手がライトスタンドへ先制のツーランホームラン。

先制ホームランの義村選手(右から二人目)

さらに続く平戸選手も四球を選んだところで、早くも桂は継投。
エース左腕の岡投手がマウンドへ挙がります。

桂エースの岡投手

1死後、5番・藤野選手のライトオーバーの2塁打で平戸選手がホームを狙うも、ここは桂守備陣がしっかりと守り立命館に追加点を与えることを許しません。

3回表、桂は先頭・9番の岡選手がライトスタンドへ反撃の狼煙をあげるソロホームラン。
2-1と立命館のリードは1点に変わります。

ソローホームランの岡選手

岡投手がマウンドに上がってから、初回の勢いを止められた感のある立命館打線でしたが、4回裏2死から7番・脇坂選手がセンター前ヒットで出塁すると、8番・森山選手が右中間を破る三塁打で1点を追加。
3-1と立命館が再度リードを2点に広げます。

タイムリー三塁打の森山選手

しかし秋とは異なり逞しくなった桂攻撃陣をここから発揮してくれました。

5回表、2死走者無しから3番・北村選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く4番・牧野選手がセンターバックスクリーンに同点のツーランホームラン。
3-3の同点に追いつきます。

同点ホームランを放った牧野選手

立命館も負けていません。
その直後の5回裏、同じく2死走者無しから3番・平戸選手が死球で出塁すると、4番・三浦選手の左中間を破る二塁打で1点を勝ち越すと、藤野、広田選手と3連打で一気に3点を上げ6-3と3点リードで前半5回を終了します。

勝ち越しタイムリー二塁打を放ち塁上でガッツポーズの三浦選手

グラウンド整備明けた6回表から立命館は、2番手にエース右腕の多田投手がマウンドへ上がります。

立命館エースの多田投手

7回表、桂は1死から2番・上嶋選手が死球で出塁すると、続く北村選手の打席でボークがあり2塁へ進塁。
その後2死となって、この試合当たっている4番・牧野選手が4打数4安打となるタイムリーヒットをセンター前に運び1点を返し、6-4と立命館のリードは2点に変わります。

この試合4安打と大当たりの牧野選手

秋から成長した姿を存分に見せ、五分五分の試合展開に持ち込んだ桂ですが、反撃もここまで。
結局このまま6-4で試合は終了し、立命館がベスト8進出で、夏のシード権を獲得しました。

敗れた桂からですが、秋とは見違えるチーム力。
岡投手は、山城の松本投手にどこか似ているやや変則的なフォームから伸びのあるボールで立命館の中盤を抑えました。

打線も先発・森山投手のスライダーに苦戦していましたが、主砲・牧野選手の大車輪の働き等で秋はコールド負けした相手に五分の試合を展開しました。
この夏はノーシードですが、面白い存在の一チームだと思います。

対する立命館。
桂に中盤粘られましたが、それでも最後は突き放して勝利するところは地力の高さを改めて証明した格好。

多田投手、森山投手は上位勢でもそうそう攻略するのが簡単なタイプではありませんし、打線も活発。

まだまだ「得意」な春季大会で活躍が期待できますが、夏本番でも十分に頂点を狙っていける戦力だと思います。
両チーム共に、夏に期待できる力があると思いますので、楽しみに夏を待ちたいと思います。


001 020 100=4
200 130 00x=6
立命館

桂 綱島、岡 - 北村
立 森山、多田 - 平戸

桂 H10 E0
立 H10 E

本塁打
桂 岡①、牧野②
立 義村②

【打撃成績】

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 竹口 右飛 四球 見逃三振 一ゴロ 三ゴロ
9 上嶋 空振三振 投ゴロ
二盗
三ゴロ 死球 遊安打
R 藤関
2 北村 遊ゴロ失 右飛 中前安打 ボーク
空振三振
中飛
6 牧野 中前安打
二盗
中前安打 中越本塁打(2) 中前安打(1)
8 志賀 空振三振 見逃三振 中前安打 二ゴロ
3 岡崎 投ゴロ 中前安打 遊ゴロ 遊強襲安打
二盗死
5 野村 二ゴロ失 投前犠打 (多)投ゴロ 右飛
4 田中 二飛併殺打 死球 三ゴロ 二ゴロ
1 綱島
1 岡 右越本塁打(1) 二ゴロ併殺打 二ゴロ 二ゴロ

