カテゴリー別アーカイブ: 智弁学園

[ 二回戦 ] 盛岡大附 VS 智辯学園

2017年3月25日、第89回選抜高等学校野球大会二回戦

阪神甲子園球場

【スタメン】
※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません
※大会主催者より球場の写真を掲載することを禁止されていますので写真はありません

智辯学園(奈良)
9 福元
8 加堂
7 西岡
6 太田
3 畠山開
2 石田
5 岡野
4 田渕
1 松本

盛岡大附(岩手)
8 植田
7 林
4 大里
6 比嘉
5 須藤
2 松田
9 臼井
1 三浦瑞
3 菜花

昨年の第88回大会の覇者・智辯学園と甲子園常連で、意外にもこれが初のベスト8をかけた盛岡大附の一戦。

1回表、まず守りにつく盛岡大附は背番号10の左腕・三浦瑞投手が先発。
2死から四球のランナーを許し、盗塁から2死2塁と智辯が先制のチャンスを作りますが、昨年のセンバツも経験している強打者の太田選手が空振り三振と無得点に終わります。

代わって守りにつく智辯はエース右腕の松本投手が先発。

1回裏、盛岡大附は先頭打者の植田選手がフルカウントから139キロのストレートを右中間に運び、無死2塁とチャンスメイク。
犠打で1死3塁とチャンスを拡げますが後続が抑えられ、無得点に終わります。

3回表、智辯は先頭の8番・田渕選手がレフト線へ二塁打で出塁。
犠打で1死3塁とこちらも大きなチャンス。
ここで昨年のセンバツを経験している福元選手に回りますが、盛岡大附・三浦投手が続く加堂選手と連続で空振り三振に取りピンチを脱し、智辯無得点に終わります。

智辯の松本投手も5回裏には盛岡大附打線を三者連続三振に取るなど両投手の力投が光り、前半5回は両チームとも1安打づつ、0-0と緊迫した試合展開になります。

試合が動いたのは6回裏、盛岡大附は2死ランナー無しから、2番・林選手が好走塁も光り右中間への二塁打で出塁すると、続く3番・大里選手がライトオーバーの二塁打を放ち1点を先制します。

直後の7回表の智辯の攻撃を2奪三振、三者凡退と三浦投手が盛岡ペースを作ると、その裏、盛岡大附がディフェンデングチャンピオンに襲い掛かります。

先頭5番・須藤選手がライトオーバーの二塁打で出塁すると、犠打で1死3塁と攻め、臼井選手の四球で1死13塁とすると、三浦瑞選手のセカンドゴロでホームへの送球が野選となり1点を追加。
2-0と盛岡大附がリードを拡げます。

さらに小林選手の投手前への犠打が内野安打となり、無死満塁。
1死後、2番・林選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ちこの回3点を追加し、4-0と盛岡大附がリードを拡げます。

4点を追う智辯は8回表、先頭バッター、7番の途中出場、畠山航選手がレフト前へチーム2安打目を放ちますが、後続続かず無得点に終わると、直後の8回裏。

盛岡大附は1死から5番、途中出場の伊藤選手がライト前へ弾き返すと、松田選手もセンター前ヒットで繋ぎ、7番臼井選手がライト前ヒット。

3連打で貴重な1点を追加し5-0とリードして9回表の智辯の攻撃を迎えます。

智辯一塁側アルプススタンドは、逆転を信じ伝統の「ジョックロック」を演奏し球場を盛り上げます。

先頭1番、福元選手がセンター前ヒットで出塁。
四球の後、3番・西岡選手がセカンド強襲安打で無死満塁。
ここで智辯は最も頼りになる太田選手へ打席が回りますが、138キロストレートの後、117キロのチェンジアップに空振り三振。

続く代打・高塚選手のショートゴロが併殺崩れになる間に、1点を返しますが智辯の反撃はここまで。
5-1で盛岡大附が勝利し、春夏通じて初のベスト8に進出しました。

中盤まで両投手の力投も光り、実力派同士のチームの一戦は一点を争う好ゲームになりましたが、終盤、盛岡大附がワンチャンスをものにして結果5-1と思った以上に点差のついたゲームとなりました。

智辯も最後まで王者としての意地を見せましたが、あと一本が出なかったことがこの点差に結び付いてしまいました。
しかし松本投手も140キロ近いストレートも交え中盤までは、どちらに転んでもおかしくない好勝負でした。

夏の巻き返しに期待の持てる好チームでした。

智辯学園
000 000 001=1
000 001 31x=5
盛岡大附

智 松本 ― 石田
盛 三浦瑞 ― 松田

智 H4 E0
盛 H9 E0

【打撃成績】

智辯学園

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 福元 一邪飛 空振三振 四球 中前安打
8 加堂 中飛 空振三振 三ゴロ併殺打 四球
7 西岡 四球
二盗
二ゴロ 空振三振 二強襲安打
6 太田 空振三振 遊ゴロ 見逃三振 空振三振
3 畠山開 遊飛 投ゴロ
H 安川 空振三振
7 左向
H 高塚 遊ゴロ(1)
2 石田 右飛 中飛 投ゴロ 捕邪飛
5 岡野 中飛 空振三振
5 畠山航 左前安打
4 田渕 左線二塁打 四球 一ゴロ併殺打
1 松本 投前犠打 右飛 二飛

盛岡大附

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 植田 右中間二塁打 空振三振 遊ゴロ 空振三振 三ゴロ
7 林 三前犠打 左飛 右中間二塁打 中前安打(2)
45 大里 見逃三振 右飛 右越二塁打(1) 左飛
6 比嘉 捕ゴロ 三邪飛 空振三振 捕邪飛
53 須藤 四球 二ゴロ 右越二塁打
3 伊藤 右前安打
2 松田 二前犠打 見逃三振 三前犠打 中前安打
9 臼井 遊ゴロ 空振三振 四球 右前安打(1)
1 三浦瑞 見逃三振 見逃三振 二ゴロ野選(1) 一ゴロ
3 菜花 二ゴロ 三ゴロ
4 小林 投前安打 死球

智辯学園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
松本 8 9 4 8 5 5

盛岡大附

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
三浦瑞 9 4 3 8 1 1

大阪桐蔭 VS 智辯学園

2015年10月25日、秋季近畿大会準々決勝

皇子山球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

智辯学園(奈良1位)

6 太田
4 納
1 村上
5 大橋
7 福元
3 高橋
9 扇田
8 青木
2 石田

大阪桐蔭(大阪2位)

6 中山
4 永廣
5 吉澤
7 三井
3 古寺
8 川中
9 越智
2 栗林
1 高山

まず守る大阪桐蔭の先発はエース左腕の高山投手。

大阪桐蔭の先発高山投手
大阪桐蔭の先発高山投手

1回表の智辯、1死後から2番納選手が四球で出塁。
2死後、二盗でチャンスを広げますが4番大橋選手がライトフライに倒れ無得点に終わります。

対する智辯もエースの村上投手が先発。

智辯エースの村上投手
智辯エースの村上投手

1回裏の大阪桐蔭は1死から2番永廣がセンター前ヒットで出塁。
2死から二盗と4番三井選手の四球で12塁とチャンスを拡大させると、智辯の石田捕手からのセカンドへの牽制が悪送球になり13塁となります。

ここで5番古寺選手のショートへのライナーが強襲安打となりまず1点を先制します。

永廣選手が先制のホームイン
永廣選手が先制のホームイン
先制タイムリーヒットの古寺選手
先制タイムリーヒットの古寺選手

この後、川中選手が四球を選びさらに2死満塁としますが、ここは1点に終わります。

大阪桐蔭は3回裏。
2死ランナー無しから5番古寺選手のレフト前ヒットでランナーを出すと、続く川中選手も連打で続き、続く越智選手のライト前ヒットで1点を追加します。