立命館

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 高山 四球 右飛 空振三振 二飛
9 義村 右越本塁打(2) 中飛 一ゴロ 右前安打
三盗死
2 平戸 四球 空振三振 死球 中飛
3 三浦 (岡)遊ゴロ 中飛 左中間二塁打(1) 四球
4 藤野 右越二塁打 右飛 中前安打(1) 三ゴロ
6 広田 遊ゴロ 中飛 中前安打(1)
二盗
一ゴロ
7 脇坂 空振三振 中前安打 見逃三振
1 多田 遊強襲安打
1 森山 中前安打 右中間三塁打(1)
7 野々村 中飛
7 近藤 右飛
5 辻本 遊飛 空振三振 空振三振
H 福田 投ゴロ
5 坂井

【投手成績】

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
綱島 0 1 2 0 2 2
9 9 2 6 4 4

立命館

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
森山 5 7 2 4 3 3
多田 4 3 1 1 1 1

[ 二次戦・一回戦 ] 洛星 VS 桂

2016年9月22日、秋季京都大会二次戦一回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

4 上嶋
3 岡崎
2 北村
6 牧野
8 志賀
9 松田
5 野村
7 藤関
1 岡

洛星

9 藤山
2 内藤
6 松田
8 酒井
5 荻野
1 水江
3 渡辺
7 安田
4 並川

部員わずか10名ながら、一次戦を勝ち上がってきた洛星。
試合前のノックは人数の問題で、桂から選手を借りるなど、少し珍しい風景。

洛星ノックを手伝う桂控え選手達
洛星ノックを手伝う桂控え選手達

まず守りにつく洛星は、今大会注目の投手の一人、1年生右腕の水江投手が先発します。

洛星エースの水江投手
洛星エースの水江投手

1回表の桂は、2死から3番・北村選手が左前安打を放ちますが、後続が続けず無得点に終わります。

代わって守りにつく桂は、エース左腕、岡投手が先発します。

桂エースの岡投手
桂エースの岡投手

1回裏の洛星の攻撃は、三振一つを含む三者凡退に終わり、両チーム、上々の立ち上がりを見せてくれます。

2回も両チーム三人づつで攻撃を終了しますが、最初に大きなチャンスを作ったのは洛星。

3回裏、洛星は先頭7番・ 渡辺選手が四球で出塁すると、犠打やパスボールで2死13塁とチャンスを作りますが、2番・ 内藤選手がライトフライに終わり無得点に終わります。

チャンスで凡退した内藤選手
チャンスで凡退した内藤選手

洛星は続く4回裏も1死から、4番・酒井選手がセンター前へ、続く 荻野選手がライト前へそれぞれヒットを放ち、水江選手の投手ゴロの間に2死23塁と、再び先制のチャンスを作るも無得点に終わります。

結局前半5回は、洛星・水江投手が被安打1、奪三振3、与四死球0。
桂・岡投手は被安打3、奪三振5、与四死球2と持ち味を発揮し、無失点と投手戦となりました。

グラウンド整備明けた、6回、7回それぞれ桂は無得点に終わると、再びチャンスを作ったのは洛星。

7回裏、洛星は2死から9番・ 並川選手が四球で出塁。
ここから
、藤山選手がライト前、 内藤選手がセンター前へヒットを放ち満塁としますが、またもあと一本が出ずに無得点に終わります。

内藤選手のヒットで満塁
内藤選手のヒットで満塁

一方、桂は初回の北村選手のヒット一本に抑えられてきましたが、9回表、2死走者無しから、再び3番・北村選手が右中間を破る二塁打を放ち、チャンスを作りますが、後続続けず、無得点に終わります。

2死2塁のチャンスも無得点(打者牧野選手)
2死2塁のチャンスも無得点(打者牧野選手)

その直後の9回裏、洛星。

先頭9番の並川選手がショートへの内野安打で出塁しましたが、攻撃のリズム悪く2死走者なしとなり、2試合続けての延長かと思われましたが、2番・内藤選手がライト前ヒットで出塁すると、ここから松田選手、酒井選手と3連打となり2死満塁とサヨナラのチャンスを迎えます。