タイムリーヒットの越智選手
タイムリーヒットの越智選手

さらに栗林選手の死球で2死満塁となると、9番高山選手が押し出しの四球を選び3-0とリードを広げます。

越智選手が3点目のホームイン
越智選手が3点目のホームイン

さらに1番中山選手がレフト前ヒットで2点を追加し5-0とリードを広げます。

2点タイムリーヒットの中山選手
2点タイムリーヒットの中山選手

この後さらに永廣選手のライトフライが敵失をうみ7-0と大量リードとなります。

一方の智辯学園は5回を終えて1安打、7奪三振を奪われ一方的な展開になってしまいます。

しかしグラウンド整備明けの6回表。
先頭の9番石田選手への代打岡澤選手が死球で出塁すると、1死後2番納選手が四球で1死12塁とチャンスを作ります。

2死となった後、4番大橋選手がさらに四球を選び満塁とすると、5番福元選手のレフト前タイムリーヒットで2点を返します。

福元選手が2点タイムリーヒット
福元選手が2点タイムリーヒット

しかしその直後の大阪桐蔭は、3番吉澤選手のセンター前ヒット、4番三井選手のライトオーバーの2塁打で無死23塁のチャンスを作ります。

ここで先制タイムリーを放った古寺選手がレフト前に2点タイムリーを放ち、再び9-2と7点差のリードを広げます。

吉澤選手がまず8点目のホームイン
吉澤選手がまず8点目のホームイン
2点タイムリーヒットの古寺選手
2点タイムリーヒットの古寺選手

9-2と7点差で迎えた7回表の智辯学園。
この回、1点でもあげないとコールドゲームが成立する場面で、途中出場の中村選手がサードへの内野安打で出塁すると、続く8番青木選手の捕手ゴロで1死2塁となります。

ここで9番岡澤選手が右中間を破る2塁打で1点を返します。

タイムリー2塁打の岡澤選手
タイムリー2塁打の岡澤選手

続く太田選手のレフト前ヒットで13塁とすると、2番、納選手のヒットで4-9と5点差までその差を縮めます。

タイムリーヒットの納選手
タイムリーヒットの納選手

この後、さらに2死から大橋選手の四球で満塁となりますが、5番福元選手がセンターフライに倒れ、この回の反撃は2点に終わります。

8回表にも中村選手の2塁打などでチャンを作った智辯学園ですが、反撃はここまで。

9-4で大阪桐蔭が勝ちベスト4へ進出。
大阪桐蔭は2年連続のセンバツ出場をほぼ当確させました。

初戦の近江兄弟社戦に続いての大差勝利となった大阪桐蔭。
力ずくで勝負を決めてしまう強さはさすがの一言。

しかし勝ちゲームの中、やや気になったのはエースの高山投手。
5回までは被安打1、奪三振7と完璧な内容でしたが、後半は奪三振も2つ。
連打を浴びてコールド勝ちを逃す結果となりました。

力のある智辯学園が相手ですので、ある程度仕方がないという点。
また序盤で大量リードになってしまったため、緊張感が続かなかったなどもあるかと思いますが、準決勝以降の課題でもあるように思えました。

もちろん、「天下の大阪桐蔭」だけに見る目が厳しくなってしまうだけで、他のチームであれば、本日の試合もナイスゲームの一言ですが・・・

対する智辯学園。
なんとかコールド負けを逃れたのは、センバツの選考では大きな意味を持つと思います。

序盤で大量失点になった村上投手でしたが、ベンチも控え投手をブルペンに向わせず、村上投手への信頼が厚いことが伝わる内容でした。

打線も中盤以降は見せ場を作り、特にコールドゲーム成立がかかった7回表の攻撃は見事。
スタンドの名物「ジョックロック」が秋の皇子山を沸かせてくれました。

センバツはほぼ当確と思いますが、本日の反省をいかし来春、さらに強くなった智辯学園をまた観戦したいと思います。

智辯学園
000 002 200=4
106 002 00x=9
大阪桐蔭

智 村上 ー 石田、岡澤
桐 高山 ー 栗林

智 H8 E2
桐 H13 E0

智辯学園 VS 神港学園

2015年10月18日、秋季近畿大会1回戦

皇子山球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

智辯学園(奈良1位)

6 太田
4 納
1 村上
5 大橋
7 福元
3 高橋
9 扇田
8 青木
2 石田

神港学園(兵庫3位)

4 黒岩
5 山本
6 松岡
1 三宅
8 河野
2 日
3 菅原
9 河野
7 升田

まず守る神港の先発は、背番号8の三宅投手。

神港学園先発の三宅投手
神港学園先発の三宅投手

1回表の智辯、いきなり先頭の太田選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち、1点を先制します。

先頭打者ホームランの太田選手
先頭打者ホームランの太田選手

さらに1死後、3番村上選手のレフト前ヒット、大橋選手の死球で1死12塁のチャンスを作りますが、ここは5番福元選手がショートゴロ併殺打に倒れ追加点を奪うことはできません。

対する智辯はエース右腕の村上投手が先発します。

智辯エースの村上投手
智辯エースの村上投手

1回裏の神港は1死から、山本選手がライト前にヒットを放つも、2奪三振を喫し、無得点に終わります。

直後の2回表の智辯。
1死から、7番扇田選手が左中間を破る2塁打で出塁すると、青木選手が四球、9番石田選手がセカンドへの内野安打で1死満塁のチャンスを作ります。

ここで先頭打者ホームランを放っていた、1番太田選手がレフト前ヒットで2点を先制します。

2点タイムリーヒットの太田選手
2点タイムリーヒットの太田選手

さらに2死満塁のチャンスは無得点に終わるものの、2回を終わって3-0と智辯がリードします。

さらに智辯は4回表、先頭の8番青木選手がライト前ヒットで出塁すると、石田選手の犠打などで2死2塁となり、2番の納選手のタイムリー3塁打で4-0とリードを広げます。

タイムリー3塁打の納選手
タイムリー3塁打の納選手

神港は5回裏、先頭の4番三宅選手がライトオーバーの長打を放つと、一気にホームイン。
ランニングホームランで1点を返します。

三宅選手のランニングホームラン
三宅選手のランニングホームラン

さらに1死後、6番の日景選手のセンター前ヒット、2死後、二盗を成功させ、2死2塁のチャンスを作りますが、この回の反撃は1点に終わります。

わたしは、ここで球場を後にしましたが、その後智辯学園が4-1で押し切ったとのことでした。
まず智辯学園。

エースの村上投手はストレートの球威もありますが、なにより変化球を上手く交える投球術や、制球でも安定した好投手。
次戦が大阪桐蔭だけに、どんなピッチングを見せてくれるのか楽しみです。

一方の攻撃陣。
2年前の、現巨人の岡本らを擁した重厚感のある打線とはまた異なりますが、バランスのとれた打線です。
この試合では1番の太田選手の活躍が目立ちました。

敗れた神港学園。
久しぶりの甲子園がやや遠いのた敗戦になりましたが、先発して4番を打った三宅選手は身体能力の高そうな選手。

投手としても決めにくるストレートの威力も素晴らしいものがありました。

この試合に関していえば、チームとしての地力が現時点では智辯の方が上回っていて、その差がそのままスコアに現れたように思いました。

再び神港学園が甲子園に戻ってくることを期待したいですし、この試合がその第一歩になることを願いたいです。

智辯学園
120 100 000=4
000 010 000=1
神港学園

2013秋季近畿大会 | 龍谷大平安 VS 智辯学園

2013年10月26日に奈良・佐藤薬品スタジアムで行われた、秋季近畿大会の準々決勝。
勝ったほうがベスト4で事実上来春のセンバツ代表に選ばれることは間違いない、大一番。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

平安の先発は、府大会ではベンチにすら入っていなかったサウスポーの高橋くん。
ダイナミックな投球フォームに将来性を感じます。

 

そして対する智辯。
こちらはプロ注目のスラッガー岡本くん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ほぼ全打席、平安も勝負を避けるほどのオーラ。
この試合は4打席回ってきて1打数ノーヒット。3四球でした。

 

さて試合は序盤から平安が攻め立てます。
京都大会から平安戦は見てきましたが、このクラスの相手でも十分に通用する打線は、全国でも楽しみです。

 

しかし、なかなかあと一本が出ず、重い空気でしたが、途中センスのある姫野くんにソロホームランが飛び出し、平安が2-0と終盤戦へ。

 

智辯も1点を返し、最終回も2死ながらランナーを3塁まで進めますが、最後はサードゴロ。
平安がベスト4進出一番乗りとなりました。

 

とにかく両者雰囲気もありましたし、力は互角だったと思いますが、今年の平安はこの数年の中では一番完成度が高いように感じます。

スター選手は不在なんですが、全員が2塁打を打てるような、どこからでも得点できる攻撃力が魅力です。強いて言えば投手陣がやや不安なんですが、前チームのような福岡くんという絶対的エースがいないほうが、この平安というチームは継投にも踏み込みやすいのでしょうか。

 

とかく「繋がり」のある好チーム。
久しぶりに全国でも勝負強い京都勢を見せて欲しいと思います。