2死満塁の場面で打者・荻野
2死満塁の場面で打者・荻野

この場面で5番・荻野選手の打球はレフト前へ。
サヨナラ勝ちとなり、洛星がベスト16入りを果たしました。

内藤選手がサヨナラのホームイン
内藤選手がサヨナラのホームイン

洛星、桂ともそれぞれ、この秋は2試合目の観戦。
洛星・水江投手は京都成章戦以来。
桂・岡投手も同日に同じ桂高校グラウンドで行われた立命館戦以来の観戦でした。

その試合で感じた印象そのままに、桂・岡投手もこの試合は、特徴あるフォーム。
少しトルネード気味といいますか、身体をヒネリながら伸びのあるストレートを投げ込み、最終回に一気に5安打を浴びてしまいましたが、それまでの8回で被安打6、奪三振6と洛星打線を抑え込んできました。

対する洛星・水江投手。
ストレートの速さは恐らく常時120キロ台でしょうか?
あまり急速はあるタイプだと思いませんが、コントロールの良さと、実際バッターボックスに入るとキレがあるのでしょう。

立命館戦のストレートに威力のある多田投手には、それなりに対応していた印象のある桂打線を9回、被安打2で完封勝ちと完全に抑え込んでいました。

洛星の課題は11安打でわずか1得点という「得点力不足」でしょう。
気合の入ったいいチームですし、戦術面でさらなる上位チームを「あっ」といわせるようなチームに成長して欲しいと期待しています。

また桂。
この秋は一次戦の敗者復活代表決定戦では、強豪の京都外大西に勝った実績もあります。
久しぶりに桂も京都球界を熱くさせる実力を持ったチームですので、一冬越えた来春を楽しみにしたいと思います。


000 000 000=0
000 000 001x=1
洛星

洛星9回サヨナラ勝ち!

桂 岡 - 北村
洛 水江 - 内藤

桂 H2 E0
洛 H11 E3

 

【打撃成績】

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
4 上嶋 遊ゴロ 二ゴロ 一ゴロ 三ゴロ
3 岡崎 投ゴロ 二ゴロ 三ゴロ失 二ゴロ
2 北村 左前安打 空振三振 空振三振 右中間二塁打
6 牧野 空振三振 投ゴロ 二ゴロ 遊直
8 志賀 三ゴロ 投ゴロ 空振三振
9 松田 二ゴロ 空振三振 投ゴロ
5 野村 遊直 遊ゴロ 一ゴロ
7 藤関 三ゴロ失
二塁死
二飛 三ゴロ
1 岡 投ゴロ 凡退 三ゴロ

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 藤山 左飛 パスボール
四球
遊ゴロ 右前安打 捕ゴロ
2 内藤 二ゴロ 右飛 二飛 中前安打 右前安打
6 松田 空振三振 左飛 投ゴロ 右飛 中前安打
8 酒井 見逃三振 中前安打 捕邪飛 空振三振 左前安打
5 荻野 空振三振 右前安打 死球 左中間二塁打 左前安打(1)
1 水江 一ゴロ 投ゴロ 遊ゴロ 四球
3 渡辺 四球 投ゴロ 遊飛 中飛
7 安田 投前犠打 見逃三振 遊ゴロ 投ゴロ
4 並川 見逃三振 左前安打 四球 遊安打
二盗死


【投手成績】

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
8 2/3 11 4 6 1 1

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 2 0 5 0 0

[ 一次戦 ] 立命館 VS 桂

2016年9月3日、秋季京都大会一次戦Gゾーン決勝戦

桂グラウンド

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

毎年コンスタントに上位に名前を見せる立命館と、かつて甲子園に出場経験もある公立の桂の一戦。

まず守る立命館の先発はエース多田投手。
夏もベンチに入っており、京教大附戦にも登板していました。

立命館エース多田投手
立命館エース多田投手

1回表の桂の攻撃を三振一つを含む三者凡退に抑える、上々の立ち上がりを見せます。

対する桂はエース左腕の岡投手が先発します。

桂エースの岡投手
桂エースの岡投手

1回裏の立命館。

1番・背番号5の選手がライト前ヒットで出塁すると、続く背番号6の選手の投手ゴロがエラーを誘い、3番・背番号7の選手のライト前ヒットで無死満塁と絶好の先制のチャンスを作ります。

1死後、5番・平戸選手がライト前へ2点タイムリーヒットを放ち立命館がまず主導権を握ります。

立命館先制の場面
立命館先制の場面

しかし先制された直後の二回表の桂。

先頭、4番・背番号6の選手がレフトへ二塁打で出塁すると、続く背番号8の選手がライト前ヒットで繋ぎ無死13塁とチャンスを広げると、6番・背番号3の選手もセンター前ヒットで1点を返し、1-2とその差を1点差に縮めます。

桂が1点を返した場面
桂が1点を返した場面

1点差のまま迎えた3回裏の立命館の攻撃。

先頭2番・背番号6の選手がライト前ヒットで出塁すると、続く背番号7ヨシムラ選手もライト前ヒットでつなぎます。

ここで4番・背番号8の選手の打席、カウント、2ボール1ストライクからボークが宣告され、無死23塁となり、ここでライト前ヒットで1点を追加、尚無死13塁と立命館が一気に畳み掛けてきます。

立命館3点目のホームイン
立命館3点目のホームイン

続く平戸選手がレフトへ犠牲フライを放ち、4-1とすると、続く6番の保田選手がライトオーバーの2点ホームランを放ち6-1とします。

立命館、保田がホームラン
立命館、保田がホームラン

しかし桂も簡単には諦めません。
直後の4回表の攻撃。

先頭5番・背番号8の選手がレフトオーバーの二塁打で出塁すると、6番・背番号3の選手もライト前ヒットで続き無死13塁としたところで、代打に背番号13の内山選手が告げられます。

桂代打の内山選手
桂代打の内山選手

内山選手は内野ゴロ併殺打に倒れますが、その間にサードランナーがホームに戻り2-6とその差を4点差とします。

しかし打線好調の立命館は直後の4回裏。

先頭9番・背番号4のヒロタ選手がセンター前ヒットで出塁し、1死後、2番・背番号6の選手がライト前ヒットで1死13塁とチャンスを広げます。

続くヨシムラ選手の投手ゴロがエラーを誘い満塁とすると、4番・背番号8の選手のショートゴロの間に1点を追加し尚2死23塁とします。

続く平戸選手が四球で2死満塁とすると、先ほどの打席、ホームランの保田選手がレフト前に落ちるポテンヒットで2者が還り9-2とし、尚2死13塁と攻撃の手を止めません。

立命館の保田選手
立命館の保田選手

桂はここで背番号10の右下手投げの川島投手へ継投します。

桂、川島投手
桂、川島投手

代わり端、背番号9の選手の打席で立命館はダブルスチールをしかけ成功。10-2とその差をさらに広げて攻撃を終了します。

5回表から立命館は背番号11の森山投手が2番手のマウンドヘ上がります。

立命館、森山投手
立命館、森山投手

森山投手は5回表は無得点に抑えますが、6回表、桂が反撃をします。

まず先頭4番・背番号6の選手がセンター前ヒットで出塁、守備の乱れの間に2塁まで進みます。
続く背番号8の選手がライト前ヒットで繋ぎ、無死13塁とすると、続く背番号3の選手の投手ゴロ併殺打ので2死3塁となります。

ここで途中出場の 内山選手がライト前ヒットを放ち、3-10とします。

タイムリーヒットを放つ桂・内山選手
タイムリーヒットを放つ桂・内山選手

しかしその直後、6回裏の立命館。

先頭3番・背番号7ヨシムラ選手が四球で出塁すると、続く 背番号8の選手も連続四球で無死12塁とします。
ここで平戸選手が右中間を破る二塁打で2点を追加し12-3と9点差にリードを広げます。

さらに1死3塁となったところで、代打背番号15のツジモト選手がセンター前へヒットを放ち13-3となり10点差がついたところで、規定で6回コールドゲームが成立し立命館が二次戦へ進出を決めました。

立命館、代打ツジモト選手がサヨナラタイムリーヒット
立命館、代打ツジモト選手がサヨナラタイムリーヒット

まず勝った立命館。
主力が抜けた後でしたが、体格のいい選手も多く実力差をしっかりと見せての一次戦、一位抜けとなりました。

多田投手は球威もあるので、さらに今後の飛躍も楽しみな投手の一人です。
ただこの試合に限れば、盗塁や犠打といったシーンがあまり見られませんでした。

二次戦の上位勢と戦えば、この点差を望むことも厳しくなります。
戦力はしっかりと持っているチームだと思いますので、今後立命館の戦い方の基本形が観られることを、期待したいと思います。

一方敗れた桂。
毎年、いいチームを作ってこられる印象がありますが、今年も現時点での完成度の違いで大差負けとなりましたが、先発岡投手も4回途中で6三振奪うなど、秘めるポテンシャルの高さは感じさせてくれました。

まだ二次戦への可能性も残されていますので、名門復活へ向けて目一杯の戦いを期待したいと思います。

試合終了後の整列
試合終了後の整列


010 101=3
204 403x=13
立命館

立命館が6回コールド勝ち!

桂 1岡、10川島
立 1多田、11森山

桂 H10 E2
立 H13 E1

本塁打
立 保田②

【打撃成績】

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
背番号4 投直 空振三振 三ゴロ失
背番号5 内野ゴロ 右飛 見逃三振
2 北村 空振三振 右二塁打 遊ゴロ併殺打
背番号6 左二塁打 内野ゴロ 中前安打
背番号8 右前安打 左越二塁打 右前安打
背番号3 中前安打(1) 右前安打 投ゴロ併殺打
背番号9 三飛
13 内山 内野ゴロ併殺打(1) 右前安打(1)
背番号17 右飛
12 田中 三ゴロ
背番号 18 空振三振
1 岡 空振三振
10 川島 右前安打

立命館

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
背番号5 右前安打 見逃三振 パスボール
空振三振
三ゴロ
背番号6 投ゴロ失 右前安打 右前安打 遊ゴロ
7 ヨシムラ 右前安打 右前安打 投ゴロ失 四球
背番号8 見逃三振 ボーク
右前安打(1)
遊ゴロ(1) 四球
2 平戸 右前安打(2) 左犠飛(1) 四球
本盗(1)
右中間二塁打(2)
3 保田 パスボール
四球
右本塁打(2) 左前安打(2)
二盗
内野ゴロ
背番号9 空振三振 内野安打 (川)四球
15 ツジモト 中前安打(1)
1 多田 内野ゴロ 空振三振
16 フクダ 空振三振
11 森山
4 ヒロタ 空振三振 中前安打 二ゴロ


【投手成績】

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
3 2/3 11 2 6 9 10
川島 1 2/3 2 3 1 4 3

立命館

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
多田 4 6 0 3 2 2
森山 2 4 0 2 1 1

京都成章 VS 桂

2014年9月21日、秋季京都大会2次戦2回戦
太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません


6 田中大
1 東澤
7 西村
9 菊池
5 中田
3 田村
8 坂井
4 黒川
2 赤塚

京都成章
5 喜多村
4 常塚
8 岡本
7 松田
3 木部
9 北島
2 山本
1 日下
6 久畑

この試合注目したのは、今シーズンの京都球界トップクラスの評判、成章の日下投手。

昨今流行(?)のライアン投法の投手。

成章日下投手
成章日下投手
桂東澤投手
桂東澤投手

 

試合はまず桂が2安打と敵失で先制!
しかし、すぐに成章も同点。

ゲームが大きく動いたのは3回裏。
桂のバッテリーエラーも絡み成章が4点を勝ち越し。

序盤ややモタついた印象だった日下君も5回投げ終わった時点で5奪三振と徐々に調子を上げてきた印象。

成章も単調な攻撃に映りましたが、日下くんこの後も評判通りのピッチング。
目視ですがストレートは130キロ前半といった感じでしょうか。

8回裏成章は代打井上君の特大のタイムリー3塁打、喜多村君のタイムリーで2点を追加したところで7点差となってコールド勝ちをおさめました。

桂高 100 000 00=1
成章 104 000 12x=8